ドライヤーの使用でダメージヘアが悪化って本当なの?

ドライヤーの使用でダメージヘアが悪化って本当なの?

髪にツヤや潤いがないと、べちゃっとした雰囲気を与えてしまいますよね。 きれいに髪を洗っていてもかゆみやフケなどに悩まされる人もいるでしょう。 今回はダメージヘアとドライヤーの関係について紹介していきますね!
髪にツヤや潤いがないと、べちゃっとした雰囲気を与えてしまいますよね。きれいに髪を洗っていてもかゆみやフケなどに悩まされる人もいるでしょう。

今回はダメージヘアとドライヤーの関係について紹介していきますね!

正しい髪の乾かし方とは?

基本的に正しい髪の乾かし方をしないと、髪にダメージを与えてしまいます。髪のダメージはゆるやかですが、傷んだ髪が元に戻ることはありません。補修によって改善はできますが、本来の髪に戻ることはないと覚えておいてください。

タオルドライをする

髪がびっしょりと濡れた状態であれば、ドライヤーを使っても乾きが悪くなってしまいます。

そのため、優しくタオルドライをしてからドライヤーを使うようにしてください。

ゴシゴシと拭くのではなく、パッティングをするような感じで水気を取るんです。ゴシゴシしてしまうと、キューティクルが開いているので摩擦などでダメージを受けることが多いです。

あと、タオルも柔らかい素材にするのがベストですね。

頭皮を中心にかける

ドライヤーで髪を乾かす時、毛先から行う人もいますがそれはやめた方がいいです。毛先はブローをするとすぐに乾いてダメージを受けてしまいます。

そのため、ドライヤーの熱を当てすぎないようにしなければいけません。理想としては、頭皮を中心にかけるようにしてください。

しっかり乾かす必要はない!

ドライヤーを使っている人の中には意外と勘違いしている人もいますが「しっかり乾かす」はNGです。

しっかり乾かしてしまうと、髪に熱がこもってしまうんです(;´・ω・)

そのため、乾燥の原因になってしまうので気をつけましょう!

ドライヤーでダメージヘアになるのか?

ドライヤーを使うとダメージヘアになるという考えの人もいますよね。確かに過剰な使い方をすれば髪を傷めるだけになってしまいます。

ドライヤーを原因で髪にダメージを与えていたのだとしたら、使い方が間違っていると考えましょう!

使い方次第でダメージを与える

先述したように正しい使い方をしないとダメージヘアを悪化させてしまいます。

タオルドライをしていない人、頭皮に近づけすぎる人などが多いので髪だけではなく頭皮も痛めてしまうのです。

ドライヤーを使う前に、自分のやり方が本当に正しいのかをチェックするようにしましょう。

ツヤと潤いを心掛ける

ダメージヘアの補修にはコンディショナーなど、髪にツヤや潤いを与えてくれるものを使いましょう。ヘアオイルなどを併用すると、余計にきれいな髪を取り戻せるかもしれませんね。

ただ、ヘアオイルを使いすぎるとべっちょりとしてしまうので気をつけてください(;´・ω・)

私は使いすぎたことがあって、まるで髪を洗っていないようなべっちょり具合になってしまいました……。

性能の良いドライヤーを検討する

古いドライヤーを使っている人は、熱が強すぎることがあります。

古いから良くないというわけじゃないんですけど、新しい方が髪にダメージが残りにくい仕様となっているものもあるのです。

髪へのダメージを考えるなら、ドライヤーの性能もアップさせた方がいいかもしれませんね。性能が高いとちょっとしたことではダメージが残らない可能性があるからです。

ドライヤーの使い方次第でダメージヘアを悪化させるので気を付けよう!

ダメージヘアに関して悩んでいる人は、ドライヤーの使い方次第だと考えましょう!

使い方次第で補修効果もあれば、余計に悪化させる可能性もあります。最初からパーフェクトにはできなくても、どうすればダメージヘアを悪化させるのかなどくらいは覚えておいてもいいかもしれません!

まずは、正しい髪の乾かし方からマスターしてみてはいかがでしょうか?私も乾かし方をマスターしたことで、髪のダメージを減らせたような気がします。
TOP
無題ドキュメント