くせ毛ならではのヘアケア方法で、くせ毛の悩みにさよなら!

くせ毛ならではのヘアケア方法で、くせ毛の悩みにさよなら!

一見ストレートでも、湿気などによってくせが広がったりパサついたりすることで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 くせ毛にはくせ毛に適したヘアケアやスタイリング方法があります。 ストレートの人と同じケや自己流でのくせ毛だとくせを悪化させる場合もあるので、正しい方法でケアして、扱いやすい髪の毛に変身させましょう。

くせ毛の種類を知ろう

くせ毛とひとことで言っても、色々なタイプがありその状態もさまざまです。
広がったりまとまりにくかったりとそれぞれに特徴があるほか、ストレートパーマや縮毛矯正がかかりにくい強いくせ毛もあります。
どのような種類があるのか、主なタイプをご紹介します。

波状毛

湿度によって髪の毛が膨らんでしまう、日本人に最も多いとされるくせ毛です。
梅雨など湿気が多い時期にはスタイリングに頭を悩ませる人も多いよう。
ウェーブが強めについているタイプやうねりが軽いタイプなど、同じ波状毛でも人によってくせ毛の状態はさまざまです。

捻転毛

髪の毛の途中からねじれているくせがあり、太い髪質の人に多いようです。
一見するとストレートのように見えますが、髪がごわついたりスタイリングがしにくかったりと、くせの特徴で分かる場合もあります。
髪の太さに均一性がなく、縮毛矯正などの効果が得にくいという悲しい特徴も。

加齢によるうねり

捻転毛や波状毛のくせを持つ人が年齢をかさねると、毛穴の詰まりや頭皮の状態の変化などでもともとの髪質が強調されてくせが強くなってきます。
また、くせ毛には遺伝による先天的なものだけでなく、加齢によるホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れによるダメージによってくせが出てくる後天的な原因もあります。それまでストレートだったのに髪の毛の一部だけ急にチリチリしているといったくせ毛は正に加齢によるものです。

くせ毛を目立たなくするための対処法は?

くせ毛に適したヘアケアをすれば、だんだんとおさまりが良くなったり扱いやすくなったりと改善するはず。
洗い方や乾かし方によっても差が出てくるので、しっかりチェックしましょう!
くせ毛に効果があるとされるヘアケア用品もあるので、口コミをリサーチしたり美容師さんに相談したりしながら合うものを使いましょう。

シャンプー

うねったり広がったりするくせ毛をまとまりやすくするための、くせ毛向けのシャンプーも販売されています。
うるおい補給ができ、優しく洗えるタイプのシャンプーを選ぶようにしましょう。
また、毛穴のゆがみもくせ毛の原因になるので、スカルプケア用のシャンプーなど毛穴ケアができるシャンプーもおすすめです。

トリートメント

髪の内部にうるおいを補修できるトリートメントは、くせ毛ケアの重要なポイントです。
しかし、地肌につけると毛穴のつまりや肌トラブルの原因となってしまうため、毛先を中心につけるようにしましょう。
コンディショナーを使用している場合はその前にトリートメントを行いましょう。
サロン専売品などのトリートメントは毎日ではなく週に2回ほどのスペシャルケアとしてつかうのもいいですね♪

ブロー

ブローする際はブロー用のブラシを使ってくせを伸ばしていくことを意識しましょう。
髪の乾き方にムラがあるとくせが目立ってしまうこともあるので、さまざまな方向から風を当てて乾かしてください。
美容院でカットしてもらう時に、自分のくせに合ったブローの方法を聞いてみるのもいいと思います(^_^)

自分のくせを確認して、適したヘアケアをしよう

ブラシやシャンプー、スタイリングに至るまで、くせ毛を扱いやすくする便利なアイテムがたくさん販売されています。
独断でケアをするとくせを悪化させてしまうこともあるので、美容師さんに相談しながらケアアイテムを揃えるといいでしょう。
TOP