タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

こんにゃくはダイエット効果がある?栄養価やおすすめレシピなどを紹介!

こんにゃくはダイエット効果がある?栄養価やおすすめレシピなどを紹介!

カロリーが低い食べ物と言えば、こんにゃくをイメージする人が多のではないでしょうか?実際にこんにゃくは、ダイエット食材の代表のように扱われていますよね!そこで今回は、こんにゃくダイエットの方法や栄養価などを、徹底解説していきます♪

カロリーが低い食べ物と言えば、こんにゃくをイメージする人が多のではないでしょうか?実際にこんにゃくは、ダイエット食材の代表のように扱われていますよね!そこで今回は、こんにゃくダイエットの方法や栄養価などを、徹底解説していきます♪

こんにゃくの栄養価について

低カロリーなことで有名なこんにゃくですが、具体的にどのような栄養素が含まれているのでしょうか?実はこんにゃくは、ただカロリーが低いだけではないのです!具体的な栄養価をチェックしてみましょう♪

カリウム

カリウムは神経刺激や心臓機能など、様々な働きを調節するという役割があります。さらに、ナトリウムの吸収を防ぐという効果があるため、高血圧の予防改善にも良いというのが強みです。メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病を抱えている人にとって、とても心強い栄養素ですよ!

カリウムによって塩分の吸収を抑えられるということは、むくみの予防にもつながります。塩分の摂りすぎはむくみを招いてしまう結果となりますが、カリウムを適度に摂取していれば、予防が可能なのです(´ω`)

カルシウム

カルシウムは骨や歯などを作る栄養素として知られており、まさに健康に欠かせないものですよね!実際にカルシウム不足になると、骨粗しょう症になるという研究結果も出ているため、積極的に摂取したほうが良いでしょう。

しかもカルシウムは、日本人が不足している栄養素の代表としても挙げられています。日本人は海外の人と比べると、牛乳を飲む習慣が無いため、カルシウム不足になりやすいのです!健康被害を防ぎたいなら、こんにゃくを食べてカルシウムを摂取しましょう。

セラミド

セラミドは、美容に関心がある女性にとって、とてもなじみ深い成分では無いでしょうか。保湿成分として、化粧水やクリームなどのスキンケア用品に含まれていることが多いのですが、実はこんにゃくにも入っているのです!

こんにゃくを食べるだけで、身体の内側から保湿ケアができます。セラミドを摂取するだけで、乾燥しにくい肌質に近づくことができるため、湿度が低い冬に大活躍してくれるでしょう。毎日のスキンケアだけではなく、食べ物で乾燥対策がしたい人におすすめです。

こんにゃくがダイエットに良い理由は?

こんにゃくがダイエットに良いと言われているのは、一体なぜなのでしょうか?実はこんにゃくを食べると効率よく体重を落とすことができるのです!具体的なメリットをピックアップしてみましたので、チェックしてみてくださいね♪

低カロリーで太りにくい

こんにゃくはなんと100gでたったの7カロリーだけなので、食事制限中にぴったりな食材です!お腹いっぱい食べてもカロリーオーバーの心配が無く、簡単に痩せられることで定評があります。板こんにゃくやいもこんにゃくなど、様々な種類がありますが、カロリーはほとんど変わりません。

人間は1日の消費カロリー以上を摂取してしまうと、脂肪へと変換されてしまいます。しかし摂取カロリーが低ければ脂肪が減っていき、スリムなボディになることが可能です。しかもこんにゃくは糖質も低く、100gに0.1gのみとなっています。

便秘解消におすすめ

こんにゃくには便秘を解消する力があります。こんにゃくは不溶性食物繊維という成分が豊富に含まれており、お通じをスムーズにしてくれるのです!お腹の調子が悪いときに食べると、便意を感じやすくなりますよ(´ω`)

不溶性食物繊維は、一般的な栄養素とは違い、水に溶けにくいという性質を持っています。そのため、適量を食べることで腸内に刺激を与え、便意を招きやすくしてくれるのです!何をしてもお通じが無いと悩んでいるときにぴったりですよ(^ω^)

色々な料理に使える

こんにゃくはほとんどのスーパーで売られており、どこでも手軽に購入できる食材です。しかも1つあたり100円以下で、賞味期限が非常に長く、主婦にとってとても使い勝手が良いと言えます。

こんにゃくをメインにした料理はもちろん、ちょっとしたメニューのアクセントに入れても良いので、様々なレシピに使用できます。味付けを工夫すれば飽きる心配もなく、美味しく食べながらダイエットができるでしょう。これまで食事制限で失敗続きだった人も、こんにゃくなら効果を実感できます。

こんにゃくダイエットの方法は?

