縮毛矯正後にヘアアイロンは大丈夫?使用時の注意点について

縮毛矯正後にヘアアイロンは大丈夫?使用時の注意点について

普段、ヘアメイクをする時にヘアアイロンを使っている人も多いでしょう。 ロングヘアの人などは特にヘアアイロンが欠かせないという人も少なくありません。 しかし、縮毛矯正後にヘアアイロンを使っても大丈夫なのかと不安になる人もいます。 今回は縮毛矯正後のヘアアイロン使用にスポットを当ててみました。
普段、ヘアメイクをする時にヘアアイロンを使っている人も多いでしょう。ロングヘアの人などは特にヘアアイロンが欠かせないという人も少なくありません。

しかし、縮毛矯正後にヘアアイロンを使っても大丈夫なのかと不安になる人もいます。今回は縮毛矯正後のヘアアイロン使用にスポットを当ててみました。

縮毛矯正後にアイロンを使っても大丈夫?


縮毛矯正後にヘアアイロンを使うのは、若干躊躇ってしまう人も多いようです。ヘアアイロンがどんな影響を与えるのか分からないから不安になるのでしょう。

こちらでは、縮毛矯正後にヘアアイロンを使っても大丈夫なのかを紹介します。

基本的に問題はない

結論から言えば、縮毛矯正後にヘアアイロンを使うこと自体に問題はありません。

ただ、まったくデメリットがないわけではないので使用する際は注意しなければいけないのです。ヘアアイロンを使ったことで、縮毛矯正の頻度が高くなる場合もあるので気をつけましょう。

縮毛矯正の持ちが悪くなることもある

ヘアアイロンを使うことで、縮毛矯正の持ちが悪くなることもあります。そのため、出来る限りヘアアイロンを使わずに済むヘアスタイルを考えた方がいいでしょう。

1度や2度では大きな影響はなくても、日常的に使うことで縮毛矯正の効果がなくなってしまうだけではなく髪自体にダメージを与えてしまう可能性があるからです。

形がつきにくい場合もある

縮毛矯正をしていると、ヘアアイロンを使っても形がつきにくい場合があります。薬剤などを使って縮毛矯正をしているので、ヘアアイロンよりもそちらの効果の方が強いのです。

特に髪が細い人などは余計にクセがつきにくい特徴があるので注意してください。

縮毛矯正後にアイロンを使うメリットや注意点


縮毛矯正後にヘアアイロンを使うことは、基本的にNGにされていません。ただ、できれば使わない方がいいとは言われていることも覚えておきましょう。

こちらでは縮毛矯正後にヘアアイロンを使うメリットや注意点について見ていきましょう。

ヘアスタイルの幅が広がる

縮毛矯正とヘアアイロンを使い分けることでヘアスタイルの幅が広がります。たとえば、ヘアアイロンで毛先だけカールをつけるなど、さまざまな工夫の仕方があるのです。

縮毛矯正と言っても全体をしない人も多いです。縮毛矯正をしていない部分にヘアアイロンを使う分には問題ないので、しっかり使い分けて理想のヘアスタイルを見つけてください。

髪にダメージを与えてしまうこともある

ヘアアイロンは縮毛矯正後ではなくても、髪にダメージを残してしまうことがあります。そのため、当てすぎないようにすることも大切です。

熱を伝えすぎると、髪がボロボロになってしまう、もしくは縮毛矯正が取れてしまうなどさまざまな悪影響に繋がります。

安価なヘアアイロンはおすすめしない

近年はヘアアイロンも技術向上がされているので、髪にダメージを与えにくいものもあります。

ただ、こういったものは以外と割高な傾向があるのです。安価なヘアアイロンが悪いわけではありませんが、髪にダメージを残しやすいなどのデメリットがあるので、なるべく最新型など工夫が凝らされているものを選ぶようにしましょう。

縮毛矯正後のアイロンは注意が必要なので覚えておこう


縮毛矯正後のヘアアイロンはNGではありませんが、注意が必要です。縮毛矯正の頻度を高める原因になる、髪にダメージが残る原因になるなどさまざまな影響があります。ヘアアイロンを使う予定があるならば、縮毛矯正の時に美容師に相談をしてみてください。

どうすればダメージを残しにくくなるのかなどアドバイスをしてもらえるはずです。理想としては、縮毛矯正後にはヘアアイロンを使わないスタイルにできるようにしましょう。
TOP