適当に乾かして寝ちゃうの、もったいないです!お休み前のヘアケアはこれ押さえとこっ

適当に乾かして寝ちゃうの、もったいないです!お休み前のヘアケアはこれ押さえとこっ

皆さんはヘアケアってどのタイミングで行っていますか? 人によって生活習慣が変わってくるので、結構ヘアケアのタイミングって変わってくるんですよね。 でも、寝る前のヘアケアが一番おすすめされているって知っていますか? 今回は、寝る前のヘアケアに関する情報を集めてみました(n*´ω`*n)

寝る前のヘアケアがおすすめされる理由とは?

こちらでは、寝る前のヘアケアがおすすめされる理由について見ていきましょう。
なぜ、寝る前がおすすめなのか理由を知ることでこれから就寝前のヘアケアを意識する人も出てくるかもしれませんね(n*´ω`*n)

夜は副交感神経が優位になる

身体の機能をコントロールする自律神経には交感神経と副交感神経があります。
夜になると副交感神経が有利になるので、頭皮の血行なども促進されるんですよね( *´艸`)
血行促進することで髪の成長を促すホルモン分泌も期待できます。
特に夜の10時から深夜2時頃までは髪の成長ホルモンが分泌されやすいと言われているのです。

トリートメントが浸透しやすい

寝る前にはお風呂に入りますよね。
お風呂でシャンプーをすると、毛穴の汚れが落ちた状態となります。
つまり、寝る前の髪はトリートメントが浸透しやすい環境が整っているのです。
どれだけヘアケアをしてもトリートメントが浸透しなければ意味がありません。
浸透されやすい時間を選ぶことで、より高い効果が期待出来るのです。

睡眠中はケアの効果を高めてくれる

睡眠中はケアの効果を高めてくれると言われています。
これは、先述した午後10時から午前2時の時間にも影響されているのでしょう。
睡眠中はケアの効果が高くなると言われているからこそ、ヘアケアは寝る前10分とされているのです。

寝る前のヘアケアで抑えておきたいポイント

こちらでは、寝る前のヘアケアで抑えておきたいポイントについて見ていきましょう!
ヘアケア前のポイントをしっかり抑えることで、効果を高めると考えてくださいね。

タオルドライは優しくする

タオルドライの際にゴシゴシと強くしてしまう人がいますよね。
あれって実は良くないんです(;´・ω・)
タオルドライは吸水性の高いタオルで優しくすることが理想と言われています。
ゴシゴシと強くしてしまうことで摩擦によって頭皮や髪を傷める可能性があるんです。

ドライヤーは短時間

ドライヤーを使う場合は髪を根元から乾かしていきましょう。
髪を傷めないように自然乾燥、という考えの人もいますがキューティクルが開いたままのデリケートな状態を放置する方が良くありません。
ドライヤーの熱をあてすぎるのもNGですが、短時間で乾かして負担を最小限に抑えてあげましょう。

ブラッシングは必須

ドライヤーで髪を乾かした後は、しっかりとブラッシングをしてください。
ブラッシングをしないまま寝てしまうと寝癖の原因、摩擦によるキューティクルの痛みなどに繋がってしまうのです(;´・ω・)
ブラッシングをすることで、頭皮に適度なマッサージ効果も期待できるので安眠を促す効果なども期待されているんですよ(n*´ω`*n)
就寝前のブラッシングにはさまざまなメリットがあるので、積極的に取り入れていくようにしましょう。

寝る前にひと手間を加えてヘアケア効果を高めよう!

寝る前のヘアケアなんて面倒、という人もいるかもしれませんね。
でも、ひと手間を加えるだけでヘアケア効果を高めることができるんです。
髪を綺麗にすることで女性らしさなども引き出せるので、しっかりケアをしておきましょう。
スキンケアなどを徹底していても、髪がボサボサだとその人の良さが半減してしまいます。
そうならないためにも、寝る前のヘアケアを心掛けるようにしましょう(`・ω・´)
TOP
無題ドキュメント