シャンプーのみのヘアケアはアリ?髪の状態で見極めよう!

シャンプーのみのヘアケアはアリ?髪の状態で見極めよう!

しっかりとヘアケアをすることで髪を守ることはできます。 ただ、必ずしもしっかりしなければいけないわけではありません。 ヘアケアに時間をかけるのが面倒という人もいるでしょう。 今回はシャンプーのみのヘアケアで問題ないかについて紹介します。
しっかりとヘアケアをすることで髪を守ることはできます。ただ、必ずしもしっかりしなければいけないわけではありません。ヘアケアに時間をかけるのが面倒という人もいるでしょう。

今回はシャンプーのみのヘアケアで問題ないかについて紹介します。

ヘアケアはシャンプーのみでOK?


ヘアケアはシャンプーのみという人もいるのではないでしょうか。シャンプーだけと聞くと「本当にそれで大丈夫?」と驚く人もいるでしょう。

こちらでは、シャンプーのみで問題ない理由について見ていきます。

良いシャンプーを使う

近年、さまざまなシャンプーが販売されています。トリートメントを使わなくても済むように、トリートメント成分も配合されているのです。トリートメントにお金をかけている人がいるなら、シャンプーにこだわった方が無駄な出費を抑えることもできます。

髪が重くならない

トリートメントは吸着成分が多いことから、髪が重くなりがちです。些細な重さかもしれませんが、意外と首や肩に来る負担は積み重ねれば大きくなってしまいます。シャンプーにこだわるだけで、トリートメント分の重さからも解消されるのです。

お風呂の時間を短縮できる

お風呂の時間を増やすと肌の乾燥などに繋がってしまいます。さっさとお風呂は済ませたいと言う人もいるでしょう。シャンプーのみにすることで、トリートメントの時間を省くことができるのです。

トリートメントは洗い流す時が面倒なものも多く、意外と時間がかかります。
それを省くことで、お風呂の時間を大きく短縮できるようになるのです。

シャンプーだけではいけない髪とは?


どんな状態でもシャンプーのみでいいわけではありません。髪の状態によってはシャンプーだけではヘアケア効果が持続させられない場合があるのです。

どんな状態の髪がシャンプーだけではいけないのか見ていきましょう。

傷んでいる

結論から言えば、傷んでいる状態の髪です。傷んだ状態の髪でシャンプーのみにしてしまうと、髪がボロボロになっていくだけなのです。

まずはトリートメントなどで髪のダメージを補修して、ある程度普通の状態の髪に戻すことを考えましょう。
トリートメントだけではなく、ヘアオイルやヘアパックなどの使用も検討してください。

指通りが悪い

指通りが悪い髪は残念ながら「良い髪質」とは言えません。指通りが悪くなると、髪を引っ張ってしまい頭皮にも悪影響が出てしまいます。キューティクルがなくなっている状態なので、コンディショナーやトリートメントで皮膜を作るなどのダメージ補修から始めましょう。

乾きにくい

髪が乾きにくい状態もキューティクルがないと言えます。これを放置しておくとツヤが出なくなる、ダメージを受けやすくなるなどの悪循環にハマります。シャンプーだけではカバーしきれない部分があるので、トリートメントやコンディショナーなどでしっかり補修しなければいけません。

放置してシャンプーのみにすると、更にダメージを進行させてしまう恐れがあります。

状況に合わせてシャンプーだけでいいかを見極めよう!


シャンプーのみでヘアケアが十分が人もいれば、そうではない人もいます。基本的にあまりヘアケアにこだわっていなかった人ほど、シャンプーのみでは対応できない可能性が高いです。まずは、自分の髪の状態を知ることでシャンプーのみで大丈夫かどうかを見極めるようにしましょう。

指通りの悪い髪、乾きにくい髪、ツヤが出ていないなどがあるならシャンプーのみではなくコンディショナーやトリートメント使用も検討してください。これらがない場合は、まずシャンプーのみで対応するのもいいかもしれません。

ただ、シャンプーのみで髪の状況が悪くなっていくならしっかりとヘアケアをしましょう。
TOP