タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

白髪染めを自宅で上手に行うコツとは?塗り方や洗い方などを紹介

白髪染めを自宅で上手に行うコツとは?塗り方や洗い方などを紹介

ある程度年齢を重ねると、どうしても悩まされるのが「白髪」。もちろん若い人にも体質によっては出てしまう白髪ですが、なるべく目立たせないようにケアをしている人も多いことでしょう。 白髪対策にはこまめなケアが必要なため、できたら自宅で行いたいという人も多いはず。今回は、自宅で白髪染めを行う場合のコツをご紹介します。

ある程度年齢を重ねると、どうしても悩まされるのが「白髪」。もちろん若い人にも体質によっては出てしまう白髪ですが、なるべく目立たせないようにケアをしている人も多いことでしょう。

白髪対策にはこまめなケアが必要なため、できたら自宅で行いたいという人も多いはず。今回は、自宅で白髪染めを行う場合のコツをご紹介します。

ある程度年齢を重ねると、どうしても悩まされるのが「白髪」。もちろん若い人にも体質によっては出てしまう白髪ですが、なるべく目立たせないようにケアをしている人も多いことでしょう。

白髪対策にはこまめなケアが必要なため、できたら自宅で行いたいという人も多いはず。今回は、自宅で白髪染めを行う場合のコツをご紹介します。

白髪染めを自宅で行うのが難しい理由

白髪染めを自宅で行うのは、難しいというイメージがあるかもしれません。実際、上手に染まらないという悩みや、すぐに色落ちしてしまうという悩みはつきもの。なぜ自宅で白髪染めをしてもうまくいきにくいのでしょうか。

白髪の特性

白髪染めが難しい理由のひとつに、白髪そのものの特性があります。白髪は、撥水性が高いという特性があります。つまり、白髪染めを弾きやすいのです。

そのため、白髪染めのカラー剤の量に問題があると、時間がたつごとに白髪染めを弾きやすくなり、仕上がりにムラが出てしまうのです。白髪染めをする際の薬剤の量を調整することで、このような失敗は少なくなることでしょう。

根元がうまく染められない

白髪に悩む人がもっとも気になる部分といえば、根元かもしれません。この根元部分をまんべんなくきれいに塗ると、白髪染めはうまくいきます。しかし、均一に塗るということがなかなかできずに悩むのです。美容師であっても根元を上手に塗るというのは難しいといわれています。

なお、薬剤を塗るのに時間がかかりすぎてしまい、塗り始めの部分と塗り終える部分で時間の差が出てしまうと、色ムラを起こしやすくなります。そのため、できるだけ手早くスピーディーに薬剤を塗る必要があります。

ヘアカラー剤の選び方が難しい

白髪染めはその性質上、暗めに染まりやすいといえます。そのため、ちょうどよい明るさに調整するのが素人には難しいといえるでしょう。真っ黒にしたい人はそこまで気にする必要はありませんが、ある程度の明るさを保ちたい人にとっては、カラー剤選びは慎重に行う必要があります。

なお、一度白髪染めで暗くなった髪を明るくするのは、美容師の手をもってしてもなかなか難しいのが現実。なるべく染める段階で失敗がないようにしたいところです。

上手な白髪染めの塗り方

それでは、自宅で上手に白髪染めを行うには、どのような塗り方を意識したら良いのでしょうか。鍵を握るのは、薬剤の量と髪への置き方です。

自宅で白髪染めを成功させるための、おさえるべきポイントを紹介していきます。

薬剤を多めに使う

市販されている白髪染めは、商品によってそれぞれ内容量が異なります。上手な白髪染めをするには、たっぷりめに薬剤を使うことがポイント。

塗り始めてから薬剤が足りなくなってしまっては、白髪染めは失敗してしまいます。塗り始めてすぐに髪は反応してしまうので、途中で洗い流せばいいというものでもありません。

髪が短い人はひと箱で十分ですが、そうでない人は少し多めに薬剤を用意しておくと安心です。髪の長さによって必要な容量は変わるので、自分の毛量に合った量を用意しましょう。

明るい色味のカラー剤を選ぶ

白髪染めは暗くなりやすい性質があります。そのため、自分で思っていたよりも仕上がりが暗くなってしまいがちです。一度暗く染めてしまった髪を明るくするのは、プロの美容師の手をもってしても非常に難しいこと。

髪の毛が暗くなりすぎないように、仕上がりの明るさをしっかり確認してから薬剤を購入するようにしましょう。ポイントは、自分の髪色よりもワントーン明るい白髪染めを選ぶことです。

たとえば、トーンが5番の場合は、黒髪に近い明るさに。6・7番はほんのり明るい程度で、8番は明るめに仕上がると考えましょう。

完全に髪が乾いてから白髪染めを行う

市販されている白髪染めは、その多くが乾いた髪に使うタイプです。そのため、濡れた部分がある状態で使うと、失敗しやすくなります。髪が濡れている部分と、乾いてる部分がある状態で白髪染めを塗ってしまうと、仕上がりがムラになりやすいのです。

もし髪が濡れている場合には、ドライヤーで乾かすなどして均一に乾いた状態を整えることから始めましょう。

室温にこだわる

白髪染めは、気温が低い時期には染まりにくくなります。たとえば冬には染まりにくくなることが考えられます。

もし部屋の室温が低いと感じるなら、染め始める前に部屋をあたためておきましょう。冷房が直接あたらない場所で行うのも大切です。また、ある程度の湿度があるとより染まりやすくなります。

