襟足の悩みを持つ人必見!縮毛矯正で理想のヘアスタイルに!

襟足の悩みを持つ人必見!縮毛矯正で理想のヘアスタイルに!

くせ毛に悩む人の中でも、意外と多いのが「襟足のみのくせ毛」です。 襟足にくせ毛がある人は決して少なくなく、対処に困っている人が多いです。 そんな時におすすめされているものが「縮毛矯正」です。 襟足のくせ毛に縮毛矯正が良い理由などにスポットを当ててみました。
くせ毛に悩む人の中でも、意外と多いのが「襟足のみのくせ毛」です。
襟足にくせ毛がある人は決して少なくなく、対処に困っている人が多いです。

そんな時におすすめされているものが「縮毛矯正」です。
襟足のくせ毛に縮毛矯正が良い理由などにスポットを当ててみました。

襟足だけの縮毛矯正もアリ?

縮毛矯正と聞くと、前髪や全体をイメージする人も多いでしょう。襟足だけの縮毛矯正に思い至る人葉少ないのです。

こちらでは、襟足だけの縮毛矯正もアリなのかを紹介します。

気になる部分だけの縮毛矯正をする人が多い

縮毛矯正についてですが、全体する人も多いですが部分的にしてもらう人も少なくありません。
前髪だけの縮毛矯正というものも聞いたことがあるのではないでしょうか。

基本的に縮毛矯正は「この部位はNG」というものはないので、自分の気になる部分をしてもらえます。

襟足だけの縮毛矯正をする人も多い

襟足のくせ毛などはアップにした時の収まりの悪さ、スタイリングが上手くいかないなどさまざまな悩みの原因になっています。

そんな時こそ、襟足だけの縮毛矯正がおすすめです。襟足だけなら全体の縮毛矯正よりも時間を抑えられるので、時間に都合がつけにくい人でも比較的気軽に行えます。

襟足だけの縮毛矯正で自然なカールになる

襟足だけを縮毛矯正しても意味があるのか、と考えてしまう人もいるでしょう。
ヘアスタイルで襟足がハネていると上手くまとまらないように、意外と襟足がスタイリングの成功と失敗の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

ストレートパーマより縮毛矯正がいい?


襟足が気になる人に、美容師によってはストレートパーマをおすすめする場合もあります。ただ、気になる部分が襟足のみであれば、ストレートパーマよりも縮毛矯正の方がおすすめです。

なぜ、縮毛矯正の方がおすすめされているのかを見ていきましょう。

縮毛矯正の方が長持ちする

ストレートパーマよりも縮毛矯正の方が長持ちすると言われています。髪質などにもよりますが、目安としてストレートパーマは3週間前後の持ちと言われています。

それに対して縮毛矯正はミディアムヘアの場合は3ヶ月から4ヶ月、ロングヘアの場合でも6ヶ月ほど持つと言われているのです。つまり、襟足を整えるための頻度が大きく変わってきます。

金銭的な負担を抑えられる

先述したようにストレートパーマと縮毛矯正では長持ち度が大きく変わってくるのです。そのため、美容院に通う費用を抑えられるのもメリットのひとつでしょう。

ただ、目安はあくまでも「目安」であり、全員が同じではありません。髪質や量によっては若干の変動はありますが、ストレートパーマより早く取れてしまうことはないと考えられます。

部分だけなので時間もかからない

縮毛矯正は時間がかかりますが、襟足だけの部分矯正であれば比較的時間を短縮できます。ただ、美容院のやり方などによっても時間が変動するので事前に問い合わせておくようにしましょう。

縮毛矯正のデメリットで時間がかかることがありますが、襟足のみならばある程度時間短縮が可能なので、普段は縮毛矯正の時間が取れない人でも気軽に行えます。

襟足が気になる人は縮毛矯正を検討しよう


襟足だけが気になる人は、意外と多いです。悩みをそのままにしておくのではなく、縮毛矯正で悩み改善をしてみましょう。美容院によって値段などは変わってくるので、いろいろな美容院を比較して決めてください

キャンペーンなどを積極的に行っている美容院もあるので、そういったところを利用することで更に費用を抑えることができます。
襟足をしっかり縮毛矯正して、満足できるヘアスタイルが出来るようにしましょう。

TOP