なぜ白髪染めでかぶれる?おすすめの低刺激な白髪染めと選ぶポイントを紹介

なぜ白髪染めでかぶれる?おすすめの低刺激な白髪染めと選ぶポイントを紹介

家庭でも簡単に髪が染められる白髪染め。手軽に使えて便利なのですが、白髪染めのあとに頭皮がかぶれたり痒くなる人も少なくありません。 白髪染めによるかぶれは、その原因を知って正しい選び方を覚えたり、低刺激の白髪染めを選んだりすることで回避しやすくなります。今回は、白髪染めでかぶれる原因とその対処法、おすすめの低刺激な白髪染め・注意点についてくわしく解説しましょう。
家庭でも簡単に髪が染められる白髪染め。手軽に使えて便利なのですが、白髪染めのあとに頭皮がかぶれたり痒くなる人も少なくありません。

白髪染めによるかぶれは、その原因を知って正しい選び方を覚えたり、低刺激の白髪染めを選んだりすることで回避しやすくなります。今回は、白髪染めでかぶれる原因とその対処法、おすすめの低刺激な白髪染め・注意点についてくわしく解説しましょう。

白髪染めでかぶれる3つの原因

白髪染めで頭皮がかぶれたとき、かゆみが気になってバリバリ掻いてしまったり、ピリピリとした痛みを感じることってありますよね。中には頭皮が腫れ上がってしまい、白髪染めができなくなる人も少なくありません。

白髪染めでかぶれてしまう人には、主に3つの原因が考えられます。ここでは、白髪染めでかぶれる原因についてくわしくご紹介しましょう。

アレルギー反応が出やすい成分が入っている

白髪染めのかぶれは、大きく分けてアレルギー性と刺激性の2つがあるのですが、白髪染めにもジアミンという成分が入っており、これが頭皮かぶれを引き起こすと考えられています。

ジアミン自体はヘアカラーを含めた白髪染めによく含まれているのですが、アレルギー体質でない人も突然ジアミンに反応することがあり、無理に使い続けると症状が悪化することも少なくありません。これを避けるためには、ジアミンの入っていない白髪染めを選ぶことが大切です。

刺激性によるかぶれ

皮膚が敏感な人や頭皮に傷がある人に出やすいのが、刺激性によるかぶれです。白髪染めの成分自体には問題がなくても、弱い皮膚には白髪染めが強すぎるため、頭皮に付くことで痛みやかゆみといった皮膚炎を起こしやすくなります。

一度症状が出てしまうと、完全に治るまで白髪染めができなかったり、それが引き金となってアレルギーが出てしまう可能性があるので要注意。白髪染めをするときは、頭皮の状態もよく確認するようにしてください。

アレルギー反応が出やすい体質をしている

もともと何かしらのアレルギー持ちだったり、体質的に皮膚が弱かったりする人は白髪染めでかぶれてしまう傾向があります。例えば植物由来の白髪染めを使用したとき、一般的には肌に優しいと認識されていても、植物アレルギーがある人だとかぶれてしまうのです。

どんなアレルギーがあるかは人それぞれなので、これを防ぐためには事前によく確認するしかありません。何かしらのアレルギーがある人は、事前にパッチテストを行うこととおすすめします。

かぶれにくい白髪染めを選ぶ際のポイント

白髪染めは便利ですが、かぶれてしまうも日常的に使うのは難しくなってしまいますよね。できれば気になったときにすぐ染めたくても、かぶれることを考えるとつい億劫になってしまいます。

白髪染めでかぶれやすい人は、低刺激でかぶれにくい白髪染めを選ぶことが大切です。どのようなことに気をつければ良いのか、実際に選ぶときのポイントをご紹介しましょう。

成分表を確認してから購入する

かぶれにくい白髪染めを選ぶときは、必ず成分表を確認してから購入してください。白髪染のパッケージには必ず成分表が記載されており、細かく見ていくとジアミンなどのアレルギーが出やすい成分も事前に確認できます。

ジアミン以外にも、何かしらのアレルギーがある人は成分表チェックが欠かせません。アレルギー成分が含まれてなければかぶれる確率は格段に下がりますので、必ず確認するようにしましょう。

