自宅でできる簡単なヘアケア!まずは理想的なシャンプー方法を身につけよう

自宅でできる簡単なヘアケア!まずは理想的なシャンプー方法を身につけよう

美容院に行けば様々な施術で髪を綺麗にしてもらえますが、メニュー代金が高くて頻繁に通えるわけではないという人は少なくありません。美容院に通って得られるほどでなくても、自宅で綺麗な髪になるための簡単なヘアケアがあればいいのに…と思っている人も多いのではないでしょうか。
美容院に行けば様々な施術で髪を綺麗にしてもらえますが、メニュー代金が高くて頻繁に通えるわけではないという人は少なくありません。美容院に通って得られるほどでなくても、自宅で綺麗な髪になるための簡単なヘアケアがあればいいのに…と思っている人も多いのではないでしょうか。

自宅でできる簡単なヘアケアの基本は、毎日の洗髪にあります。季節に合わせ、自分の頭皮に合うシャンプーで頭皮や髪のための洗髪を行うようにしましょう。

頭皮に良くないシャンプーのしかたとは?

毎日行っているシャンプーでもしかた次第では、頭皮に悪影響を及ぼすことになりかねません。こちらでは、どのようなしかたが頭皮に良くないのかについて見ていきましょう。

何気なくNGなやり方でシャンプーをしている人もいるので覚えておいてください。

頭皮を爪で掻く

頭皮にかゆみがある人などは、シャンプーの際に爪で掻くように洗う人もいます。

洗っているその時はかゆみが収まるかもしれませんが、頭皮に良くない環境となります。爪で頭皮を掻くことでひっかき傷を作ってしまうこともあるのです。そこからシャンプーが染み込んで炎症を起こすこともあります。

例えば、腕などを掻いた後赤くなることがありますよね。あれと同じ状況になってしまうので、爪でシャンプーすることはおすすめできません。

すすぎ残しがある

頭皮に良くないシャンプーのしかたとして、すすぎ残しがあるというものも原因になっています。

しっかりとすすいだつもりでも、シャンプーの成分などが残っていて頭皮トラブルやかゆみに繋がります。耳の後ろや生え際、襟足などがすすぎ残しをしやすい場所と言われているので、シャンプーをする際はその点を重点的にすすぐようにしましょう。

トリートメントを地肌につけない

頭皮トラブルの原因に、トリートメントやコンディショナーがあります。これらは髪に直接つけるものであって、頭皮につけるものではありません。頭皮につけてしまうと、頭皮トラブルの原因になってしまうので注意しなければいけません。

シャンプーの頻度とタイミングは?


まずシャンプーを行う頻度ですが、専門家の中には「毎日行うのが理想」と話す人もいます。というのも、髪の毛は新陳代謝がとても活発な箇所で、毎晩生まれ変わっていると言っても過言ではないからです。髪が生まれ変わるタイミングで、頭皮に皮脂や汚れが詰まっていたら当然綺麗な髪は生まれません。そのため、過剰な皮脂や生活の中でついてしまったホコリなどの汚れを落とすために毎日の洗髪が理想なのです。

また、一日の中でシャンプーをするタイミングは夜が理想とされています。髪が一番変化するタイミングは夜の就寝中なので、その前にしっかり綺麗にするというのが理由です。
ただ、毎日シャンプーをすると言っても、逆にそうすることで頭皮が傷んでしまい髪も傷んでしまう人もいます。元々皮脂の分泌が少なく頭皮が乾燥気味ということを自覚している人は、無理に毎日シャンプーをするよりあえて放置する日を作った方がいいでしょう。

不潔さが気になるという場合でも、自身の頭皮に合ったシャンプーが選べれば、皮脂の分泌が少ないのであまりベタつかず匂いも発生しにくいので安心してください。どうしても気になるという場合、外に出ない休日などを作り、その日にシャンプーせず放置し髪を労ってあげる日を作れるといいでしょう。

また、全体的に空気が乾燥する秋や冬も、皮脂の分泌や汗が夏に比べ半分近く減りますから、ベタつきが気にならなければ毎日シャンプーしなくてもよいとされています。ただ、外に出てしまうと意外と髪は汚れやすいので、外出が続く日などは毎日しっかり洗ってあげるといいでしょう。

体質に合わせたシャンプーでヘアケアを

頭皮が乾燥しやすい方は、毎日洗うことで必要な油分も洗い流してしまう可能性があります。その場合は、シャンプーを2日に1回にするなど、頻度を減らしてあげることでダメージを減らすことが可能です。また、年齢を重ねると皮脂量が減少し、肌と同様に、頭皮も乾燥しやすくなります。洗髪の頻度を変える際は、頭皮の調子を見ながら変化させていくとよいでしょう。

