これで改善!ダメージヘア

これで改善!ダメージヘア

ダメージヘアのケアに欠かせないものといえば、洗い流さないトリートメントです。シャンプーと併用するトリートメントとは違い、髪の毛に留まることで長時間ダメージを補修してくれるため、傷みを改善させていくのにとても有効です。ダメージでスカスカになってしまった髪の毛に栄養と潤いを与えて、それ以上髪の毛を傷むのを防いでくれますから、毎日のお手入れの際にしっかり利用していくようにしましょう。

洗い流さないトリートメントで髪を補修


ダメージヘアのケアに欠かせないものといえば、洗い流さないトリートメントです。

シャンプーと併用するトリートメントとは違い、髪の毛に留まることで長時間ダメージを補修してくれるため、傷みを改善させていくのにとても有効です。ダメージでスカスカになってしまった髪の毛に栄養と潤いを与えて、それ以上髪の毛を傷むのを防いでくれますから、毎日のお手入れの際にしっかり利用していくようにしましょう。

洗い流さないトリートメントにはオイルタイプとミルクタイプがありますが、髪に艶を与えたいのであればオイル、潤いを与えたいのであればミルクを選択するのがおすすめです。しっかりタオルドライをした後、ドライヤーを使う前によく髪の毛に広げて髪を熱から守るようにすると一層効果があります。

毎日こつこつケアをしていくことでダメージの改善に貢献してくれますから、賢く活用していきましょう。

ワンランク上のドライヤーで乾かしながら髪をいたわる

髪の毛のダメージを改善していくためにはドライヤー選びも重要です。一番大事なのは風力で、威力のあるドライヤーほど短時間で髪の毛を乾かすことができ、ダメージを最小限に抑えられますから、できるだけパワーのあるドライヤーを選んでいくようにしましょう。

力の弱いドライヤーを使っていると、濡れた状態での摩擦が増えて髪の毛にどんどんダメージを蓄積させてしまいますから、気を付けてください。また冷風切り替えの機能が付いているドライヤーだと、仕上げに髪の毛を冷ましキューティクルをしっかり引き締めることができます。ダメージ防止と髪の艶に大きな違いが出てきますから、この点についてはよく覚えておいてください。

高級なドライヤーはイオンを発生させて髪の毛を乾かしながら守ってくれますから、ダメージヘアを改善したいのであればワンランク上のドライヤーを選ぶことも大切です。

サロンで定期的にトリートメントをしてもらおう


ダメージヘアを改善するためには髪の毛に栄養を与えるのが一番です。市販のシャンプーやトリートメントなど様々なアイテムを活用することはできますが、一番おすすめなのはサロンでトリートメントを入れてもらうことです。

サロンのトリートメントは髪の毛に一時的に栄養を与えるのではなく、スカスカになった髪の毛内部をしっかり補充してダメージにアプローチをしていくので、ホームケアとは比べ物にならないダメージケア効果を得られます。スカスカ、ボロボロの髪の毛も潤った艶髪に蘇らせてくれますから、定期的にケアしてもらってください。

ハイダメージの髪の毛はホームケアで手入れをしたのでは間に合わないことも多いため、日頃のケアをより有効にするためにもサロンのトリートメントで髪質を改善していくことはとても重要です。

パーマやカラーを見直そう


髪の毛に最もダメージを与えるのはカラーやパーマです。薬剤によって受けるダメージは乾燥や熱によって受けるダメージとは桁違いであり、髪の毛の内部から大きな影響を受けることになるので、ダメージが気になる人はこれを見つめなおす必要も出てきます。

パーマやカラーをする頻度を控えると共に、使用する薬剤はできるだけ高品質なものを選択するといったことも大切です。特にホームケア用のカラー剤は素人でもしっかり染められるようより強力な薬剤を使っているため、使い方や頻度については充分気を付けていかなければなりません。

ダメージ改善のためにはできるだけサロンでケアをしてもらう、トリートメントをセットで行うようにするといった風に髪の毛をいたわっていけるようにしてください。回数を重ねるごとに髪の毛はボロボロになってしまいますから、毎回のダメージをできるだけ少なく済ませるよう心掛けていくことが大切です。

櫛やブラシなどのヘアケア用品もこだわって

毎日利用する櫛やブラシについても、できるだけ良いものを使っていくようにしましょう。

髪の毛を梳かすだけなら何を使っても同じと思う人もいるかもしれませんが、プラスチックのコームと高級動物毛のブラシを使うのでは、一撫でするだけでも髪の毛の艶とまとまりが全く違ってきます。静電気を抑える、艶を与える、髪の毛一本一本をしっかり掴んで梳かせるなど、櫛やブラシはどんな材質のものを使うかによって髪の手入れに大きな差が出てくるため、ダメージを改善していくためにもより良い品質のものを選んでいくようにしてください。

広がってしまってまとまらないといった悩みを抱えている人は、櫛やブラシで何度も梳かすことで摩擦によるダメージを与えてしまいがちですが、動物毛のブラシなら一発でキマり、髪にかかるストレスも軽減していけますので、どのアイテムを使うかというのはとても重要なことなのです。

ブラシであれば豚、猪、狸などの高級毛、櫛であれば竹などを使ったものを使うのがおすすめです。
TOP
無題ドキュメント