ボタニカルヘアカラーとヘナの違いやおすすめの人とは?

ボタニカルヘアカラーとヘナの違いやおすすめの人とは?

さまざまな部分で「ボタニカル」が注目されるようになりましたね。 今回はボタニカルヘアカラーと混同されがちなヘナとの違いを見ていきましょう。 似たようなものに感じている人もいるかもしれませんが、実は結構違う点があるんですよ!
さまざまな部分で「ボタニカル」が注目されるようになりましたね。
今回はボタニカルヘアカラーと混同されがちなヘナとの違いを見ていきましょう。
似たようなものに感じている人もいるかもしれませんが、実は結構違う点があるんですよ!

ボタニカルヘアカラーとヘナの違いとは?

こちらでは、ボタニカルヘアカラーとヘナの違いを紹介しますね。
これまで「何が違うの?」と考えていた人は違いを覚えておいてください!

ボタニカルの方がカラーバリエーションが豊富

大きく分かる部分として、カラーバリエーションの違いがあります。
ボタニカルはカラーバリエーションが豊富であり、ヘナは少ない方と言えます。
ヘナ自体、カラーバリエーションが少ないわけではありません。
でも、ボタニカルと比較すると少なめという感じでしょうか。

ボタニカルはおしゃれ染めに向いている

ボタニカルヘアカラーとヘナの違いは、白髪染め向きかそうではないか、という部分です。
基本的にボタニカルはおしゃれ染め向きであり、ヘナは白髪染め向きと考えてください。
ヘナの方はブラウンやオレンジなどがメインカラーとなっていて、白髪染め向きと言えるのです。

髪質改善効果も期待できる

ボタニカルヘアカラーは髪質改善効果も期待できます。
そのため、ダメージヘアなどで悩んでいる人にこそおすすめされているのです。
しっかりヘアケアをしても枝毛などが見つかる場合は、根本的な髪質改善が必要かもしれません。
そういう時こそ、ボタニカルヘアカラーを検討してみましょう♪

どんな人にボタニカルカラーがおすすめなのか?

どんな人がボタニカルヘアカラーに向いているのか、ということを考えたこともありますよね。
こちらでは、ボタニカルヘアカラーをおすすめした人について見ていきましょう。
意外と「あ、これ私あてはまる!」という人もいるのでは?

ニオイが苦手な人

ヘアカラーって、独特のニオイがありますよね…。
鼻につくようなツンとしたニオイを苦手にしている人もいるはずです。
ボタニカルヘアカラーの場合、植物が原料となっているので植物ならではの心地よい香りがあります。
苦手なニオイに悩まされることもないので安心してください♡

意外とニオイが嫌でボタニカルヘアカラーに変更したという人は多いみたい。
私もあの独特のニオイは苦手なので、今はずっとボタニカルヘアカラーにしています。

敏感肌の人

一般的なヘアカラーは化学薬品を使っているため、敏感肌の人には悪影響が出やすい場合が。
なぜなら、ヘアカラー自体が頭皮や髪に刺激を与えてしまうからです。
そのため、フケが増えたりかゆみが出たりなど人によってさまざまな症状が出てしまいます。
しかし、ボタニカルは天然由来成分をメインとしているので低刺激でヘアカラーをすることができるのです。

髪質改善したい人

ボタニカルヘアカラーの最大の特徴として髪質改善効果が期待されているというところですね。
髪質をしっかり改善したい人は、ボタニカルヘアカラーで乱れたキューティクルなどを修復してもらうようにしましょう。
ただ、確実に修復できるわけではないので注意してくださいね!
人によって現れる効果は差があることも覚えておきましょう。

ボタニカルヘアカラーを使って髪質改善をしよう!

肌が弱い人などはボタニカルヘアカラーでしっかり髪質改善をしてみましょう。
そうすることで、髪の悩みを改善出来る可能性が高くなるのです。
低刺激性のヘアカラーなので、頭皮や髪へのダメージも最小限に抑えることができますよ♡
TOP