ヘアアイロンを使っても大丈夫!髪が傷まない方法を教えます

ヘアアイロンを使っても大丈夫!髪が傷まない方法を教えます

ヘアアイロンは便利だけど、数回使っただけでも髪がパサついたり、枝毛が気になりだしたりしてしまうという経験がある人も少なくないと思います。 せっかくきれいにスタイリングしても、髪を傷めてしまうのは嫌ですよね。 ヘアアイロンで髪を傷めないためにはコツがあるんです!
ヘアアイロンは便利だけど、数回使っただけでも髪がパサついたり、枝毛が気になりだしたりしてしまうという経験がある人も少なくないと思います。

せっかくきれいにスタイリングしても、髪を傷めてしまうのは嫌ですよね。
ヘアアイロンで髪を傷めないためにはコツがあるんです!

ヘアアイロンを使って髪が傷んでしまう理由

まずは、ヘアアイロンを使った際に髪が傷んでしまう原因について解説します。
ヘアアイロンで髪が傷む原因には、主に二つあるそうです。

理由1.髪の乾燥と摩擦

ひとつは、ヘアアイロンで髪に熱を与えることによって髪内部の水分が失われ、髪に摩擦が生まれてしまうことです。

そもそもヘアアイロンは、髪を巻いて熱を加えることによって髪内部の水分を飛ばして形を作る仕組みになっています。
そのため、もともと髪内部の水分量が少ない人や髪の毛が細い人は、水分が蒸発することで乾燥を招いてしまいます。

乾燥した髪に摩擦が加わることによって髪へのダメージとなってしまうということが考えられます。

理由2.熱によってタンパク質が変性してしまうため

もう一つは、熱によるタンパク変性です。
卵を熱すると、透明だった白身が白くかたまりますよね。

同じように、人体に含まれるたんぱく質も一定以上の熱によって変性してしまうことがあります。
タンパク質変性によって固まり、穴があいてしまったりすることで髪の栄養が流れ出てしまいやすい弱い髪になってしまうそうです。

ヘアアイロンで髪を傷めないためのコツ

これらの状態を防ぐためにおさえておきたいポイントがいくつかありますので、ご説明します。

1. 温度設定に気をつける

まずは、温度設定に気をつけることが大切です。
一般的に、適度な温度設定は150℃からといわれています。

髪の毛が太くて硬い人は様子を見ながら180℃くらいまでの間でちょうどよい温度を探すとよいでしょう。
逆に髪の毛が細くて柔らかい人は150℃を上限にして、ちょうどいいところまで下げながら様子を見るようにしましょう。

2. 乾いた髪に使う

また、ヘアアイロンは髪内部の水分をとばすことで形を作るものです。
濡れた髪に使うと髪内部の水分にたどり着くまで長時間アイロンを当てておかなければならないことになります。

くせづけには水分、とおもいがちですが、熱で髪をスタイリングするときにはしっかりと乾いた状態の髪でおこなうようにしましょう。

3.時間をかけすぎない

髪が傷むからといって極端に低温で巻くのはおすすめしません。
しっかりと巻けないことが多いですし、巻くまでに時間がかかってしまっては、それも髪を傷めるげんいんとなってしまいます。

ヘアアイロンは適切な温度設定で、手早く巻くのが正解です。

4.スタイリング剤はヘアアイロン専用のものを

ヘアアイロン専用のスタイリング剤にはヒートプロテクト成分も配合していることが多く、髪を熱から守りつつ形をキープしてくれる特徴があります。
髪を傷めないためには、ヘアアイロン用のスタイリング剤をつかうのがとってもおすすめです。

そのほか、ヘアオイルなど髪内部の水分や油分を補って普段からケアしておくことも、ヘアアイロンで髪を傷めないためには有効であるといえるかもしれません。
スタイリングしながら傷みのケアもできるものも出ていますので、そういうものを使うようにするとよいでしょう。

正しく使って、髪を傷めずにいろいろなヘアスタイルを楽しもう

ヘアアイロンで髪を傷めないためのポイントについてわかっていただけたと思います。
ヘアアイロンは正しく使えばさまざまな楽しみができる便利な道具です。
髪を傷めないためのポイントをおさえて、髪を守りながら使うようにしましょう☆
TOP
無題ドキュメント