最新ウルフカットとは?新しいショートウルフカットを成功するポイント

最新ウルフカットとは?新しいショートウルフカットを成功するポイント

2021年のヘアスタイルで注目されている、ネオウルフとはどんな髪型なのでしょうか。 昔はボーイッシュなイメージが強かったウルフカットですが、女性らしさが加わるのがネオウルフカットです。 新しいショートウルフカットで失敗しないためのポイントについて、紹介します。
2021年のヘアスタイルで注目されている、ネオウルフとはどんな髪型なのでしょうか。
昔はボーイッシュなイメージが強かったウルフカットですが、女性らしさが加わるのがネオウルフカットです。

新しいショートウルフカットで失敗しないためのポイントについて、紹介します。

今年らしいウルフカットってなに?

今年らしいウルフカットは、ふんわりとした女性らしさがキーワードとなります。
昔流行ったクールでメンズライクなウルフカットとは違い、女性っぽさがあるので抵抗なく受け入れられることが特徴です。

新しいタイプのウルフカットについて、みていきましょう。

ウルフカットとは

ウルフカットとは、髪の上部を丸くカットし髪の下部分にレイヤーを入れて裾は長めにするスタイルです。
名前の由来は、裾部分がオオカミの襟足に見えることからウルフカットとつけられています。

はじめは、1970年代に流行したヘアスタイルで、ボーイッシュでカッコいいヘアスタイルでした。

女性らしさと動きをプラス

今年らしいウルフカットは、従来の男の子っぽいタイプとは異なり女性らしい動きがあることが特徴です。
昔は、トップ部分が短くボーイッシュなカットでしたが、ネオウルフはふんわりとした印象の仕上がりになります。

ハイレイヤーに似ていますが、トップの短さは同じで襟足の長さがあることがウルフカットとの違いです。

自由に変化をつけられる

レイヤーが入るネオウルフカットは、表現できる幅が広がります。
フェミニンな甘さを出したいときは、パーマと組み合わせてヌケ感のある柔らかい仕上がりに。

外ハネなどで動きをつければ、クールでアンニュイな雰囲気を作ることができます。
長さを変えることなく、自由に動きを出せることがメリットです。

ウルフカットのポイント

今年らしいウルフカットに挑戦したいけど、どんなタイプが似合うのかわからないという人は多くいますよね。
はじめてのヘアスタイルにチャレンジするときは、似合うかどうかわからないもの。

自分に似合うウルフカットを見つけるためのポイントについて、みていきましょう。

レングスならショートがおすすめ

ウルフカットをするなら、ショートが一番おすすめです。
レングスが短いと、毛先の動きを自由に変化させられヘアスタイルで遊ぶことができます。

普段からショートヘアの人なら、ウルフカットにすることでさらにアレンジを楽しめるのでおすすめです。

なりたいイメージを決める

今年らしいウルフカットで、どんなイメージにしたいかを決めることもポイントです。
甘めで女性らしい雰囲気を出したいなら、パーマをプラスすることで柔らかい雰囲気のウルフカットになります。

個性的でクールなイメージを作りたい場合は、マッシュにするとややボーイッシュな雰囲気に。
どんなイメージにしたいかわからなければ、美容師さんに相談してみましょう。

カラーリングを楽しむ

ウルフカットは、カラーリングを活かして楽しめるヘアスタイルです。
髪の毛に動きが出しやすいため、インナーカラーがよく映えます。

丸みがあるため、ハイライトのカラーを入れるとさらに立体感が出ることに。
動きが出せるウルフカットにするなら、カラーリングも楽しみましょう。

失敗しないショートウルフカットの頼み方

ウルフカットをオーダーする場合、どんなポイントに注意をしたらいいのでしょうか。
美容師さんにうまく伝えられず、自分のイメージと違ったということがないようにポイントを押さえておくべきです。

失敗しないショートウルフカットの頼み方について、みていきましょう。

襟足の長さを決める

ウルフカットは、襟足の長さとくびれのポイントが重要です。
今年らしいウルフカットにするなら、襟足はあまり長すぎないバランスにすること。

そして、くびれは強くすると甘い雰囲気になり、あまりくびれを作らない場合はクールな印象になります。

前髪を作るか決める

前髪を作るかどうかも、ウルフカットにするときに決めておく必要があります。
ウルフカットで前髪を作ると、女性らしい甘い雰囲気になり、前髪を作らないと大人っぽくクールな印象に。

自分がなりたいイメージがどちらなのかだけでなく、前髪を作る方がバランスがいいなどがあるので美容師さんに希望を伝えて聞いてみましょう。

サイドのカットを決める

顔まわりのカットをどれくらいにするのかもポイントです。
サイドの長さは、個性を出せる部分なのでイメージに合う長さを伝えるように。

短く動きを出せばシャープでややユニセックスな雰囲気になり、内巻きであまり動きを出さなければ甘めの印象になります。
サイドのカットは結構重要なので、美容師さんとよく相談してください。

こなれ感が出せるショートウルフカットに挑戦してあかぬけよう

ショートのウルフカットは、垢抜け感が半端ない変化を与えます。
自由自在な動きを楽しめる髪型なので、いつもとは違うイメージを楽しめることがメリット。

一気にこなれ感が出るショートウルフカットで、いつもと違う自分を演出しましょう。
TOP