簡単にサラサラ髪になれるおすすめのヘアケア方法とは?

簡単にサラサラ髪になれるおすすめのヘアケア方法とは?

女性にとってサラサラの髪というものは憧れのひとつです。 そのため、サラサラの髪にするために色々な努力や工夫をしている人も多いでしょう。 今回はサラサラの髪のために知っておきたいことや、おすすめの簡単ヘアケア方法について調べてみました。
女性にとってサラサラの髪というものは憧れのひとつです。そのため、サラサラの髪にするために色々な努力や工夫をしている人も多いでしょう。

今回はサラサラの髪のために知っておきたいことや、おすすめの簡単ヘアケア方法について調べてみました。

サラサラ髪のために知っておきたいこと


サラサラの髪にするために知っておきたいことがいくつかあります。これらを知らずにヘアケアをしても、十分な効果が得られない場合があります。

こちらでは、その中でも特に知っておきたいポイントを見ていきましょう。

ノープーはサラサラにはならない?

一時期、メディアでも話題になった「ノープー(お湯シャン)」は、おすすめできません。シャワーで落とせるものは、分泌されたばかりの皮脂やホコリだけだからです。既に酸化した皮脂、タバコの煙などはシャンプーでしか落とすことができないのです。脂溶性の汚れが残ったままにしておくと、頭皮のニオイもきつくなっていきます。

その結果、ツヤはありますがお世辞にも清潔とは言えない髪が出来上がってしまうのです。

健康な髪と美髪はイコールではない?

サラサラで美しい髪と聞くと「健康な髪」をイメージする人も多いです。しかし、健康な髪が美髪だとは限らないのです。

美しい紙とはツヤ、手触りの良いなめらかさ、健康そうに見える髪のことを指します。
つまり、多少のダメージがあっても美しい髪に見せることはできるのです。

自然乾燥はNG!

ドライヤーの熱が髪に良くないという話を聞くことも多いでしょう。確かにそれは間違いではありません。

しかし、髪がもっとも痛む時は「濡れている時」であることを知っていますか?自然乾燥は髪同士の摩擦の刺激に敏感な状態と言えるので、ドライヤーを使って素早く乾かした方がダメージも少ないのです。

サラサラの髪にする簡単ヘアケア方法


こちらでは、どのようにすればサラサラの髪にすることができるのか見ていきましょう。どれも簡単なヘアケア方法ばかりなので試していない人は、ぜひ試してみてください。サラサラの髪を守るためにとても大事なことばかりです。

ドライヤーを使う

先述したように濡れた状態の方が髪には良くありません。ドライヤーの熱でダメージを受けるというのは、過剰に乾かしている時だけです。しっかりと適度に乾かす分には大きなダメージに繋がることはありません。

ドライヤーを近づけすぎるなどがあればダメージに繋がりますが、ある程度離して使うことで問題はありません。

紫外線ケアをする

髪は肌の2倍から5倍の紫外線の影響を受けると言います。肌のように目に見えた影響が出ないので、あまり重要視されないのですが髪こそ紫外線対策が必要と言えます。

紫外線対策効果が期待できるヘアオイルなどを使ってみましょう。帽子をかぶることも紫外線対策になりますが、熱さによる蒸れなどを引き起こす可能性があります。帽子をかぶり続けていると頭皮トラブルに繋がるので注意してください。

ヘアオイルに注意する

髪のツヤやサラサラ感を守るためにヘアオイルを活用する人も多いでしょう。ただ、植物オイル100%のものは濃すぎるので、逆に悪影響を出してしまいます。

そのため、おすすめされているものはシリコンベースに植物オイルを配合したものです。シリコンは髪に悪影響がない成分と言われているので、ヘアオイルには適しています。

簡単ヘアケア方法で髪をサラサラにしよう


髪をサラサラに保つ方法は決して難しいものではありません。簡単ヘアケア方法で、髪のツヤやサラサラ感を守りましょう。

特にヘアオイルや紫外線対策を重視することで、髪の状態をある程度守ることはできるはずです。他には食生活に注意する、濡れたままにしないなどそれぞれの工夫をしておきましょう。

TOP