根元から塗り始める

白髪が目立って気になる部分は、フェイスラインや分け目など、特に根元部分でしょう。この、白髪が気になる部分である根元から塗り始めることで、白髪染めがうまくいく確率があがります。根元の塗り忘れを防ぐこともできますし、万が一薬剤が足りなくなったときにも、一番染めたい部分は染められます。

また、一番はじめに塗った部分は、時間を長くおくことができます。薬剤を長く置いた部分ほど染まりが良くなるので、しっかりと色が入ることでしょう。

薬剤の塗り方にこだわる

根元をしっかり染めるためには、薬剤がたっぷりと根元に付いている状態にするのが良いと言えます。上手く染まらなかったというケースのほとんどは、薬剤の量が足りないことで起きています。できる限り薬剤を置くイメージで、たっぷりと塗布しましょう。

薬剤はコームにとり、根元からたっぷり塗ります。薬剤を馴染ませるために、改めてコームでとかし、最後にまた薬剤をハケにとり、たっぷり置くのが良いでしょう。

さらに、全体を塗り終えたらもう一度生え際になります。白髪が気になる部分に薬剤を再度塗ることで、きれいに染まりやすくなります。

生え際にティッシュやコットンを置く

薬剤を髪の根元に置いたら、その後はティッシュやコットンで蓋をしましょう。貼り付けるようにして、薬剤の上に置きます。そうすることにより、頭皮の体温で薬剤の反応が促され、染まりやすくなります。

特に根元は毛髪の立ち上がりが強いため、時間が立つにつれて塗布した薬剤を弾いてしまいやすく、こうすることによって弾くのを防ぐことができます。また、全体にラップをすることも効果的です。

上手な白髪染めの鍵は乳化にあり

白髪染めを上手に行うポイントのひとつに、乳化という概念があります。薬剤を置いたあと、洗い流す前に薬剤を乳化させることで、よりきれいに染めることができるのです。ここでは乳化のメカニズムや、乳化の仕方について解説します。

洗い流す前に乳化させるのがポイント

きれいに白髪染めを行うためには、洗い流す前に乳化をさせましょう。乳化をする事によって、薬剤を全体になじませ、色ムラがない仕上がりができ、色をしっかりなじませることができます。また、薬剤をきれいに洗い流し、落としきることができるのです。

乳化は、お湯で頭を濡らしたあと、薬剤を数分間優しく揉み込むようにします。その後、薬剤を洗い流し、シャンプーでさらに洗います。手荒れの原因となりやすいので、素手では行わないよう手袋などをつけて行いましょう。

乳化により薬剤を取り除く

乳化の役割のひとつが、頭皮や肌に付着した薬剤を洗い流した際、しっかりと取り除くというものです。乳化を行うことで、頭皮に染み付いてしまった染料を落とすことができるのです。また、毛髪表面にある染料も乳化することにより落としきることができます。

通常、頭皮や地肌に付いた薬剤はシャンプーでは落ちにくいのですが、ヘアカラー剤のクリームにお湯を混ぜて軽くマッサージするとなじみ、落ちるようになります。

乳化によりまんべんなくなじませることができる

乳化すると、染め残しがないように薬剤をまんべんなく全体になじませることができます。通常のファッションカラーと違い、白髪染めの染料は濃いため、頭皮に染み付きやすいといえます。ファッションカラーでは乳化が必要ないことがほとんどですが、仕組みの違う白髪染めの場合は乳化が必要です。

白髪染めを長持ちさせる方法

白髪染めをしたあとは、キューティクルが開きっぱなしになっています。この状態では髪の傷みに繋がるだけでなく、色落ちが早くなってしまいます。

白髪染めを長持ちさせる方法として効果的なのが、白髪染めのあとにキューティクルの蓋を閉じるため、トリートメントをするということです。

トリートメントを活用しよう

キューティクルの蓋を閉じるには、トリートメントを行います。白髪染めを行ったあとにトリートメントを行うと、結果的に髪の毛の内部にある白髪染めの染料や水分、栄養などが保たれやすくなります。これによって、白髪染めが長持ちする仕組みです。

一度トリートメントしたら永久に効果が続くというわけではないので、継続的にトリートメントを行う必要があります。良質なトリートメントを正しい方法で使いましょう。

ヘアカラー専用のトリートメントを選ぶ

白髪染めを長持ちさせるトリートメントは、ヘアカラー専用のトリートメントです。ヘアカラー専用製品は、髪の毛の傷みを極力抑えた状態で作用するものばかり。白髪染めの効果を少しでも長く感じたいときは、ヘアカラー専用トリートメントを使いましょう。

白髪染めをしたあとに髪が元の状態に戻るまでには、1週間程度必要です。少なくともその間は、髪の状態を保つため、ヘアカラー専用のトリートメントを使うのがおすすめです。

自宅で白髪染めを上手に行おう

自分で白髪染めを行うことは、難しいイメージがあります。しかし、コツを掴めば自宅でもきれいに白髪染めができるようになります。薬剤の塗り方、洗い方を工夫し、トリートメントを行うことで白髪染めは上手にできるはず。

ポイントをおさえて、自宅でこまめに髪のケアをできるようになりましょう。

TOP