ブリーチの基本情報まとめ!いまさら聞けない髪へのダメージなどをご紹介

ブリーチの基本情報まとめ!いまさら聞けない髪へのダメージなどをご紹介

髪を染めようと思ったとき、日本人の黒髪には明るい色が入り抜くくて髪染めが上手くいかなかったという経験をしたことがある人必見!明るいカラーも入りやすくなる、ブリーチについての基本情報をご紹介します。 周囲の人はどんなものか知っているから、いまさらどんなものか聞けないと思っている人もぜひ確認してほしい、ブリーチについてのアレコレをまとめました。
髪を染めようと思ったとき、日本人の黒髪には明るい色が入り抜くくて髪染めが上手くいかなかったという経験をしたことがある人必見!明るいカラーも入りやすくなる、ブリーチについての基本情報をご紹介します。

周囲の人はどんなものか知っているから、いまさらどんなものか聞けないと思っている人もぜひ確認してほしい、ブリーチについてのアレコレをまとめました。

ブリーチってどんなもの?いまさら聞けない基本情報まとめ

ブリーチは髪に使うものとなんとなくわかっているけれど、使用すると具体的に髪のなにが起こり、どうして髪がキレイに染まるのかわからないという人もいるでしょう。

まずは、ブリーチを使用すると髪にどのような変化が起こるのかをご紹介します。

髪の色素を抜くのがブリーチ

ブリーチとは、髪の中にある色素を抜いてしまうことを指します。髪の色素は人種によって異なりますが、日本人であれば黒が大多数を占めているといっても過言ではありません。

黒色は、同系色のブラックやダークブラウンなどであれば染まりやすいためブリーチを使わなくても大丈夫です。しかし、金髪やブロンズなどの鮮やかで明るい髪色にしたい場合は、どうしても黒の色素が邪魔をして染まりにくくなります。

そんなときにブリーチを使用し、黒の色素を抜いて鮮やかな色を髪に入れて仕上げるのです。

髪が傷みやすいのはなぜ?

ブリーチをすると、髪が傷んでしまうという情報は、うっすら聞いたことがあるのではないでしょうか。でも、どうして傷むといわれるのか理由はよくわからないとなると、ブリーチを試すか悩みますよね。

ブリーチをして髪が傷むのは、色素を抜く際に加味に大きなダメージが加わるからです。髪が健康とはいいがたい状態になってしまうことも多々あり、改善するまでにはそれなりに時間がかかります。

傷みを悪化させないためにも、ブリーチをした後のケアをしっかりと行いましょう。

ダブルカラーとは

ブリーチをしたあとにカラーリングを行うことを、ダブルカラーといいます。髪の色を抜いて髪を染めることで、鮮やかで透明感のある仕上がりに近づけますよ。

普通のカラーリングでは色を出すのが難しい、ピンクやグリーンといった色もダブルカラーをすることでしっかりと染まりやすくなります。

その分、髪に与えるダメージも大きくなるため、その点は美容師さんとしっかりと相談しておくことをおすすめします。

ブリーチをするメリット

ブリーチをするメリットとは、具体的にどのようなものが挙げられるのでしょうか。今までの髪染めに満足できていなかった人は、ぜひチェックしたいブリーチのメリットについてまとめています。

ブリーチを試してみて、自分の理想の髪色を手にしましょう。

髪がキレイに染まる

ブリーチは、髪にもともと入っている色素を抜くため、髪がキレイに染まりやすくなります。

今までなんとなく色味が気に入らなかったり、理想としていた髪色にはなれていないのであれば、ブリーチを試してみ価値アリ!より鮮やかで、透明感のある理想の髪色を手にしやすくなるかもしれません。

お金はかかりますが、長く髪色を楽しめるので、一度ブリーチをすると何度も髪を染め直すとコストをカットできます。

色落ちしても違和感がない

ブリーチをして濃いめの色を入れることによって、髪から徐々に色が落ちていく際の色の移り変わりを楽しめます。

普通に髪を染めた場合、色が落ちてくると黒色が見え隠れし始めてまばらな印象を持ちがちです。しかし、ブリーチをして色を入れることで、鮮やかな色が徐々に抜け、最後にはベージュ系に落ち着くこともあります。

色を入れる前に、担当の美容師さんに色が落ちたときにはどんなカラーになるのかを確認してみてください。

理想の髪色に近づける

髪を染める際、元ある黒色をベースにして色を選ぶのであればブリーチをしなくてもきれいに仕上がりやすくなります。ダークカラーは黒髪と相性がよいため、無理にブリーチをする必要はありません。

しかし、外国の人のような美しいブロンドカラーやミルキーブラウンなどの明るい髪色は、黒の色素が入っている日本人には不向き。明るい髪色が理想であれば、ブリーチをして色素を抜いて色を入れるのがおすすめです。

黒の色素が抜けることによって、髪全体が明るく仕上がりやすくなります。

ブリーチをするデメリット

ブリーチを髪に施すことによって生じるデメリットは、どのようなものが挙げられるのかをご紹介します。

メリットだけでなく、デメリットにも目を向け、どのようなことが自分に起こる可能性があるかを把握しましょう。

髪が乾きにくい

ブリートを施すと、髪の色素などがなくなってしまうため、髪の毛が水分を吸収しやすくなります。

髪そのものが水分を吸ってしまうため、タオルドライを十分に行っていてもドライヤーで髪を乾かす時間が長くなってしまいます。長時間ドライヤーの熱風を髪の毛に当て続けてしまうと、熱によるダメージが髪に蓄積してしまうため、その点にも注意が必要です。

