節約しながらヘアケアって可能? どんな方法があるのか?

節約しながらヘアケアって可能? どんな方法があるのか?

髪を綺麗にしたいならサロンに行くしかないと思っていませんか? 確かにサロンに行けば手軽に髪の質をアップすることができます(`・ω・´) でも、その分だけお金がかかってしまうのも事実なんですよね……。 今回は節約ヘアケアについて紹介していきましょう(`・ω・´)

節約しながらヘアケアをするためには?

節約しながらヘアケアって出来ないと思っている人もいますよね。
でも、ちょっと工夫をするだけで簡単に節約ヘアケアが出来るんですよ!
こちらでは、ヘアケアをするためにどうすればいいのかを見ていきましょう!

入浴前にブラッシングをする

日中の過ごし方などで汚れが髪に巻き付いている可能性があります。
髪に付着している汚れは目に見えない部分もあるので、目には見えないから大丈夫という認識は持たないようにしましょう(・_・;)
汚れが付着したままシャンプーをしても落ち切らない場合や毛先が絡まる原因になります。
そのため、事前にブラッシングをしてから入浴をするようにしましょう。

予洗いをじっくりとする

予洗いをしないままシャンプーをすると、シャンプーの泡立ちが悪いなどの悪影響があります。
汚れが落ち切っていない感じがするのも予洗いをしていないせいと言われています。
基本的に頭皮の汚れの7割前後が予洗いで落ちると言われているんです(`・ω・´)
そのため、予洗いは1分以上行うようにしましょう!

シャンプーはしっかり泡立てる

シャンプーを泡立てずにそのまま使う人って結構多いんですよね(;^ω^)
でも、そのまま使ってしまうのはNGです。
髪に余計な負担をかけてしまうことになるからです。
手のひらでしっかりと泡立ててからシャンプーをするようにしましょう。
水気を足して泡立てることで、髪にかかる負担も軽減できますよ。

節約ヘアケアで気をつけたいことは?

節約ヘアケアで気をつけたいことには、どんなものがあるのでしょうか。
こちらでは、気をつけたいポイントを見ていきましょう。
節約ヘアケアに欠かせないことなのでしっかり覚えておいてくださいね(n*´ω`*n)

タオルドライは優しく

早く乾かしたいからと言って、タオルドライを強くするのはNGです。
濡れた状態はキューティクルが開いているので、タオルドライを強くすると余計に髪を傷める原因になってしまうのです(;´・ω・)
基本的に「優しくする」ということを意識しておくことで、髪へのダメージを抑えられますよ。

アウトバストリートメントで保湿

濡れた髪のままでいると、水分がどんどん蒸発していってしまいます。
そのため、早めにドライヤーをしなければいけません。
もし、すぐにドライヤーをするのが難しいならアウトバストリートメントで髪の保湿をしましょう。
アウトバストリートメントで保湿をすることで髪の蒸発を防ぐことができます。

ドライヤーは温風と冷風を使う

ドライヤーを使う時は温風のみ、冷風の身ではなく両方を上手く使うようにしましょう。
特に冷風の場合はキューティクルを引き締める効果が期待できるのでしっかりしておいてください。
ただ、濡れた状態に冷風を当てても乾かないので気をつけましょう。
乾かした後の仕上げとして冷風を使うようにしてくださいね。

高額なサロンに行かなくても自宅で節約ヘアケアをしよう!

高額なサロンに行かないとヘアケアが出来ないと勘違いしている人は、自宅で節約ヘアケアを試してみましょう(`・ω・´)
お金をかけることでしっかりとしたケアはできますが、日常的にしっかりヘアケアをしていれば、お金をかけなくてもしっかり理想の髪に仕上げることができるんです(`・ω・´)
だから、お金をかけないといけない、という考えは捨てるようにしましょう!
TOP
無題ドキュメント