ダメージヘアは毎日しっかりお手入れすれば改善できる!

ダメージヘアは毎日しっかりお手入れすれば改善できる!

髪の毛の先がパサパサで傷んでいる、うねりやクセがでてきてしまっているなど、髪の毛に悩みを持っている方はたくさんいるでしょう。そもそもなぜ髪の毛が痛んでしまうのかというと、原因はいろいろあります。

パサパサで傷んだダメージヘア、どうしてなるの?


髪の毛の先がパサパサで傷んでいる、うねりやクセがでてきてしまっているなど、髪の毛に悩みを持っている方はたくさんいるでしょう。そもそもなぜ髪の毛が痛んでしまうのかというと、原因はいろいろあります。
まず、シャンプーの仕方に問題がある場合です。髪の毛のキューティクルは、濡れると開く性質があります。シャンプーをするときには髪の毛を濡らしますので、キューティクルが開いてしまうのです。そのままゴシゴシと力を入れて髪の毛を洗うと、髪の毛が傷んでしまいます。

シャンプー後、髪の毛を乾かす方法も、間違えてしまうと髪の毛が傷むので気を付けましょう。ドライヤーの熱を髪の毛にあてすぎてしまうと、乾燥して傷んでしまいます。髪の毛を乾かすときには、20センチくらい離して根元から風を当てるようにすると速く乾きますし、髪の毛が傷みにくいです。毎日アイロンやコテを使っている人も、髪の毛に熱を与えすぎてしまうので、ダメージヘアの原因になります。

ドライヤーの熱が髪に悪いから自然乾燥を選ぶ人もいますが、自然乾燥の方が髪の毛に悪いです。濡れたまま寝てしまうと、枕やシーツとの摩擦で髪の毛にダメージを与えます。しっかり乾かして寝ましょう。

カラーリングやブリーチをしている人も、カラー剤やブリーチはキューティクルをはがしてしまいます。髪の毛が傷む原因になりますので、やりすぎに気を付けましょう。

このように、毎日普通に過ごしているだけでも、ダメージヘアを作ってしまう原因はたくさんあります。

ダメージヘアを修復することはできない

髪の毛が傷んでしまっても、綺麗な髪の毛に戻せばいいと思うかもしれません。髪の毛は死んだ細胞が表に出てきたものです。自分で修復することはできません。そのため、一度髪の毛が傷んでしまったら、自然に修復することはないのです。

美容院に行けばなんとかなるでしょうと思うかもしれませんが、プロにお任せしてもダメージヘアを元通りの綺麗な髪の毛にすることはできません。

一度傷んでしまったら、もう切るしかないのです。修復ができない、だからこそダメージヘアにならないように、日ごろから予防ケアが必要となります。

自宅でできる簡単お手入れ方法


ダメージヘアにならないためには、日ごろからしっかりとお手入れすることが必須です。高いヘアケア用品や難しいマッサージをやる必要はありません。毎日やっていることに少しだけプラスすればいいだけなので、誰にでもできるはずです。

例えばシャンプーの方法です。シャンプー前には目が粗いクシで髪の毛をとかしておくと、ゴミやホコリが落ちやすくなります。お湯の温度は頭皮に刺激を与えないようにぬるま湯にしましょう。シャンプーを付ける前に、お湯でしっかりとホコリやゴミを落とすために予洗いをしてください。予洗いのあとにできるだけ洗浄力の弱いシャンプーで洗い、しっかりと泡を落とす、これだけで髪の毛にダメージを与えにくくなります。

トリートメントは、できるだけ時間を置いてじっくり髪の毛になじませましょう。時間があれば、タオルを巻いてそのまま半身浴でもすれば完璧です。お湯の蒸気でトリートメントが髪の毛に浸透しやすくなります。
髪の毛を乾かす前には、しっかりとタオルドライをしてできるだけドライヤーの熱を当てる時間を少なくしましょう。タオルドライは髪の毛をゴシゴシと擦らないように、タオルを押し当てて水分を吸い取るような感じでやるといいです。

最後に乾燥や摩擦を防ぐヘアスプレーを吹きつけるのもいいでしょう。特に髪の毛が長い人は、毛先が傷みやすいので日ごろから使っておくと痛みにくくなります。

毎日のシャンプーのやり方をここまで気を付けるだけでも、ダメージヘアになりにくくなるので、やってみましょう。

修復はできないけれど改善することはできる!


傷んだ髪の毛を修復することはできません。完璧に元通りにすることはできませんが、綺麗な髪の毛に近づけるように改善することはできます。自宅でできる簡単な方法はたくさんあるので試してみましょう。
まずは傷んだ髪の毛を修復するために、トリートメントでしっかりケアします。パサパサで傷んだ髪の毛に、トリートメントでしっかりと水分やたんぱく質を補給してあげれば、綺麗な髪の毛に近づけることが可能です。

髪の毛が傷んでしまうと、毎朝髪の毛が絡まってクシが通らずに無理やり力を入れている人もいるでしょうが、それはやめましょう。どうしても髪の毛が絡まってしまった場合は、髪の毛に水か寝癖直しウォーターを付け、優しくクシでとかすのが正解です。摩擦を与えてしまうと、余計に髪の毛が傷みます。毎日優しくブラッシングするだけで、ダメージヘアはかなり改善できるはずです。

どうしてもセルフケアでは無理、という状態の場合は美容室でプロにお任せしましょう。傷んでいる部分だけ切ってしまうのもいい方法です。美容室で髪の毛の傷みについて相談すると、専用のトリートメントを使ってくれます。1ヶ月に1度でいいので、定期的にトリートメントをしてもらいましょう。
TOP
無題ドキュメント