ブリーチで傷んだ髪の毛を髪質改善するためには?髪質を変える方法をご紹介

ブリーチで傷んだ髪の毛を髪質改善するためには?髪質を変える方法をご紹介

ブリーチをかけると、どうしても髪が傷んでしまいますよね。ブリーチをかけようと考えている人は、自分の髪にどのような変化が起こる可能性があるのかを事前に知っておきましょう。 ブリーチで傷んだ髪のケア方法や、髪をまっすぐにする方法をいくつか紹介しています。自分に合ったケア方法を試して、ブリーチ後の髪質改善に取り組んでみてください。
ブリーチをかけると、どうしても髪が傷んでしまいますよね。ブリーチをかけようと考えている人は、自分の髪にどのような変化が起こる可能性があるのかを事前に知っておきましょう。

ブリーチで傷んだ髪のケア方法や、髪をまっすぐにする方法をいくつか紹介しています。自分に合ったケア方法を試して、ブリーチ後の髪質改善に取り組んでみてください。

ブリーチをかけると髪はどうなる?

ブリーチをした髪には、どのような変化がみられやすくなるのかをご紹介します。髪へのダメージを軽視してしまうと、あとあと後悔してしまうかもしれません。

そうならないためにも、自分に身に起こり得ることは事前に把握しておくべきです。

切れ毛や枝毛が増える

ブリーチを行うと、髪の中の色素が失われてしまうため、髪がもろくなってしまいます。その結果、切れ毛や枝毛が多くなり髪全体がぼわっと広がってしまうことがあるのです。

切れ毛や枝毛が多いと、髪の広がりだけでなく、髪の先端が白っぽくなってしまい見た目もよくありません。

切れた髪の毛がくしに絡まり、床に落ちてしまうため床などが汚れやすくなります。髪を洗った際も簡単に髪の毛が切れてしまうこともあるので、十分注意しましょう。

うねりなどが出ることもある

ブリーチによって髪にダメージがかかると、髪の毛全体がうねってしまうこともあります。もともとキレイなストレートヘアだったとしても、ブリーチの影響で髪にうねりが出てしまうことも多々あるので要注意!

うねりは今すぐどうにかできるものではありません。ブリーチをした後の髪は、ダメージを負っており、非常にデリケートな状態です。

うねりの改善には時間がかかることも多いため、行きつけの美容院のスタッフさんなどに相談してみましょう。

髪をケアする成分の入ったシャンプーなどを使う必要がある

ブリーチをした後の髪は、大きな負担がかかっているため、普段使っているものでは髪のケアが行き届かない可能性が高いです。髪の保湿や保護などの成分を多めに含んだ、髪に負担をかけにくいシャンプーやトリートメントを選ぶのがおすすめ!

せっかくブリーチをしたのならば、髪の色落ちを防ぎたいと思う人もいますよね。そういった場合は、カラー専用のシャンプーやトリートメントを選びましょう。専用トリートメントであれば、色落ちとケアを両立させやすくなりますよ。

髪質改善トリートメントを試してケア

髪質の改善を目指すのであれば、髪質改善トリートメントを使用してみましょう。髪質を改善できる機能を持つトリートメントとして注目を集めている、酸熱トリートメントについての基本情報をご紹介します。

酸熱トリートメントに注目!

酸熱トリートメントとは、髪の毛の成分とほとんど変わらない成分でできているため髪に負担をかけず、髪の内部を強くする効果が期待されるトリートメントです。

髪の内部に働きかけるため、ハリやコシが復活し、髪の毛そのものの健康状態が向上。切れ毛や枝毛の解消につながります。

ブリーチを行った後の傷んだ髪のケアだけでなく、年齢によって元気がなくなってしまった髪のケアにも使用可能!

酸熱トリートメントを試すためには?

酸熱トリートメントは、自宅で試せるものではありません。美容院で予約を取って受ける施術になります。取扱店にはばらつきがあるため、まずは自分が住んでいる地域で酸熱トリートメントを扱っているお店を見つけるところから始めましょう。

価格はお店によってばらつきがあるため、事前にリサーチしていくつか見比べるのはおすすめです。自宅から遠すぎない、試しやすい価格帯のお店を選んでくださいね。

価格はどれくらい?

酸熱トリートメントを美容院で受けると、大体1~3万円前後のお金がかかります。少し高いように感じますが、これは使用している薬剤にお金がかかることと、特殊な技術を要するからです。

酸熱トリートメントを試すことで、髪の状態が改善されやすくなりますよ。しかし、効果が半永久的に続くわけではありません。定期的に美容院で施術を受けるか、生活環境の改善などを行って髪の状態を根本からよくするような努力を行うことも重要です。

縮毛矯正を試してみる

髪が広がったりうねっているのを手軽に直したいとなると、縮毛矯正を考える人もいますよね。縮毛矯正を行うメリットとデメリットを把握し、施術を受けるかどうかを考慮してみましょう。

美容師さんにお任せで手軽に試せる

縮毛矯正を行う場合、美容師さんにお任せで最初から最後まで完了しますよね。全て任せきりにできるので、とっても楽!

