縮毛矯正はなぜ時間がかかるの?その理由を理解しよう

縮毛矯正はなぜ時間がかかるの?その理由を理解しよう

ツヤツヤのさらさらヘアにしたいからと縮毛矯正を考える人は多いのでは?縮毛矯正は美容院で行う施術で、きついくせ毛の人でもまっすぐな髪になります。しかし、難点はものすごく時間がかかるってこと。縮毛矯正は平均して3~4時間かかると言われていて、施術が終わったらぐったりと疲れてしまうこともしばしば。あれ、何とか短くできないのかなぁ?いや、あまりにも短い時間で縮毛矯正をやってしまう美容室は信用できないかも。

縮毛矯正は時間がかかる!

ツヤツヤのさらさらヘアにしたいからと縮毛矯正を考える人は多いのでは?

縮毛矯正は美容院で行う施術で、きついくせ毛の人でもまっすぐな髪になります。しかし、難点はものすごく時間がかかるってこと。

縮毛矯正は平均して3~4時間かかると言われていて、施術が終わったらぐったりと疲れてしまうこともしばしば。あれ、何とか短くできないのかなぁ?

いや、あまりにも短い時間で縮毛矯正をやってしまう美容室は信用できないかも。

とにかく縮毛矯正は平均3~4時間、髪のクセや髪質、髪の量によってもかかる時間が変わります。これをする時は、時間に余裕がある時がオススメ。

ここでは、縮毛矯正に時間がかかる理由やかける間隔、ストレートパーマとはどう違うのか、などをご紹介しているので、縮毛矯正を受ける際に参考にしてみてくださいね。

時間がかかるのは美容師さんが下手なの?

縮毛矯正に時間がかかる理由の一つとして、美容師さんの技術力が挙げられます。縮毛矯正はカラーリングやパーマと違い、工程の数がとても多いんですね。

カラーリングならカラー剤塗布→放置→シャンプー→ドライ→完了ですが、
縮毛矯正は1剤塗布→放置→シャンプー→ドライ→アイロン→2剤塗布→放置→仕上げドライ→完了となり、かなり時間がかかることがわかりますよね。これだけの工程があるのだから、

時間がかかって当然。

美容師さんの技術力も

それもわかるのですが、実は美容師さんの技術力も大いに関係しているんですよね。

もちろん、縮毛矯正自体の工程を勝手に省略することはできませんが、どの工程にもあるムダなことを省くだけでも時間の短縮は可能。

担当する美容師さんがあまり縮毛矯正に慣れていなかったり、段取りが悪い、ムダなことをしているといった場合は、かかる時間が大きく増えることに・・・。

客それぞれの髪質、髪の状態によって突発的なことが起こることもしばしば。それにうまく対応できる美容師さんなら安心。あまりにも時間がかかり過ぎる場合は、美容師さんがあまり慣れていないのか、技術力がないのかということが考えられるかも。

縮毛矯正が下手だという美容師さんがもしかしたらいるのかもしれません。しかし、もしそんなことなら、しっかりベテランの人も付いて手伝ってくれるはずなので、過剰に心配する必要はないですよ。

縮毛矯正はどれくらいの間隔でかけるもの?

via pixta.jp
縮毛矯正は、一度かけたらずっとそのままというわけではなく、定期的にかけないとツヤツヤのサラサラヘアはキープできません。平均では4か月に一度くらいのペースが多いよう。

髪質や髪の量によっても変わってくるのでそのあたりは美容師さんと相談しながら決めると良いですよ。髪のクセが強い人なら2~3か月間隔、それほどクセが強くない人なら半年くらいの間隔になるでしょうか。

そして髪の長さが短い場合は少し早めに、長い場合は4~6か月くらいに一度が目安。

髪質によってひとそれぞれ

きれいな状態を長くキープしたいわ、というなら髪のクセが気になってきたから縮毛矯正に行くのではなく、「4か月間隔でかける!」というように、ペースを決めてかけるようにするとずっときれいな髪の状態がキープできますよ。

梅雨時になると髪が広がってしまって収拾がつかなくなるため、その頃だけ縮毛矯正したいという人もいて、そんな人の場合は一年に一度の間隔で十分です。

髪質や髪の量によっても全然違うので、自身の髪質を知り、どのくらいのペースでかければ良いかを判断するようにしましょう。悩んだら美容師さんに相談してみるのもオススメ。

縮毛矯正とストレートパーマの違いは?

縮毛矯正のことを、ストレートパーマと言っている人は結構いますよね。

だから同じものかと思いがちですが、縮毛矯正とストレートパーマは違います。縮毛矯正は、縮れた髪やクセが強い髪を伸ばして直毛にしてしまうもの。ストレートパーマは、パーマで人工的に作ったウエーブを落としてストレートヘアにするもので、くせ毛を直毛にすることはできません。

縮毛矯正はどんな頑固なクセ毛もストレートにでき、一度ストレートに修正したものは半永久的にその状態が保たれちゃうんですよ。

まとめ

がっちりストレートヘアにしたい!なら縮毛矯正、一度パーマをかけたけどストレートに戻したいわ、ごく自然なストレートヘアにしたいわ、というならストレートパーマというように分類されているんですね。

髪に与えるダメージは、縮毛矯正の方がアイロンで熱を加えるので大きくなります。料金も違いがあり、縮毛矯正は15,000円~20,000円、東京では20,000円~25,000円くらいかかるところもあるそう。

一方ストレートパーマは10,000円~15,000円(カット込)と、ちょっとリーズナブルですね。自分は髪をどうしたいかを考え、その上でどちらの施術にするかを決めるようにすると後悔することはないでしょう。
TOP