髪が乾きやすくなるよう、ショートヘアにするなどの自分にできる工夫をしてみましょう。

お金がかかる

髪にブリーチをかけるということは、それだけでお金がかかります。何度もブリーチをかけ、カラーを施せばその分お金がかかるのはいうまでもありません。

また、ブリーチ後の傷んだ髪をケアすすためにも、専用シャンプーやコンディショナーなどを購入するにあたってお金がかかることも想定されます。

ブリーチを試すということは、ブリーチに使う費用だけを負担するのではなく、後々こまごまとしたお金がかかるということも知っておくべきです。

髪が傷んでしまう

ブリーチを髪にかけるということは、髪の中の色素などを抜き取ってしまう状態になります。あって当然のものを無理やり除去するとなると、髪にかかる負担は大きくなって当然です。髪が傷むことを覚悟してブリーチを施してもらいましょう。

また、一度ブリーチをかけて仕上がりが気に入らないからといって、短いスパンでカラーとブリーチを繰り返してしまうのはNG!髪にかかる負担が大きくなりすぎるため、さまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。

ブリーチをする上での注意点

ブリーチをかけるにあたり、注意すべき点は以下のようになります。ブリーチをかけるということは、今までの髪のメンテナンスでは髪のダメージ補修が追い付かない可能性があり、髪そのものも変化しやすいので注意してください。

黒染めのあとのブリーチは効果が薄い

黒染めした後に髪色を変えるためにブリーチをしても、黒色が抜けきれないことがあります。黒は濃い色なので、色を抜こうと思えば数回ブリーチをかけなければならないケースも少なくありません。

数回ブリーチを繰り返せば、どうしても髪にかかる負担が多くなってしまいます。黒染めした後にブリーチを考えているならば、評判がよく腕利きの美容師さんが在籍している美容院を選びましょう。髪へのダメージを考慮して、ケアブリーチを頼みましょう。

パーマや縮毛との相性が悪い

ブリーチを行う際、パーマや縮毛を同時にかけてしまうと、パーマや縮毛矯正の効果が出すぎてしまいます。髪が過剰に巻いてしまったり、髪がチリチリになってしまうこともあるため、同時に行うのはNG。

しかし、昨今は施術に使用する薬に含まれる成分の改善や美容師さんの技術向上に伴い、同時に行える美容院が増えてきました。

とはいっても、絶対に安全で想像した通りの仕上がりになるかといわれれば、そうなるかどうかは行ってみなければわからない部分があります。

髪が元の状態に戻るまで数年かかる

ブリーチをかけると、髪の毛先が枝毛になり、切れ毛が増えやすくなります。これは、ブリーチによって髪がダメージを負ってしまっているためです。そのほかにも、髪の毛がゴムっぽくなってしまいブラッシングなどで伸びてしまうこともありますよ。

髪にかかる負担が大きくなってくると、髪が溶けてしまい、長さが出にくくなることもあります。洗ったり乾かすたびに髪の毛がぷつぷつ切れてしまうことも多々あるマイナートラブルです。

髪の傷みを防ぐ!ブリーチをしたあとのケア方法

ブリーチをかけるということは、それだけでかなり髪に負担がかかります。ダメージを負った髪をさらに痛めつけてしまわないためにも、髪を労わるメンテナンス方法を知っておきましょう。自宅で試せるものなので、ぜひ実践してみてください。

髪を洗う前にくしでとく

髪の毛は、水に濡れると引っ付いて絡まりやすくなります。水の力でまとまった髪の毛は、睦ばっているかどうかを目で見て確認するのは困難。絡み合ったまま髪を洗うと、髪に負担をかけてしまい、切れ毛の原因につながります。

余分な負担をかけないためにも、髪を洗う前にくしでとかしておきましょう。くしでとくことによっ、ある程度の汚れを落とす効果にも期待が高まります。毛先が絡んでいるのを発見したら、優しく絡まっている箇所をほどきましょう。

予洗い後にシャンプーとリンスをする

髪の毛を予洗いすると、髪に付着している大きな汚れや皮脂などが落ちやすくなります。スタイリング剤も洗い流しやすくなるため、髪への負担がかなり軽減できますよ。

予洗い後は、シャンプーを使って皮脂やスタイリング剤をしっかりと洗い流します。ブリーチやカラーをした髪に使用するのは、カラー専用のものを選ぶのがおすすめです。成分にこだわったものを選ぶことで、髪の色落ち防止だけでなく傷んだ箇所のケアも行えますよ。

タオルドライ後にドライトリートメントなどでケア

髪を洗い終わったら、しっかりタオルドライを行います。髪が濡れたままの状態でいると、髪に負担をかけてしまうのでNG。

髪を絞っても水が滴らないようにタオルドライを行い、ミストタイプのドライトリートメントを湿布します。そのあと乳液タイプのトリートメントを使い、根元から毛先に向かってドライヤーをかけてケアします。

熱風の後に冷風をかけると、余熱が冷めてキューティクルが閉じたら艶やかな髪の完成です。

使用後のケアは重要!メリットやデメリットにも注目

ブリーチを使うと、理想としていた明るい髪色を現実にしやすくなります。しかし、メリットだけを得られるわけでじゃありません。デメリットにもしっかりと目を向け、ブリーチをした後のケアなども考慮して実施するかどうかを検討してみましょう。

100%きれいな髪色になるというわけではないという点も把握し、理想と違う仕上がりになった場合の対応策も考えておくと安心です。
TOP