縮毛矯正にかかる目安時間や時短縮毛がおすすめされないワケとは?

縮毛矯正にかかる目安時間や時短縮毛がおすすめされないワケとは?

頑固なくせ毛に悩む人は縮毛矯正を検討する人も多いはずです。 しかし、インターネットなどで調べてみると「髪がボロボロになった」など不安を煽るような言葉も多くあります。 こちらでは髪にダメージを与えない縮毛矯正の時間について調べてみました。
頑固なくせ毛に悩む人は縮毛矯正を検討する人も多いはずです。しかし、インターネットなどで調べてみると「髪がボロボロになった」など不安を煽るような言葉も多くあります。
こちらでは髪にダメージを与えない縮毛矯正の時間について調べてみました。

縮毛矯正は時間が短いほどいいのか?


縮毛矯正について調べてみると、時間が短いほど髪にダメージが残らないというものもありました。確かに時間を短くすれば、髪にかかる負担も少なくなるのではないかと考えるものです。果たして時短縮毛は本当に髪にダメージを与えないのかを見ていきましょう。

短ければいいというものではない

結論から言えば、短ければいいというものではありません。髪質や長さなどは人によって異なるため、適切な時間というものが分からないのです。美容室に行って、スタッフに髪質などを見てもらうことでその人に合った時間が見えてきます。

しっかりとしたカウンセリングが必要

髪はデリケートなもので、人によって悪影響がすぐに出てしまう場合もあります。他の人では大丈夫なものでも、人によっては髪に大きなダメージを与えてしまうこともあるのです。

そのため、美容室でしっかりとカウンセリングをしてもらう必要があります。カウンセリングによって時間や使用する薬剤などが変わってくるのです。

時間が短すぎるとボロボロになることもある

確かに髪へのダメージを少なくするために「時間短縮」は有効です。

しかし、短縮によって上手く縮毛されないこともあれば、強い薬剤を使わないといけない場合もあるので結果として余計に髪にダメージを与えてしまうことがあるのです。そのため、時間短縮にばかりこだわっていると余計に髪をボロボロにしてしまう可能性があることも覚えておきましょう。

縮毛矯正の適度な時間について


縮毛矯正ではどのくらいの時間を目安にすればいいのか、と悩む人もいるでしょう。縮毛矯正をしたくても目安時間が分からないと予定を立てられない人もいます。人によって目安時間は変わってきますが、ある程度の目安について見ていきましょう。

3時間が目安

髪質や量などにもよりますが、大体3時間を目安にしておきましょう。
これはカットやシャンプーも含めた時間なので、縮毛矯正だけの時間ではありません。美容室によって、ある程度の時間が変わってくるので心配な人は問い合わせてみることも考えておきましょう。

縮毛矯正は美容室の考え方によって、目安時間が変わってくるものなのです。

ダメージを残さないために適度な時間が必要

縮毛矯正に時間がかかる理由として、髪にダメージを残さないためです。

必要以上に時間短縮をしてしまうと強い薬剤を使い、結果として髪や頭皮にダメージを残してしまうことになりかねません。いくら短い時間で縮毛矯正が終わったとしても、その後に悪影響が出てしまうと意味がありません。

人によって適切な時間が変わってくる

髪質や量は人によって異なってくるものです。基本的に縮毛矯正は髪質や量で時間も変わってきます。

そのため、ある程度の目安時間はあっても人によって適切な時間は変わってくるのです。目安時間よりも早く終わる人もいれば、やや時間がかかる人もいます。そのことを覚えておくようにしましょう。

自分の髪質に合わせた縮毛矯正をしよう


美容室によって縮毛矯正のやり方が異なってきます。やり方というより、使用する薬剤と言った方が正しいかもしれません。

使用する薬剤が強ければ強いほど時短縮毛が可能となりますが、ダメージリスクが高くなります。よほど急いでいない時は、時短縮毛にこだわらずにしっかりとカウンセリング後に提示された時間で縮毛矯正をするようにしましょう。

TOP