カラートリートメントを選ぶ

白髪染めでかぶれやすい人は、カラートリートメントを選ぶのも良い方法です。カラートリートメントは、頭皮や髪にやさしい成分で作られているので、ジアミン系のアレルギーがある人にはおすすめです。

ただし、カラートリートメントには植物由来のものも多く、植物アレルギーがある人には向いていないこともあります。自分のアレルギーとカラートリートメントの成分を照らし合わせ、体質にあった商品を選ぶようにしましょう。

ヘアマニキュアを選ぶ

ヘアマニキュアは、髪の表面をコーティングするように染める染め剤です。根元までがっつりと染めるわけではないので、染料が肌につきにくくかぶれる心配がありません。

ただし、ヘアマニキュアは酸性の成分が入っているので、頭皮に傷があったり荒れてしたりすると、そこからかぶれる可能性もあります。ヘアマニキュアを選ぶ場合は、自分の体質や現在の頭皮の状態をよく確認してから購入してください。

ヘナで染める

ヘナとは、インドや中近東でよく使用されている天然素材の染め剤です。ミソハギ科のシコウカと呼ばれる植物から作られており、肌があれにくい植物由来の染め剤として日本でも人気があります。

化学物質に弱い人には安心できる白髪染めですが、植物アレルギーがある人はヘナも気をつけなければなりません。またヘナは色が落ちやすいというデメリットもありますので、購入前には使用頻度やアレルギー成分の確認を忘れないようにしましょう。

ヘアマスカラで染める

ヘアマスカラは、気になる白髪を一時的に染められるタイプの白髪染めです。マスカラという名の通り、蓋と一体化した小さなブラシで白髪染めをするので、時間をかけたり髪の根元から染めたりする必要はありません。

ただし、ヘアマスカラはメイクする感覚で白髪を染めるだけなので、その場限りでシャンプーをすればすぐに落ちてしまいます。さらに、汗をかくと染料が落ちることもありますので、使用方法や使い勝手もよく吟味してから選ぶようにしましょう。

おすすめの低刺激白髪染め7選

白髪染めでかぶれる原因や選び方がわかっていても、いざ購入しようと思うとどれがいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

たくさんの中から選ぶのは大変ですが、目安となる商品を知っていると選びやすくなりますよね。そこでここでは、オススメの低刺激白髪染め7選をご紹介しますので、迷ったときの参考にして見ましょう。

サロンドプロ ヘアマニキュアスピーディ

サロンドプロのヘアマニキュアスピーディは、髪にやさしい成分がたっぷり入った白髪染めです。髪の表面をコーティングするように染めるので、一般的なヘアカラーのような髪への負担がありません。

放置時間が5分と短く、ジアミン系の成分が入っていないのもうれしいポイント。クリームタイプで塗りやすく、自宅でも簡単に白髪染めができます。椿オイルとパールエキスも配合され、染めるごとに美しい髪を手に入れられることでしょう。

シエロ オイルインヘアマニキュア

シエロのオイルインヘアマニキュアは、ジアミン系が使えなかったり髪や頭皮へのダメージがきになる人におすすめです。アルガンオイル・オリーブオイル・ミネラルオイルが入っている、染めた後の髪もツヤツヤに仕上がります。

ヘアマニキュアだと染まる期間も気になりますが、オイルインヘアマニキュアは色持ちが約1ヶ月。一度でしっかり染まるので、頻繁に染める必要がありません。髪にやさしく長く保たせたい人は、ぜひ一度お試しください。

フラガール カラートリートメント

フラガールカラートリートメントは、髪をトリートメントしながら染めるタイプの染め剤です。お風呂に入る前にトリートメントして、放置した後シャンプー・リンスで仕上げればOK。お風呂ひと手間加えるだけだから、すぐに試せるのがうれしいですね。

マカダミアナッツオイルやココヤシ果実エキスも配合されており、保湿力が高まるだけでなく頭皮環境まで整えてくれます。シリコンフリーで肌に弱い人にもおすすめのカラートリートメントです。

マイナチュレ オールインワン カラートリートメント

白髪染めだけではなく、髪から頭皮まで全体的に整えたいという人におすすめなのが、マイナチュレオールインワンカラートリートメントです。植物由来の原料を約94%使用しており、頭皮・髪へのケアは抜群。