まずは1日ずつ間隔を空けていき、頭皮がベタつかないぐらいの髪質を保てるようになれば、自分の頭皮に合っているサイクルということになります。また、汗をかきやすい夏の時期など、季節に応じて洗髪の間隔を変えていくようにしましょう。

頭皮に油分が多い方は、頭皮に皮脂が溜まりやすい体質なので、毎日の洗髪が必要になります。頭皮に皮脂が溜まり、毛穴に詰まってしまうと、ニオイやかゆみの原因にもなるので、毎日洗髪することがおすすめです。特に、女性と比べ皮脂が多い男性は、毎日洗うと良いでしょう。日頃から汗を頻繁にかく方も、油分が頭皮に付着し、ホコリなどの汚れがつきやすくなります。毎日洗うことで、頭皮のトラブルを防ぐことができるでしょう。

洗髪は1日2回までを目安にして、1回はシャンプーを使わずにお湯で濯ぐだけにすることで、頭皮に必要な皮脂だけを残すことができます。1日に何回も洗髪することは洗いすぎに繋がり、乾燥肌になる可能性があるので、注意が必要です。

ヘアケア効果が期待できるシャンプーのしかたとは?

シャンプーをする際にもヘアケア効果が出るようにしたいものです。

こちらでは、どのようにすればヘアケア効果が期待できるのかを見ていきましょう。普段何気なくシャンプーをしている人は、これからこだわってみましょう。
洗髪する前にブラッシングを行うことで、シャンプーの泡立ちが良くなり、頭皮についた汚れを落としやすくなります。シャンプー前のブラッシングを習慣つけておくと、柔らかいシャンプーの泡で頭皮を洗うので傷をつけず、泡が頭皮に行き届くようになるでしょう。

シャンプーの前は38度ぐらいのお湯で素洗いを行い、髪の毛についた汚れやホコリを落とします。ゴシゴシ強く洗わずに優しく素洗いを行うことで、ある程度の汚れを落とすことが可能です。

十分に濡らす

シャンプー前に頭皮と髪を十分に濡らす必要があります。これはシャンプーの泡立ちを良くするためです。

髪を傷めないために、頭皮をしっかり洗うためにも泡立ちよくしなければいけません。意外とシャンプーの泡立ちを軽視している人が多いので注意しましょう。

すすぎ時間を多く取る

基本的にすすぐ際はシャンプーの2倍かけてすすぐと言われています。つまり、それだけしっかりすすいだつもりでもすすぎ残しが出てしまうからです。すすぎ過ぎているかもしれない、と考えるほど多めに時間を取るようにしてください。

すすぎ残しによる悪影響は大きいので、絶対にないようにしなければいけません。

優しくタオルドライする

シャンプーをした後、タオルドライを乱暴にする人もいます。

髪は濡れている時こそ傷みやすいものです。そのため、タオルドライの際に髪をこすり合わせないようにしなければいけません。根元の水分を取った後はこするのではなく、軽く水気を取るような感じでタオルドライをしましょう。

リンス、コンディショナー、トリートメント


シャンプーは頭皮の汚れを落としてくれますが、髪のケアをしてくれるわけではありません。シャンプーを終えたら、リンスなどを使用してヘアケアを行いましょう。ここで覚えておきたいのは、リンス、コンディショナー、トリートメントの違いです。

リンス、コンディショナーは髪の表面をケアしてくれるのに対し、トリートメントは髪の内側に浸透しケアするのが特徴です。トリートメントは髪につけてから10分ほど放置して使用するものが多いのに対し、リンスとコンディショナーは1~2分で洗い流すことが推奨されています。

すすぎは入念に


リンスやトリートメントまで終えたら、髪をしっかりとすすぎます。ここで薬剤を残してしまうと、頭皮が傷み美しい髪になってくれないので、しっかり入念に洗い流すことが大事です。また流すお湯の温度が高いと髪が傷んでしまう原因になってしまいます。ぬるめのお湯にして流すことを意識しましょう。

以上が理想の毎日のシャンプーです。合間に頭皮マッサージを挟んだりすると、より理想的な洗髪になります。

ヘアケア効果があるシャンプーのしかたをマスターしよう

良いシャンプーを使っていても、しかたを間違っていればヘアケア効果は得られません。そのためシャンプーにこだわる前に、まずは「シャンプーのしかた」を覚えましょう。

するべきこと、してはいけないことをしっかり把握した上でヘアケア効果が出るようにしてください。ヘアケア効果を出すも出さないも、本人のしかた次第であることを覚えておきましょう。
TOP