インナーカラーはブリーチなしでもできる!メリットやおすすめ色もご紹介

インナーカラーはブリーチなしでもできる!メリットやおすすめ色もご紹介

インナーカラーが気になっているものの、髪へのダメージを考えて躊躇していませんか? そんな人は必見です!インナーカラーはブリーチなしでも施術できるんですよ♡ 今回は、ブリーチなしのインナーカラーのメリットとおすすめの色を紹介します。 これを知っておけば、美容院でのオーダーもしやすくなりますよ。
インナーカラーが気になっているものの、髪へのダメージを考えて躊躇していませんか?
そんな人は必見です!インナーカラーはブリーチなしでも施術できるんですよ♡

今回は、ブリーチなしのインナーカラーのメリットとおすすめの色を紹介します。
これを知っておけば、美容院でのオーダーもしやすくなりますよ。

インナーカラーをブリーチなしにするメリットは?

インナーカラーは、ブリーチなしでもブリーチありでもオーダーできます☆
それぞれに良い点、悪い点があるので、自分の希望に近い方を選びましょう。

ブリーチなしは、施術後の髪質にも影響するので選ぶポイントにすると良いです。
ここでは、インナーカラーをブリーチなしにする際のメリットをお教えします。

髪へのダメージが少ない

インナーカラーを入れる際にブリーチなしにすると、髪へのダメージが軽減されます。
当たり前ですが、ブリーチ剤は色素を抜くために強力なので、髪へ負荷がかかります!

最近では髪に優しいブリーチ剤もありますが、「色を抜く」ことに関して全く髪へのダメージが無いなんてことはありえません。必然的にブリーチなしが優しいのは当然です。

色持ちが長く続く

インナーカラーを入れる際にブリーチなしにすると、色持ちが良くなります♪
ブリーチ剤を使ったときに比べると、ヘアカラー剤は緩やかに色が落ちていきます。

例え色が落ちてきたとしても、自然にもとの髪色へ戻るだけなので違和感も感じません。
せっかくお金をかけても直ぐに色が落ちては残念ですので、ブリーチなしがおすすめです♡

ブリーチなしのインナーカラーのおすすめ色とは?

インナーカラーは、ブリーチなしでも綺麗に発色するので十分楽しめます。
髪のダメージを軽減して、健康的におしゃれを楽しめるなんて一石二鳥です♡

ブリーチなしでも可愛くもカッコ良くも決まるので、オーダーの参考にして下さい。
ここでは、ブリーチなしのインナーカラーのおすすめ色を紹介します。

①グレージュ系

ブリーチなしのインナーカラーのおすすめ色は、グレージュ系のカラーです。
自然な発色であまり派手にしたくない人、インナーカラー初心者の人におすすめです!

髪の内側や顔周りだけでも十分な存在感があり、黒髪にほんの少しおしゃれをプラスしたいときや、黒髪の暗くなりがちな印象を、明るく見せたいときにもぴったりです。

②ピンク系

ブリーチなしのインナーカラーのおすすめ色は、ピンク系のカラーです。
ピンクといっても色々ありますが、淡いピンクも濃いビビット系のピンクもOKです☆

インナーカラーのなかでも、ピンク系は女性らしく可愛く見えるので人気のカラー。
毛先を中心にグラデーションのようにすると、ニュアンスがついておしゃれです

③ブルー系

ブリーチなしのインナーカラーのおすすめ色は、ブルー系のカラーです。
グレージュ系とブルー系のインナーカラーは、ブリーチなしでもカッコ可愛くできます。

特にベースが暗髪の人におすすめで、透明感とつやを目立たせて立体感も出ます♡
インナーカラーの初心者の人もやりやすく、巻き髪などにもおすすめのカラーです!

ブリーチなしのインナーカラーで健やかにおしゃれを楽しもう♪

インナーカラーをブリーチなしにするメリットと、おすすめ色を紹介しました。
インナーカラーをブリーチなしにすると、髪へのダメージの軽減や色持ちが良くなります!

インナーカラーをブリーチなしでオーダーしても、しっかり発色するのでおしゃれです♡
ブリーチ剤で髪へ負荷をかけることなく楽しめるので、ぜひ検討してみて下さいね。
TOP