切れ毛の原因は何?ヘアケアを徹底して切れ毛を予防しよう

切れ毛の原因は何?ヘアケアを徹底して切れ毛を予防しよう

切れ毛は日々の髪の毛の小さなダメージによってできてしまいます。 どのようなダメージで切れ毛ができてしまうのか、またどうすれば予防できるのかを調べてみました! 切れ毛の原因とケアの方法を知って毛先までまとまる美しい髪を手に入れましょう。

切れ毛の原因は何?ヘアケアを徹底して切れ毛を予防しよう

切れ毛は日々の髪の毛の小さなダメージによってできてしまいます。
どのようなダメージで切れ毛ができてしまうのか、またどうすれば予防できるのかを調べてみました!
切れ毛の原因とケアの方法を知って毛先までまとまる美しい髪を手に入れましょう。

切れ毛はなぜできるの?

切れ毛とは、髪の毛が途中でプツリと切れてしまっている状態のことを指します。
健康に育ってない髪の毛が、その組織の元々の状態を保てなくなっているという状態です。
切れ毛の原因にはストレスや乾燥などさまざまな要因があります。
その要因を知って、できるだけ予防できるようにしたいですね。

生活習慣

髪の毛の直接的なダメージだけではなく、生活習慣の乱れによる栄養不足なども切れ毛の原因になります。
必要な栄養素が不足したり血行不良になったりすると、健康な髪が作れずに途中で切れてしまうのです。
また、頭皮にしっかり栄養を届けられないことによって切れ毛が発生したり、成長ホルモンの分泌が低下したりして切れ毛になってしまうこともあるようです。

髪のダメージ

パーマやカラーの繰り返しなど、髪の毛にダイレクトにダメージを与える施術も切れ毛の原因になります。
薬剤だけでなく、アイロンやコテといった高温の熱によるダメージも日々蓄積します。
パーマやカラーの頻度を見なおしたり、髪に優しい薬剤をしているメニューに変更するなど、美容師さんと相談しながらメニューを決めるのもいいですね♪

乾燥

髪の毛が乾燥していると、ダメージを受けやすくなりそれが切れ毛につながります。
髪の毛の乾燥は、キューティクルのトラブルが大きな原因のようです。
キューティクルは剥がれているだけでなく、めくれている状態でもNG。
髪の健康をつくる栄養や水分が髪の内側から流れ出すことで髪がパサついてしまうのです。
キューティクルが傷つく原因には、髪が摩擦することで受けるダメージと熱によるダメージがあります。

切れ毛を予防するヘアケア方法

さまざまなダメージが切れ毛につながってしまうので、日々のヘアケアはとても重要です。
切れ毛を予防するケア方法や切れ毛になってしまったときのケア方法とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

ブラシ

静電気も切れ毛の原因になりやすいため、ナイロンなど静電気が起きやすい材質よりも動物の毛や木製の材質を使ったブラシがおすすめです。
ナイロン製であっても静電気対策を謳っている製品もあるので、購入する際にはチェックしましょう。
ブラシの密度が高いと静電気が起きやすいため、密度の低いものを選ぶのも◎です♪

トリートメント

シャンプー後やお風呂上りのトリートメントも、もちろん切れ毛に効果があります。
シャンプー後のトリートメントには髪の内部に栄養を届けてダメージを補修する役割があり、毎日続けることで効果が持続します。
また、お風呂上りにアウトバス用のトリートメントを使うことで、ブロー後の髪も潤いを保った状態になります。

よく乾かす

濡れた髪はダメージを受けやすく切れ毛につながりやすいので、自然乾燥させずにしっかり乾かしましょう。
タオルでごしごし拭くのもNGです。
毛先や頭皮の水分をタオルで取った後は、頭全体をタオルで包んでタオルドライを行ってください。
その後、洗い流さないトリートメントを付けてドライヤーで髪を乾かします。

切れ毛は生活習慣にも気を付けてヘアケアしよう!

髪の内部には、たんぱく質など身体を作るために必要不可欠な栄養素が含まれています。
そのため、生活習慣の乱れで栄養不足になると必然的に髪の毛にもダメージを与えることになってしまいます。
トリートメントなどのヘアケアを行いつつ、日々の生活も見直すいい機会になりそうです。
TOP
無題ドキュメント