縮毛矯正を前髪にかけてもおかしくない?自然な前髪にみせるコツとは?

縮毛矯正を前髪にかけてもおかしくない?自然な前髪にみせるコツとは?

くせ毛で縮毛矯正をかけている場合、髪全体意外に前髪へも縮毛矯正するか迷います。 前髪にまで縮毛矯正したら変にならないか?不自然な前髪にならないか?といった不安がつきまとうのは当然です。 そこで今回は、縮毛矯正を前髪にかけても大丈夫なのか?その真相について解説します。 縮毛矯正を前髪にした場合に、ふんわり自然にみせる方法も説明していきます!
くせ毛で縮毛矯正をかけている場合、髪全体意外に前髪へも縮毛矯正するか迷います。前髪にまで縮毛矯正したら変にならないか?不自然な前髪にならないか?といった不安がつきまとうのは当然です。

そこで今回は、縮毛矯正を前髪にかけても大丈夫なのか?その真相について解説します。縮毛矯正を前髪にした場合に、ふんわり自然にみせる方法も説明していきます!

そもそも縮毛矯正は前髪にかけられるの?


髪全体へ縮毛矯正をかけるなら、前髪もくせのない綺麗な状態にしたいです。縮毛矯正は真っすぐな直毛のストレートに仕上がるぶん、前髪にかけたら不自然で失敗するのではないかとためらう人も意外に多いです。

ここでは、縮毛矯正を前髪にかけられるのかという疑問について説明します。

縮毛矯正は前髪にかけても大丈夫!

「縮毛矯正を前髪にかけると変になりませんか」これは、美容院でも多く問い合わせがある質問なのだそうです。単刀直入にいうと、全然問題ないとのこと。

ほとんどの人が美容院でプロにお願いするので、余程のことがなければ失敗する可能性は低いといわれています。自宅で自分で縮毛矯正をかけようとしている人へは、おすすめできません。前髪は周りに印象づく部分なので、成功したければプロにおまかせしてください。

髪の前後とのバランスが大事

髪全体に縮毛矯正をかけるなら、前髪にもかけるのがおすすめのようです。一部分だけかけずにうねりが残っているとかえって目立ちます。髪全体はサラサラで前髪だけくせ毛では、バランスが悪いです。

全体の縮毛矯正の具合と前髪の具合は合せることが重要。髪全体でゆるく優しくかけてあるなら、前髪も同じようにゆるく優しくするといったようにするのがポイントです。

伸びたらリタッチで調整

美容院では伸びた部分にだけ再度縮毛矯正をかける、リタッチという方法があります。

髪全体も前髪もいつかは伸びて、また新毛が生えてきます。髪が伸びてくると縮毛矯正をかけた綺麗なストレートと、うねりやパサつきのある髪との部分で違いが一目瞭然はっきり分かります。

サラサラな髪を維持したいなら、自分の髪の伸び具合を良く観察して、早めにリタッチの相談をするのがおすすめです。

縮毛矯正をかけた前髪の注意点は?


縮毛矯正をかけてくせ毛が解消されて、これで心配ごとなし!と思っている人は要注意。縮毛矯正は施術したあとからのケアが肝心です。ケアを怠ると、せっかくの縮毛矯正の効果が直ぐに薄れてしまいます。

ここでは、縮毛矯正を前髪にかけたあとに気をつけたい点について説明します。

濡れたままは厳禁

縮毛矯正は薬剤やアイロンで形状記憶させてストレートヘアを維持しています。髪を濡れたままの状態で放置していると、せっかく形づくったヘアスタイルが早く崩れる原因になってしまいます。

特に縮毛矯正をした直近の数日間は、直ぐ乾かすを徹底することが重要です。ただでさえ濡れた髪はダメージを受けやすく、枝毛や切れ毛の原因になります。

洗ったらしっかり根元や内側から乾かして、トリートメントでケアするのがおすすめです。

こまめなメンテナンスで長持ち

縮毛矯正をかけたら、週に2~3回程度のトリートメントケアをすると良いです。市販のトリートメントでも良いですが、縮毛矯正用のトリートメントを使用すると、より長く綺麗なストレートを維持できます。

忙しくても、最低でも週1回は必ずトリートメントケアをするよう心がけてください。シャンプーとコンディショナーでの洗髪だけを続けていくと、あっという間に縮毛矯正の効果が薄れてしまうので注意です。

ヘアアイロンは控えめに

縮毛矯正をした髪に完全にヘアアイロンが駄目というわけではありません。ただヘアアイロンは高温で真っ直ぐにクセづけるので、繰り返し使うことでダメージヘアになってしまって、結果的に縮毛矯正の意味がなくなってしまうことも。

どうしてもヘアアイロンを使いたい場合は、しっかり乾かした髪をコームでとかします。髪の絡みをとって均一にしてからヘアアイロンするのがポイント。温度は180度くらいが理想です。

縮毛矯正をかけた前髪を自然にみせるコツは?

真っ直ぐにすとんとした仕上がりがイメージの縮毛矯正。前髪にかけた場合に、直毛過ぎるのでは?と不安な人も大勢います。

女性なら誰しもがナチュラルに仕上げたいと思うもの。ここでは、縮毛矯正をかけた前髪を自然にふんわりとみせるコツについて説明します。

ヘアカーラーを使う

縮毛矯正をかけた前髪にヘアカーラーを巻きつけてしばらく置くと、ふんわりした自然なカールができます。巻きつける力に強弱をつけることで、カール感を調整できます。

縮毛矯正でしっかりうねりを伸ばした前髪でも、やわらかな丸みに仕上がります。就寝前にヘアカーラーをつけておいてもOKです。スポンジつきカーラーは、クセが強くなり過ぎないのでおすすめ。

コテを使う

コテを使って縮毛矯正をかけた前髪を、流し前髪にすることができます。ただし、コテが上手に使えない人はかえって前髪に変なクセをつけてしまうので、やめておいた方がいい場合もあります。

流し前髪には5~6cmほどの長さの前髪が必要です。コテのプレートの幅は、小さめの3cmくらいがベスト。おでこが広いと流しやすく、狭くてハリのある人は流しにくい点があります。

アルミホイルを使う

アルミホイルを0.5~1cmほどの幅にして、細長く棒状にしたものをつくります。その棒状のアルミに髪の毛用のネットを巻きつけ、縮毛矯正をかけた前髪に上手にくるくると巻きつけます。

手元に材料があればとっさにオリジナルのヘアカーラーがつくれるアイデアです。巻きつけ方や使用方法はヘアカーラーと同じなので簡単にできます。

ふんわりとナチュラルな前髪に仕上がりますが、本物のヘアカーラーよりもやわらかい性質なので扱いに慣れるまで変にクセがつかないよう注意してください。

縮毛矯正をかけた前髪をナチュラルな仕上がりにみせよう!


縮毛矯正を前髪にかけても良いのか?という疑問について解説しました。縮毛矯正は髪全体にかけるなら前髪にもかけた方が、バランスが良い見栄えになります。

すとんとした前髪だけでなく、縮毛矯正をかけたあとでもニュアンスをつけた前髪に仕上げることもできます。

ふんわり優しくカールさせたり、流し前髪にしたりと縮毛矯正を気にすることなく自由自在なアレンジが可能です。ぜひ縮毛矯正をかけた前髪を、自然な仕上がりにセットしてみてください。

TOP