プロの美容師さんが施術をしてくれるので、自分の手でくしなどを使って髪をといたときとは比べ物にならない美しい仕上がりになることでしょう。しかし、縮毛矯正を受ける場合は再度負担をかけてしまうという点を見逃さないようにしてください。

成功率が高いわけではないかも

縮毛矯正を受ければ、今のごわついた髪の毛が美しいストレートヘアになると思ってしまうのはNGです。ブリーチをかけたあとは、縮毛矯正やパーマがかかりにくかったり、過剰にかかってしまう可能性があります。

美容師さんからも事前に説明があると思いますが、ブリーチで既に傷んでいる髪に、さらに負荷をかけて縮毛矯正を行っても、思うような効果が得られない可能性が高いのです。

自分が思い描く髪にならなかったとしても、それは仕方がないと割り切って他のケアを検討しましょう。

ブリーチ後の縮毛矯正を行っている美容院に相談

ブリーチ後に縮毛矯正を受けたいのであれば、ブリーチを行った後でも施術を行ってくれる専門の美容院を訪れましょう。

普通の縮毛矯正ではなく、ダメージが少ない縮毛矯正を実施しています。効果は髪の毛の状態によって多少異なりますが、普通の縮毛矯正を受けるよりも効果は期待できるかも!

生活習慣を改善する

ブリーチを行ったあとの髪の毛は、非常にデリケートな状態です。髪を傷めないためには、生活習慣の改善が必須!

難しいことにチャレンジするのではなく、今日から気軽に実践できる生活改善のポイントを集めました。無理なく実践して、髪によい生活を心がけましょう。

バランスがとれた食事内容を目指す

アンバランスで偏った内容に食事ばかりとっていると、体だけでなく髪にも大きな負担をかけてしまいます。辛いものや脂っこいものばかり摂取していると、頭皮に皮脂が過剰分泌されやすく、毛根から思うように栄養が運ばれないため髪が元気になりにくいかも。

まずは野菜を取り入れた、バランスがとれた食事を、きっちりと摂取するように心がけてみてください。揚げ物やお酒などは、少し控えめにするのがおすすめです。意識して野菜を摂取することからスタート!

適度に運動して血行を良くする

適度な運動は、健康に欠かせないものです。髪の毛に栄養を届けるのは血液なので、血行をよくして血の巡りをよくすることで髪のダメージを回復させるための効果もアップしやすくなります。

全く運動していない生活を送っていたのであれば、まずはお散歩から始めてみましょう。時間を見つけて近所を散歩し、適度に汗をかいて血のめぐりをよくします。激しい運動に取り組むと継続しにくいので、軽めの運動がベストです。

髪に負担をかける行動を避ける

髪を強くけん引して髪型を整えたり、べったりと整髪料を使用して髪型をセットする生活を続けていると、髪の毛や頭皮に強いストレスがかかってしまいます。

髪が傷んでいる状態のブリーチ直後であれば、髪がどんどん傷んでしまうため要注意!髪の状態が少し安定するまでは、ナチュラルなヘアスタイルを心がけましょう。

髪だけでなく頭皮に負担をかける行為も、なるべく避けるのがベスト。長時間帽子をかぶって汗をかくような状態などは、できるだけ避けてください。

ブリーチを行う際の注意点

ブリーチを行う際には、いくつかの注意点があります。初めてブリーチを受けようと検討している人は、ぜひチェックしておきましょう。

ブリーチは、受けて終わりではありません。受けた後にすべきことや仕上がりについても解説しています。

髪へのダメージを事前に考慮する

ブリーチは、無理やり髪の色素を抜き取ってしまうため、どうしても髪への負担が大きくなります。髪の毛に負担がかかると、今までなかったはずの切れ毛や枝毛は発生しやすくなり、髪の毛がうねりやすくなるので注意してください。

また、髪全体が絡まりやすくなり、洗髪した際の水切れも悪くなってしまいます。マイナートラブルが続くようであれば、ブリーチを受けた美容院のスタッフさんにケア方法などを相談してみましょう。

想像通りの色に染まると思い込まない

ブリーチをしたからといって、絶対に想像通りの髪色になるとは限りません。思っていた色と少しニュアンスが違った仕上がりになる可能性もあります。絶対にこうなる!と思い込んでしまうのはNGです。

大体こんな感じの色になるという認識でブリーチを受け、仕上がりを確認しましょう。仕上がりに美容師さんとの齟齬が出ないよう、ブリーチとカラーをするまでに仕上がりの色についてしっかりとすり合わせをしておきましょう。

傷んだ髪をケアするためのグッズを揃えておく

ブリーチを行うと、どんな人でも髪に負担がかかってしまいます。ブリーチをした後、ゆっくりケアグッズを選ぶのではなく、ブリーチをする前にケアグッズを選んでおきましょう。

カラー専用のシャンプーやコンディショナーを選ぶ場合、天然成分を豊富に含んでいるものや、保湿や補修成分を多く含んでいるものを選ぶことをおすすめします。どんなものを選ぶべきか悩んでいるのであれば、担当の美容師さんに相談してみましょう。

自分に合った方法で髪質を改善させよう

ブリーチで傷んだ髪をケアする方法は、人それぞれいろいろあります。まずは、今自分が試せるものはなんなのかを考えてみましょう。

髪の毛の広がりやうねりがどうしても気になる場合は、縮毛矯正を検討することも可能です。縮毛矯正は髪に負担がかかるため、ブリーチ後でも受け付けてくれる腕利きの美容院を探して相談してみましょう。
TOP