ダメージヘアに効果的なお手入れ方法とは?

ダメージヘアに効果的なお手入れ方法とは?

たとえファッションやメイクが洗練されて素敵でも、パサついて広がっているダメージヘアだと、どうしても印象はイマイチになってしまいます。どうして髪の毛は傷んでパサついてしまうのでしょうか。それは、紫外線や摩擦、静電気、間違ったヘアドライヤーの使い方による熱のダメージやヘアカラーやパーマからの影響を受けているからです。また、毎日のお手入れが行き届いていないのかもしれません。髪の毛は死滅した細胞で構成されているので、一度ダメージを受けると修復することはできません。そのため、髪の毛は日頃のダメージを蓄積し続けています。特にダメージを受けやすいのが、髪の毛が濡れている状態の時です。摩擦によってキューティクルがはがれやすいため、シャンプーの前後のお手入れを見直すと、ダメージヘアには効果的です。

ダメージヘアの原因

たとえファッションやメイクが洗練されて素敵でも、パサついて広がっているダメージヘアだと、どうしても印象はイマイチになってしまいます。どうして髪の毛は傷んでパサついてしまうのでしょうか。

それは、紫外線や摩擦、静電気、間違ったヘアドライヤーの使い方による熱のダメージやヘアカラーやパーマからの影響を受けているからです。また、毎日のお手入れが行き届いていないのかもしれません。

髪の毛は死滅した細胞で構成されているので、一度ダメージを受けると修復することはできません。そのため、髪の毛は日頃のダメージを蓄積し続けています。特にダメージを受けやすいのが、髪の毛が濡れている状態の時です。

摩擦によってキューティクルがはがれやすいため、シャンプーの前後のお手入れを見直すと、ダメージヘアには効果的です。

ダメージヘアを改善するシャンプーの方法

シャンプーをするときのコツ


シャンプーをする時に、何もしないでそのまま髪の毛にお湯をかけていませんか?

シャンプーをする前のお手入れとして、ブラッシングすると汚れが浮きやすくなります。頭皮を清潔に保つために必要なひと手間です。ブラッシングはまず、髪の毛の流れに沿って梳いてから、下から上へと逆向きに梳かします。頭皮の血行が促進される効果もあり、美しい髪を生やすためにも欠かせません。

次に、頭皮をよく濡らします。髪の毛をかき上げてまんべんなく濡らし、すすぎます。そうすることで、汚れが落ちやすくなりますし、シャンプーをつけた時に泡立ちが良くなり、結果的に時短にもなります。

それから、シャンプーをつける時に、頭皮に直接付けてはいけません。必ず手の平で泡立ててから、のせるようにしましょう。そして、髪の毛を洗うのではなく、頭皮をマッサージします。爪を立てずに、指の腹を使って頭皮を揉むようにすると、汚れが落ちる上にリラックス効果も得られます。

そして、シャンプーを流します。シャンプーが残っていると、かゆくなったり、髪の毛がべたつく原因となります。耳の後ろや生え際には特に残りやすいので、気を付けましょう。

トリートメントをする時のコツ


続いて、トリートメントは頭皮ではなく、髪の毛につけます。

頭皮につけると、フケやかゆみが出ることがあるので注意しましょう。目の粗いコームを使うと、簡単にトリートメントを髪の毛全体に行きわたらせることができます。

ダメージヘアが気になる方は、トリートメントをつけたままヘアキャップを被り、入浴すると良いでしょう。髪の毛が蒸されて、トリートメントがより浸透しやすくなります。その後、トリートメントを洗い流します。毎日のお手入れだからこそ、流れ作業にならないように、髪の毛を労わってあげましょう。

お手入れで一番大切な髪の毛の乾かし方

via pixta.jp

シャンプーとトリートメントをした後、ほっと一息つきたくなる気持ちは分かりますが、髪の毛が濡れている状態は、摩擦によってダメージヘアに一番なりやすいです。

いち早く乾かすことをおすすめします。ドライヤーの熱で髪の毛が傷みそうだと思われるかもしれませんが、濡れている状態で受けるダメージの方が大きいです。そのため、お風呂から上がったらすぐに乾かした方がダメージヘアの予防になります。

まず、タオルで髪の毛を押さえます。ゴシゴシとこすると、髪の毛の表面にあるキューティクルが剥がれてダメージヘアを加速させてしまいます。タオルに髪の毛を挟んで、押さえるようにして水気を取りましょう。そして、ドライヤーの温風で乾かしますが、その時ドライヤーは上から下に風が起こるように持ちます。

そうすると、キューティクルが水分を含んで開いていたのが風によって閉じて、傷みにくくなります。また、間近から一か所に風を当て続けるのではなく、10センチ程度距離を取って、小刻みに振るようにします。こうすることで熱が分散されるため、ドライヤーの熱によるダメージを受けにくくなります。

髪の毛の根元や襟足、耳の後ろは乾かしにくい部分ですが、髪の毛を意識してかき上げると、風通りが良くなり、乾かしやすくなります。髪の毛がほぼ乾いたら、ドライヤーの風を冷風に切り替えます。冷風を上から当て、髪の毛に残る熱を冷まします。この時に、髪の毛を下に引っ張るようにお手入れすると毛流れが良くなり、ツヤも出ます。温風でいつまでも乾かしていると、髪の毛が乾燥してしまいます。完全に乾くまで温風を使うのではなく、ほぼ乾いたと感じたら、冷風に切り替えるようにしましょう。

髪の毛が絡まりやすい方やダメージヘアが気になる方は、プラスのお手入れとして、ヘアローションやヘアオイルを使うことをおすすめします。傷みが気になる部分や毛先に馴染ませておくと、指通りが良くなりますし、静電気を溜めにくくなります。
TOP