ヘアオイルをスタイリングに使える?詳しいやり方を解説します

ヘアオイルをスタイリングに使える?詳しいやり方を解説します

髪のスタイルはきれいに決めたいけれど、あまり余分なスタイリング剤を使いすぎると落とすのも大変ですし、髪に負担もかかってしまいます。 ヘアオイルをスタイリングに使えることを知っていますか? 髪を保湿・補修してくれるヘアオイルでスタイリングもできたらうれしいですよね。 この記事では、ヘアオイルを使って、ヘアケアしながらスタイリングする方法についてご紹介します!
髪のスタイルはきれいに決めたいけれど、あまり余分なスタイリング剤を使いすぎると落とすのも大変ですし、髪に負担もかかってしまいます。

ヘアオイルをスタイリングに使えることを知っていますか?
髪を保湿・補修してくれるヘアオイルでスタイリングもできたらうれしいですよね。
この記事では、ヘアオイルを使って、ヘアケアしながらスタイリングする方法についてご紹介します!

ヘアオイルを使うメリット

まずは、ヘアオイルをあまり使ったことがない人のために「ヘアオイルって?」の疑問にお答えします。
ヘアオイルにはたくさんのメリットがあるんです♪

髪にツヤを与えてくれる

ヘアオイルを使ってすぐにわかる効果としては、ツヤが出ることが挙げられます。
配合されているオイルやシリコンの働きで髪表面が整えられ、キューティクルが保護されるためきれいなツヤが出るようになるんです♪

つけすぎるとベタっとしてしまうこともありますが、量を調整すれば大丈夫です。

うるおいを与え、傷んだ髪を補修してくれる

ヘアオイルには髪を補修する成分やうるおいを与える成分をたっぷり含んでいるものが多く、そのため傷んだ髪に直接アプローチしてくれます。

日常的にヘアオイルでお手入れすることで、トリートメントのような効果を発揮してくれるそうです。
そのため、傷んで開いたり欠けたりしてしまったキューティクルを整え、髪の栄養分が外に逃げるのも防いでくれます。

乾燥や摩擦・静電気・紫外線などの刺激から髪を守る

ヘアオイルをつけることで、ブラッシングの際などにおこる髪の摩擦が軽減されます。
また、乾燥はもちろんのこと、静電気や紫外線といったダメージのもととなる要素から髪を守ってくれるそうです。

静電気が発生するとアホ毛がぴょんぴょん出てしまい、セットが決まらない場合も。
そのため、外出前にスタイリング剤としてヘアオイルを使うのはおすすめであるといえます。

ヘアオイルをスタイリング剤として使う

ヘアオイルをスタイリング剤として使うための具体的な方法についてご説明します!

ヘアオイルをムースやワックスなどの代わりに使う

普段スタイリングに使っているワックスやムースなどの代わりに、ヘアオイルを使ってみてください。
ヘアオイルをスタイリングに使うことで、スタイリングとヘアケアの両方が叶うので、とくに髪の乾燥や傷みが気になる人にはおすすめの方法です。

ヘアオイルでのスタイリングの仕上がり

ふんわりとエアリーな仕上がりがほしい時にはオイルは向かないため、ムースやワックスがおすすめです。
オイルにはムースやワックスのように固める力はありませんが、髪にツヤをあたえてしっとりと仕上げることができます。

濡れ髪風のスタイリングにはオイルがぴったりです。
毛先を中心につけると動きにニュアンスと毛束感が出て、なおかつ傷みやすい毛先を日中ずっとケアしてくれるのでおすすめです。

ヘアオイルでスタイリングする手順

ヘアオイルでスタイリングをするときは、少量のヘアオイルを両手にとってのばし、毛先からつけていきます。
このとき、指の間にもオイルがいきわたるようにするとムラなくつけやすいそうです。

たくさんつけてしまうと重い仕上がりになったりベタついたりしてしまうので気をつけましょう。
髪にもみこんで、ふんわりと仕上げます。

一本でトリートメントも補修もスタイリングも!ヘアオイルを活用して美髪を手に入れよう

ヘアオイルでスタイリングをする方法について解説してきました。
ふだんの髪にプラスするだけでニュアンスやツヤをプラスすることができて、髪にもよい成分を補うことができるヘアオイルは、一本あると重宝します。

ぜひ試してみてくださいね☆
TOP