様々なメリットがあるこんにゃくですが、効果的にダイエットをするための方法があります!ただ食べるだけでも十分効果は得られるのですが、ちょっとしたコツをつかむだけで、ダイエット効果を最大限に引き上げることができますよ♪

最初にこんにゃくを食べる

食事をするときは、最初にこんにゃくを食べてみましょう。実はたったこれだけで、血糖値が急激に上がるのを防ぐことができるのです!糖質が多い食品を口にすると、血糖値が上昇しやすいことが分かっているため、高血圧をはじめとするトラブルを抱えている人は注意が必要です。

しかし、こんにゃくなら低糖質なので、血糖値が上がる心配はありません。しかも、最初の時点でお腹が満たされるため、カロリーオーバーしにくくなるのです!つい食べ過ぎてしまう人は、試してみてください♪

間食にこんにゃくを食べる

おやつを食べ過ぎてしまう人は、こんにゃくを食べてみませんか?スナック菓子やスイーツなどは、カロリーが非常に高いので、健康に良い食品とは言えません。代わりにこんにゃくを食べると、お腹が満たされるだけではなく、余計なカロリーを摂取せずに済みますよ!

最近はこんにゃくのお菓子が増えており、ダイエットをしている人から注目を集めています。例えばこんにゃくチップスやこんにゃくゼリーなど、美味しいお菓子が多数開発されているんですよ(^^)味や食感も工夫されているので、飽きずにダイエットできます!

よくかんで食べる

こんにゃくを食べるときは、必ずよくかむことを意識しましょう。例え小さくカットされていたとしても、十分にかむことを心掛けてください。かんだ分だけ満腹中枢が刺激されていき、満腹感を得られるようになりますよ!

また、大きめにカットされているこんにゃくは、よりかむことを意識しましょう。こんにゃくは喉に詰まると窒息する恐れがあり、大変危険です。しっかりかんでおけば、そのような問題が起こる心配もありません!こんにゃくの食感や味などをのんびり楽しみながら、ゆっくり食べてくださいね(´ω`)

おすすめこんにゃく料理

それでは、ダイエットにぴったりなこんにゃく料理を紹介します。料理が苦手でも簡単に作れる料理ばかりなので、初心者におすすめですよ!こんにゃくは賞味期限が長く、保存ができることでも人気であり、常備菜としてもぴったりでしょう♪

こんにゃくの煮物

こんにゃくを使った料理と言えば、やはり王道の煮物では無いでしょうか?煮汁は砂糖としょうゆを使った甘辛いタレや、おでんのようにあっさりとしたダシなど、自分好みの味付けを試してみてください。しっかり味が中に染み込んだ煮物は、とても美味しいですよね♪

また、こんにゃくだけだと寂しい場合は、具材をプラスするのもおすすめです。例えば食物繊維が豊富なごぼう、カロテンたっぷりのニンジンなどを加えると、栄養バランスが偏りません。ボリュームたっぷりな煮物なら、何度食べても飽きませんよね(^^)

こんにゃくステーキ

より満足感を得たいときは、こんにゃくステーキを作ってみましょう。作り方は通常のステーキと同じで、こんにゃくを焼いて味を付けるだけです。外側はカリッとした食感ですが、中はプルプルと歯ごたえがあるこんにゃくに仕上がりますよ!

味を付ける際は塩コショウではなく、ステーキのたれを使うと本格的な味になります。また、ナイフで切って食べるのが面倒な場合は、焼く前にあらかじめ食べやすい大きさにカットしておきましょう。好みに応じてワサビやニンニクなどをプラスしても美味しいですよ(´ω`)

こんにゃくダイエットの注意点

こんにゃくダイエットには、いくつか注意すべしポイントがあります。意識しないとダイエットが失敗に終わってしまうリスクがあるので、実践する際は必ず注意しておきましょう。健康的に痩せられるよう、詳しい内容をおさえておくことが大切です!

他の食材も食べる

こんにゃくがいくら低カロリーだからといって、他の食材を食べないのはNGです。こんにゃくだけでは、1日に必要な栄養素を摂取することはできません。例えばタンパク質やビタミンなどは、他の食材から摂取しなければならないのです。

こんにゃくの他にも、ご飯やサラダなどを食べて、バランスよく食事を楽しんでください。他の栄養素を摂取できてこそ、美しく痩せられますよ!

食べすぎに注意

こんにゃくは水に溶けにくい性質があるため、食べ過ぎると腸閉塞になる恐れがあります。消化に悪い食べ物であるということを意識して、食べすぎには注意しましょう。

もちろん極端に食べすぎなければ、腸に良い刺激を与えてくれる食品です。成人の場合は1日に250g(こんにゃく一枚分)以上を食べないように気を付けてください。

こんにゃくダイエットで効果的に痩せよう!

いかがでしたでしょうか。こんにゃくは低カロリーなだけではなく、様々な栄養素が含まれています。ダイエットに効果的な食べ方もあるので、痩せたいときは実践してみましょう♪美味しく食事を楽しみながら、ダイエットに取り組んでみませんか?

TOP