前髪なしが似合わない女子の特徴4選!似合う髪型を探そう

前髪なしが似合わない女子の特徴4選!似合う髪型を探そう

大人っぽい雰囲気のある前髪なしの髪型、誰でも一度は憧れたことがあるはず。 しかし、この前髪なしの髪型は誰にでも似合う髪型ではありません。 残念ですが、似合わないという場合もあるのです・・・・・・。 今回は前髪なしが似合わない女子の特徴を紹介し、その対策法をまとめてみました。

前髪なしが似合わない女子とは

前髪なしの髪型をしたいと思っても、周りに「似合わない」と言われたらショックですよね。
似合わないかも?と自分で思っている場合、高い確率で似合わない可能性が高いようです。

実際に、前髪なしの髪型が似合わない女子の特徴を見ていきましょう。

顔の形が面長

顔の形って意外と種類も多く、個性もあります。
卵型、面長、ホームベース型・・・・・・あらゆる顔の形があり、それぞれ魅力的ですが、どうしても面長だと前髪なしのスタイルが似合わないと言われています。

その理由は、前髪なしにすることによって、より一層面長の印象となってしまうからでしょう。
もちろん、そんなことは気にしない!と思って、前髪なしにするのもありなんですけどね(-_-;)

おでこが狭い

おでこが狭い人も前髪なしの髪型が似合わないと言われています。
「おでこを出す=おでこに自信がある」のが普通であり、自信とまではいかなくても、せめて出すことに抵抗がないという場合がほとんどです(*^-^*)

おでこが狭い人は狭いことをコンプレックスに思っている場合が多いので、コンプレックスをあえて出すことはしないでしょう。

一方、おでこが広ければ前髪なしが似合うのか?についてはYESとは言えません。
おでこが広くても形もいろいろですし、似合う場合と似合わない場合があるでしょう。

おでこの形がよくて、丸みを帯びているという場合、前髪なしがよく似合うとは言われます。

眉毛がぱっとしない

前髪なしになると、眉毛に手を抜くことはできません。
どうしても眉毛に目がいくということもあり、眉毛の形を整えることが必要でしょう。

眉毛が顔に合っており、整えられていないとおでこも出せませんよね。

眉毛があまりにもぼさぼさ、細すぎる、左右が合っていない、眉毛そのものを描くのが苦手だという場合もあります。

この場合は、前髪ありの方が眉毛を隠せるというメリットがあるでしょう。

髪の毛の量が少なめ

髪の毛の量が少なくて細い、いわゆる髪の毛が少なめに見えるという場合、前髪なしは似合わないでしょう。
ペタッとした印象になり、前髪がないことで寂しい印象になることもあります。

髪の毛の少なさがより一層目立ってしまう可能性があるので、前髪なしの髪型には挑戦しない方がよさそうです。

前髪なしが似合わない人の対策とは?

前髪なしが似合わない人もどうにかして前髪なしの髪型に挑戦したいですよね!
前髪なしの髪型にしたい場合、どう対策を取るのがよいのでしょうか。

それぞれの特徴別に見ていくことにしましょう。

面長の人の対策法

面長の人が前髪なしにしたいという場合、前髪に動きを付けて後ろに流すようなヘアスタイルにすると面長がそこまで目立ちません。

できれば、分け目もセンター分けではなく、7:3もしくは、6:4に分けて流すようにするといいですよ♡

おでこが狭い人の対策法

おでこが狭い人は、前髪を立ち上げてボリュームを出し、かきあげ前髪にするといいでしょう。

ボリュームを出すようにすることがポイントなので、対策としては難しくはなさそうです。

眉毛がぱっとしない人の対策法

眉毛だけがネックで前髪なしにできないというのであれば、眉描きレッスンを受けたり、美容室で整えてもらうといいでしょう。

眉毛を細くし過ぎたという場合、眉毛の形を変えるつもりで、伸ばすようにするしかありません。

髪の毛の量が少なめの人の対策法

髪の毛が少ないという場合、いきなり増やすこともできないので、ふわっさせることが必要です。
パーマをかけたり、エアリー感を出したりすると髪の毛の少なさをカモフラージュできるでしょう。

前髪なしの髪型が似合うかチェックしてみよう

前髪なしの髪型は誰にでも似合うというものではありません。
とはいえ、前髪なしの髪型に憧れるという女子は多いですよね。

前髪なしの髪型が似合わない人の特徴を知ることによって、対策法が分かり、少しでも似合うための努力をしていくことが大切です。
TOP
無題ドキュメント