アレルギーや敏感肌まで考慮したトリートメントは使い勝手も良く、使用するにつれ髪や頭皮が生まれ変わったような感覚になることでしょう。体への思いやりが詰まったカラートリートメント、年齢による髪の衰えが気になる人はぜひ検討してみてください。

ナイアード ヘナ+木藍

ナイアードのヘナ+木藍​​は、ヘナに木藍(もくらん)という植物を合わせて作られた白髪染めです。木藍は黒茶系に染まる植物由来の染料で、落ち着いた色に染めたい人にはぴったり。ヘナの明るい染め上がりがグッと落ち着き、上品な色合いが楽しめます。

配合されている成分はすべて天然由来なので、一般的な白髪染めが苦手な人も安心。自然のやさしさがぎゅっと詰まったこちらの商品、低刺激の自然派トリートメントを求めている人におすすめです。

ブローネ ヘアマスカラ

ブローネヘアマスカラは、ピンポイントで白髪をすぐに隠したいという人にぴったりの白髪染めです。使い方は簡単で、まつげ用のマスカラのようにブラシでさっと撫でるだけ。生え際や数本の目立つ白髪程度なら、外出先でも簡単に染められます。

まとまった白髪なら全体的に染められますが、少ししかない白髪だとちょっと迷ってしまいますよね。「生え際の根元だけ隠したい」「ひとまず数本だけ染められればいい」という人は、ヘアマスカラを試して見ましょう。

プリオール ヘアファンデーション

プリオールヘアファンデーションは、一時的に狭い範囲を染めたい人におすすめです。マットなヘアファンデーションをハケ櫛で塗るのですが、しっかり髪に吸い付き色むらもほとんどありません。

コンパクトタイプなので、お出かけ用の小さなバックに1つ入れておけば、出先でもすぐケアできて便利ですね。「一部分だけすぐ染めたい」「使い勝手の良い白髪染めが欲しい」という人は、プリオールヘアファンデーションを試してみましょう。

低刺激の白髪染めを使用する際の注意点

低刺激の白髪染めは、一般的なヘアカラーに比べると構成成分がやさしい反面、使用前や使用中に気をつけなければならないことがあります。具体的にどのようなことを考慮するべきなのか、低刺激の白髪染めの使用に関する注意点をご紹介しましょう。

事前にパッチテストを行う

白髪染めを使うときにアレルギーが心配という人は、事前にパッチテストを行ってみましょう。あらかじめパッチテストで反応がわかれば、白髪染めをしてかぶれたり頭皮が腫れたりする心配がありません。

基本的にパッチテストで問題なければ使用しても良いですが、それでも心配な場合はかかりつけの医師に相談し、よく確認してから使用するようにしましょう。

頭皮につけ過ぎないようにする

白髪染をするときは、頭皮につけすぎないよう気をつけながら行いましょう。しっかり染めようと思ってつけすぎてしまうと、返って頭皮が痛んだりかぶれたりすることもあります。

ほとんどの白髪染めには使用方法が記載されていますので、正しい染め方をすれば問題はありません。白髪染めにも適量がありますので、用法・容量を守って染めるようにしてください。

白髪染めの回数を適度に抑える

白髪染めで頭皮のかぶれが気になる人は、回数を適度に抑えて染めるようにしましょう。低刺激の白髪染めであっても、染める間隔が短く回数が増えると、その分頭皮に負担がかかってしまいます。

染める間隔が短いと、頭皮が回復するのも遅くなってしまいますよね。白髪染めは頭皮のコンディションまで考えて、万全の体制で行うようにしてください。

低刺激の白髪染めは成分を確認して慎重に選ぼう

低刺激の白髪染めは、基本的に頭皮にやさしくかゆみやかぶれの心配がありません。しかし、どんな成分が反応するのかは人それぞれなので、低刺激でもよく確認しないと思わぬトラブルになることがあります。

一番良いのは、事前に成分表をよく確認して購入したり、パッチテストを行ったりして準備をすることです。自分の体質を見極めて、体に負担がかからない白髪染めを選んでみましょう。
TOP