夜寝る前のヘアオイルがおすすめ♡翌朝スタイリングしやすくするコツとは?

夜寝る前のヘアオイルがおすすめ♡翌朝スタイリングしやすくするコツとは?

ヘアオイルはベタつくし苦手と思っている人は、今日から考えを変えるべきです。 ヘアオイルは髪を補修しながら、寝ている間の摩擦や切れ毛や枝毛を防いでくれます。 今回は、寝る前のヘアケアにおすすめのヘアオイルの効果や使い方について解説します!
ヘアオイルはベタつくし苦手と思っている人は、今日から考えを変えるべきです。
ヘアオイルは髪を補修しながら、寝ている間の摩擦や切れ毛や枝毛を防いでくれます。
今回は、寝る前のヘアケアにおすすめのヘアオイルの効果や使い方について解説します!

夜寝る前のヘアオイルの効果とは?

ヘアオイルは昼間に髪につけるより、夜濡れた髪につける方が効果的です。
夜寝る前にヘアオイルを使うだけで、翌朝の髪の状態が驚くほど綺麗に変化します♡
ここでは、夜寝る前にヘアオイルを使った際の効果について解説します。

寝ている間に髪の痛みを補修する

ヘアオイルを寝る前につけておくことで、寝ている間にヘアケアができます。
寝ている間にも髪の内部へヘアオイルが浸透して、痛みをじんわりと補修してくれます♡
洗髪して乾かした髪は、必要な油分やタンパク質まで流れている可能性もあります。
寝る前のヘアオイルは、不足したものを補い髪を保護することにもつながりますよ♪

髪の乾燥を防ぐ

寝る前にヘアオイルを使用することで、髪のパサつきや乾燥を防ぐことができます。
特に夜は1日の活動が終わって、ゴロゴロとリラックスしたり就寝する時間があります。
寝ている間は、肌と同様に髪も水分が失われがち・・・
寝る前にヘアオイルをつけておけば、枕との摩擦のダメージも受けにくく、枝毛や切れ毛を防止することができます♪

翌朝のスタイリングがしやすくなる

ヘアオイルを寝る前につけておくと、寝ぐせがつきにくく朝の準備の時短になります☆
ヘアオイルが寝ている間に髪へ浸透するので、髪を保護してうるおって絡みにくい状態に。
翌朝のスタイリングが断然しやすくなるので、今までかかっていた時間が短縮できます!
朝から髪の状態が良くスムーズに準備できると、1日の始まりに気分も良いですよね♪

夜寝る前のヘアオイルの使い方は?

ヘアオイルは、夜寝る前に正しい順序でつけることでより効果が得られます。
昼間につける際と、寝る前につける際とでやり方やケアの仕方が違ってきます。
ここでは、夜寝る前のヘアオイルの使い方について教えていきますね♡

髪を洗ってタオルドライする

夜寝る前にヘアオイルをつける際は、お風呂あがりなど洗髪してからがおすすめです。
洗髪前に軽くクシでとかして、髪についたほこりや汚れを落とすことも大切です!
髪を洗ったら、ゴシゴシこすらずにタオルで叩くようにしながらタオルドライします。
水気を多く含み過ぎてはオイルがつけにくいので、しっかり水分を吸収させましょう。

髪の毛先までクシでブラッシングする

夜寝る前にヘアオイルをつける際は、洗髪後タオルドライした濡れた髪につけます。
タオルドライ後は毛先を中心に毛先、真ん中、根元の順番で髪をブラッシングします。
クシでも良いですが、濡れた髪へはコームの方がブラッシングしやすくておすすめです♡
綺麗に髪の絡みをとっておくと、そのあとのヘアオイルがつけやすくなりますよ!

髪全体にヘアオイルをつけて乾かす

髪をタオルドライしてブラッシングしたら、濡れた状態のままヘアオイルをつけます♪
手のひらにヘアオイルを伸ばしたら、毛先を中心に毛先、真ん中、根元の順でつけます。
髪の外側だけでなく、髪の内側にもバランス良くなじませて髪全体へつけていきます。
最後にドライヤーで乾かせばOKです(^^♪ヘアオイルは髪を熱から守る効果もありますよ。

夜寝る前はヘアオイルでヘアケアしよう☆

夜寝る前に使うヘアオイルの、効果と使い方について解説しました。
ヘアオイルは、洗髪後にタオルドライして濡れた状態の髪へつけます!
ヘアオイルは熱から髪を守る役割があるので、ブローの前に使うのが最適です。
寝ている間の髪の痛みも防いで、翌朝のスタイリングが楽になりますよ☆
TOP