シャンプー前のヘアケアで髪と頭皮をもっときれいに

シャンプー前のヘアケアで髪と頭皮をもっときれいに

シャンプーをする前に、プレケアとしてまずはブラッシングをしっかり行っておきましょう。あらかじめブラッシングを行っておくことで、髪のもつれを解くと共に頭皮の汚れを浮かすことができるので、シャンプーがとてもしやすくなりますよ。髪の毛は濡れた状態が一番ダメージを受けやすいことから、濡らさずに行えるケアはしっかり行っておくことが必要ですね。

シャンプー前のブラッシングで汚れを浮かせよう

シャンプーをする前に、プレケアとしてまずはブラッシングをしっかり行っておきましょう。あらかじめブラッシングを行っておくことで、髪のもつれを解くと共に頭皮の汚れを浮かすことができるので、シャンプーがとてもしやすくなりますよ。

髪の毛は濡れた状態が一番ダメージを受けやすいことから、濡らさずに行えるケアはしっかり行っておくことが必要ですね。

クッションブラシで全体をブラッシング

シャンプー前のブラッシングは、櫛や普段使いのブラシでは無く、目の粗く素材の柔らかいクッションブラシを使うのがおすすめです。毛先のもつれから梳かしていき、髪の毛をおおまかにブラッシングしたら頭皮をマッサージするようにブラシをかけていってください。

普通の櫛やブラシを使うと頭皮を傷つけてしまうので、バンブーブラシなどの頭皮をマッサージすることを前提として作られているブラシを使用するのが大切です。ヘアケアは髪の毛だけでなく頭皮の健康も考えていくことが大切なので、ちゃんと労わってあげてくださいね。

頭皮と髪の負担がぐっと少なくなる

シャンプー前にブラッシングをしっかりおこなっておくと、実際にシャンプーをする際の頭皮と髪の負担がグッと減ります。あらかじめ汚れを浮かせ、髪の毛のもつれを解いておくだけで、洗いやすさや髪や頭皮が受けるダメージは全然違ってくるので、ぜひブラッシングは行うようにしてくださいね。

毎日のダメージを上手に軽減していくことで、より健やかな髪と頭皮を育んでいけるようになりますよ。

予洗いをしっかり!汚れの7割を落としちゃおう

ブラッシングをしっかり行って髪と頭皮の汚れを浮かせたら、いよいよシャンプーです。でもいきなりシャンプーでごしごし洗うのではなく、まずはたっぷりのお湯を使ってプレシャンプーを行ってください。

お湯ですすぎ洗いをするだけでなんと髪と頭皮の汚れは7割落とせてしまうんです。ブラッシングでよく汚れを浮かせておけば8割近くの汚れを予洗いで落とせてしまいますから、シャンプーが一段と楽になりますよ。

二度洗い不要で頭皮に優しい

予洗いをしっかりしておくとシャンプーをする際に二度洗いをしなくて済みます。いきなりシャンプーをすると一回では思うように泡が立たなかったり、すっきりしなくてもう一回洗ってしまうというようなことはよくありますよね。

でもシャンプーは時間や回数が増えるほど髪や頭皮にとっては大きな負担になるんです。皮脂を落としすぎたり摩擦によってダメージを受けたりと髪にも頭皮にも負担が大きくなってきますから、一度洗いで済ませるためにも予洗いというのはとても重要になってくるんですね。ダメージを最小限に抑えるシャンプーのためにも、予洗いは必須です。

乾燥肌の人は予洗いで差がつく

頭皮が乾燥して悩む人の場合、予洗いをしっかりするとシャンプーのストレスも大幅に改善していきますよ。

お湯でしっかり予洗いすることで二度洗いを防げば過剰に頭皮の皮脂を落としすぎることも無くなりますし、使うシャンプーの量も少なくて済むので乾燥の度合いもかなり違ってきます。

乾燥が深刻な場合は毎日泡立ててシャンプーをする必要もありません。予洗いのみのいわゆるお湯シャンプーだけで頭皮を健康に保っていけますから、上手に加減をしていってくださいね。

ブラッシングや予洗いは根元を意識して行うこと

ブラッシングと予洗いの2つをシャンプー前のヘアケアとしてしっかり行うと、髪の毛と頭皮はより健やかで美しい状態を保っていきやすくなります。プレケアをする際に大切なのは髪の根元を意識することで、これがしっかり行えれば髪や頭皮の負担はより減り、また効率よくケアを行っていけるようになります。

頭皮を傷つけず、また髪に与える摩擦を最小限に抑えてシャンプー前の準備を済ませられるため、毎日の頭髪ケアが充実したものになっていきますよ。

シャンプーも髪の摩擦を避け根元でしっかり泡立てて

ブラッシング、予洗いのあとのシャンプーも、当然髪の摩擦については気をつかっていく必要があります。髪の毛はできるだけ摩擦を与えることが無いように注意し、髪の毛の根元を指の腹でしっかりマッサージ、毛穴の汚れを落としていけるようにしましょう。

髪の毛は頭皮や髪の根元をしっかり洗うようにすれば、そのついでに髪の毛の汚れもしっかり落ちますよ。すすぎについても同じですから、地肌をきちんとキレイにしていけるようにしましょう。

タオルドライやドライヤーをかけるときも同様で、頭皮と根元に重点を置いて乾かせば髪の水分も自然と拭き取れます。プレケアだけしっかり行ってもその後のケアが雑になっては意味がありませんから、最初から最後まで丁寧なケアに努めていけるようにしてくださいね。
TOP