そのダメージヘアの原因はシャンプー!?

そのダメージヘアの原因はシャンプー!?

パサつき、枝毛やうねり…ダメージヘアといっても原因はさまざま。どんなに高いシャンプーやトリートメントを使っていても髪が傷むなら、その原因はあなたが使っているシャンプーかもしれませんΣ(・ω・ノ)ノ!
パサつき、枝毛やうねり…ダメージヘアといっても原因はさまざま。どんなに高いシャンプーやトリートメントを使っていても髪が傷むなら、その原因はあなたが使っているシャンプーかもしれませんΣ(・ω・ノ)ノ!

シャンプーで髪が傷むってホント?

いいシャンプーを使っていても、髪の毛がパサついたり、きしんだり、うねったりすることがあります。たとえオーガニックシャンプーや無添加のシャンプーを使っていても、ダメージヘアになることはあります。

それはシャンプーでキューティクルが剥がれてしまうから。キューティクルが剥がれた髪の毛は無防備な状態で、シャンプーの洗浄成分が髪の毛の中に浸透してしまうのです。

ダメージヘアの原因は界面活性剤?

キューティクルが剥がれると、髪の毛にはすき間ができます。そのすき間からシャンプーの成分が浸透して、いくらシャワーですすいでも取れなくなります。

市販のシャンプーには、ほとんどすべてに界面活性剤という洗浄成分が入っていますよね。界面活性剤には皮脂や汚れを落とす作用があるのですが、洗浄力が強い反面、髪の毛や頭皮に負担を与えてしまいます。

ダメージヘアの原因はカチオン?

シャンプーは髪の毛や頭皮の皮脂、汚れを落とすためのものなので、主成分は界面活性剤です。でも、同じ界面活性剤が主成分の食器用洗剤で髪の毛を洗ったらどうなると思いますか?

当然、髪の毛はキシキシにきしみますよね。ところが、シャンプーした後にそこまで髪の毛がきしむことはありませんよね。その原因はシャンプーに含まれているカチオンという成分です。

カチオンは髪の毛の手触りをよくするための成分。カチオンがシャンプーしている間に髪の毛に被膜を作って、サラサラの質感に変えるわけなんです。髪の毛の感触をよくするための成分ですから、洗い流されてしまっては意味がありませんよね。

洗った後も髪の毛に残留するようになっています。カチオンは頭皮や背中のかゆみやにきびなどの原因になります。頭皮やお肌に影響を与えるなら、もちろん髪の毛にも影響を与えるはず。

ダメージヘアを防ぐシャンプーは?

矛盾しているように聞こえますが、シャンプーがダメージヘアの原因になることがある一方で、シャンプーでダメージヘアを防ぐこともできます。うーん。なんだか難しい?そんなことはありません。

具体的にどんなシャンプーを選べばダメージヘアを防げるのでしょうか。

界面活性剤には、化学物質から精製された合成界面活性剤と、天然由来の成分から作られた天然界面活性剤の2種類あります。

髪のダメージに悩んでいるなら、天然界面活性剤を選ぶのがベター。天然界面活性剤は髪の毛だけでなく、頭皮にも優しいのでおすすめです。シャンプーに含まれているのは大きく分けて3つの天然界面活性剤で、お悩み別に選べますよ。

敏感肌の人におすすめ・アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは洗い上がりがマイルドで、保湿力が高くて髪の毛に優しいのが大きなメリットです。

敏感肌や乾燥肌の人で髪の毛が乾燥してパサつきやすい人におすすめですよ。ラウロイルメチルアラニン、ラウロイルグルタミン酸、ココイルアラニンなどの表記があればアミノ酸系界面活性剤が含まれています。

ダメージ補修をしたいなら、細胞膜を安定させる作用を持っているアミノ酸系タウリンを配合したシャンプーがいいですよ。

アミノ酸系とよく似ているけど、よりふんわり優しく洗えるので、ボリュームが少なくなってきた人にもおすすめです。

みんなにおすすめできる・石けん系シャンプー

石けんといっても、固形のボディ石けんとは成分が違います。脂肪酸ナトリウム、脂肪酸エステル、または石けん素地などの表記が成分表にあれば、それは石けん系シャンプーです。

アミノ酸系よりも洗浄力が強いけど、頭皮や髪の毛を傷めないのでおすすめ。

石けん系シャンプーはノンシリコンが多いので、髪の毛にハリやコシがなくなってきたと悩んでいる人にもいいですね。ただし、きしみやすいのでシャンプーした後に保湿が必要ですよ。トリートメントやヘアオイルなどでケアしましょう。

乾燥がひどい人におすすめ・ベタイン系シャンプー

ベタインはビート(砂糖ダイコン)を主原料にした成分。もっちりした泡でしっとりと洗い上げます。

ダメージ補修力が高いので、パサつきや乾燥が気になる人、カラーやパーマによるダメージのある人におすすめ。オール植物由来の成分なので、赤ちゃん用のシャンプーなどにも入っている成分です。洗浄力はやや弱いけど、シャンプーの前に湯洗いしてから使いましょう。

成分はネットで検索すると、どの物質がどの成分か、分かります。よく分からない時は、美容師さんやオーガニック系のショップ店員さんに聞いてみましょう♪
TOP