丸顔を活かせる髪型はある?長さで選ぶ丸顔に合う髪型

丸顔を活かせる髪型はある?長さで選ぶ丸顔に合う髪型

丸顔のイメージは、実年齢より若く見えること。人によっては、幼く見られて困ると悩むこともありますよね。太っているわけでもないのに、ふっくらして見られがちなのも気になるかもしれません。そこでここでは、丸顔を魅力的に見せる髪型について、長さ別におすすめを紹介していきます。

ショートヘアは断然ボブスタイルがおすすめ

ショートヘアにするときは、ボブスタイルがおすすめです。ヘアスタイルの理想形とされるひし形シルエットを守れば、ショートボブでもまん丸な印象にならずに済みます。

丸顔にマッチする条件は、おでこを出すこと、前下がりのカットラインにすること、Iラインのシルエットにすることです。これらを守れば、ひし型シルエットに近づけることができます。

前下がりのボブで丸さを中和

ショートボブにしたときは、前下がりのカットにすれば顔の丸さが中和されます。逆に前上がりになってしまうと、丸顔が強調されるので要注意。また、マッシュなスタイルも丸さが際立ってしまいます。

おでこは見せるべき

おでこは、見せたほうが縦のラインが出て縦横のバランスがよくなります。おでこを全出しする自信がなければ、シースルーバングや斜め分けにする手があります。

ある程度おでこを出すことで、肌の見える範囲がIラインになって理想的。逆に前髪をしっかり作ってしまうと、丸顔が強調されることになります。

センター分けならハンサムショートに

前髪をセンター分けにすると、キリッとしたハンサムショートになります。穏やかでやさしく見られるばかりは嫌という人にも、おすすめの髪型です。輪郭がたまご型に見えることで、上品なイメージにもなります。

毛先で遊べるボブ・ミディアム

ミディアムな長さのボブスタイルは、毛先をアレンジして遊べるのがお楽しみです。内巻きにしたり外巻きにする違いだけでも、印象がまるで変わります。お出かけシーンごとに、ヘアスタイルをいろいろアレンジして楽しんでみてはいかがでしょうか。

シースルーバングと外ハネで活発なイメージに

カジュアルシーンに似合いそうな外ハネスタイルは、活発なイメージを与えます。いつもおとなしい印象に見られるのが悩みという人は、外ハネアレンジで元気さをアピールしてみてはいかがでしょうか。

シースルーバングにすると、縦ラインが強調されて丸顔がたまご型の顔に見えます。サイドヘアを耳にかけても、また違う印象になるヘアスタイルです。

ニュアンスパーマでやさしいイメージに

やさしくてやわらかいイメージを前面に出したい場合は、ミディアムヘアにニュアンスパーマをかけてみてはいかがでしょうか。ふわっとした少女のような雰囲気になり、透明感が出てきます。前髪をシースルーバングにすれば、縦横の顔のバランスがちょうどよくなります。

切りっぱなしミディアムボブで無造作風のおしゃれ

ミディアムボブでも、カールなしだと無造作なかっこよさが出てきます。キメキメになりすぎず、カジュアルでもフォーマルでも似合う髪型です。シースルーバングの前髪にすれば、さらに軽い感じのヘアスタイルになってナチュラル感が際立ちます。

ロングにはゆるふわパーマがマッチ

ロングヘアには、ゆるふわパーマが似合います。ストレートだと重くなりがちなロングも、ふんわりしたパーマをかけると軽さが出てやさしい印象に。Iラインのヘアスタイルになるので、丸顔も気にならないのがメリットです。

ロングストレートならグラデーションカットがおすすめ

ストレートなロングにするなら、グラデーションカットにしてIラインシルエットを目指すのがおすすめです。レイヤーを高い位置から入れないようにして、軽さを出すようにしましょう。ヘアカラーで明るめのイメージにすることもできます。

ウェーブパーマで女性らしさを強調

ロングのウェーブパーマは、全体的に重めになって丸顔が強調されがちです。むしろそれを武器にして、女性らしさをアピールするにはおすすめの髪型です。おでこはシースルーバングにするなどして見せると、縦の長さも出てちょうどいいバランスの丸顔になります。

短めのシースルーバングで抜け感

同じロングウェーブでも、前髪を短めのシースルーバングにすると顔まわりがスッキリします。抜け感が出て、明るい表情になるのもメリットです。サイドを耳にかけて、Iラインシルエットを強調するのも魅力アップのテクニックです。

丸顔に似合う髪型で変身願望をかなえよう

どんな髪の長さでも、似合う髪型があるのが丸顔のメリット。理想の雰囲気に変身するためには、丸顔に似合う3つの条件を満たすことが肝心です。思い切ってやってみたことのない髪型にチャレンジして、大変身の夢をかなえてくださいね♪
TOP