ティントバーの使い方やこだわりについて

ティントバーの使い方やこだわりについて

鮮やかな発色が特徴的なティントバーは、さまざまな美容室などでも活躍しています。 今回はティントバーのこだわりや使い方について見ていきましょう(`・ω・´) 普段とは違うカラーにしたい人は、ぜひティントバーを検討してみてください!

ティントバーのこだわりとは?

こちらでは、ティントバーのこだわりについて見ていきましょう。
ティントバーにはどんなこだわりがあるのかを知ることで、前向きに検討できるかもしれませんよ!

髪の内側からクリアな発色

水分の割合を大きくして油分を大幅に減らした処方を取っています。
油分は仕上がりのなめらかさなどはあるのですが、酸化染料やアルカリ剤の浸透を妨げてしまうのです。

つまり、油分が多ければ多いほど染料の浸透率が悪くなっていくと考えてください。
ティントバーは油分を大幅に減らしていることもあり、髪の内側からクリアな発色を実現させてくれます。

染料の浸透性を高める

先述したように、染料の浸透性を高める処方がされています。
毛髪内部への浸透力が高い成分を配合していることもあり、染料を定着させるのです。
バランスよく定着することから、ムラのない均一な発色に導いてくれます

鮮やかな色に見せる

鮮やかな色に見せる成分を配合しているため、光の乱反射などを防いでツヤのある髪に見せてくれます。

ヘアカラーなどはごわつきなどによって、鮮やかな色でも暗く見えてしまうこともあります。
ティントバーはそういったことがなく、色本来が持つ鮮やかさをしっかりと髪に定着させてくれます!

ティントバーの使い方とは?

こちらでは、ティントバーの使い方について見ていきましょう。
適切な使用頻度などもあるので、これからティントバーを検討している人は注意してくださいね!

使用頻度は?

使用頻度は1週間に2回から3回で十分です。
あまり使用頻度を高めてしまうと、色味が落ちて暗くなりやすくなってしまいます。
一定の明るさを保つためには、過剰な使用頻度を抑える必要があるのです。

薬と同じです。
薬だからと言って一気に飲んだりしませんよね?
1日の服用量を守らないと逆効果になってしまいます。
ティントバーも同じものだと思っておきましょう!

色味が気になるかもしれませんが、しっかり使用頻度を守って一定の髪色を保ってくださいね。

使い方はカラートリートメントと同じ?

ティントバーだからと言って、使い方に変わりがあるわけではありません。
普通のカラートリートメントなどと同じように使えば問題ないのです。

ティントバーと一般的なカラートリートメントの違いは、成分であって「使い方」ではありません。
先述したように過剰な使用頻度にならなければいいと覚えておいてくださいね。

色味が落ちやすい

ティントバーのデメリットと言えば、色味が落ちやすいというものがあります。
美容師によって所説があるようですが、髪の毛の内部に留まる力は少ないのではないかと考えられています。

そのため、一定を保つためには複数回サロンに通う、もしくは自分でティントバーを使うということになります。
使用頻度が1週間に2回から3回と言われていることも、色味が落ちやすいからなのかもしれませんね。

ティントバーの正しい使い方を覚えて上手く活用しよう!

ティントバーはこれまで染めても髪が暗いままだった人にとって、画期的なものになっています。
そのため、実際にティントバーを使ってみたら、思った以上に明るすぎてしまったというケースもあるようです。

自分で使うのもいいですが、初めての場合は美容室に行った方がいいかもしれませんね。
美容師であれば、明るすぎず理想の色に近づけてくれるはずです。
TOP
無題ドキュメント