タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

イチゴ脚って知ってる?原因や対策法などを徹底解説!

イチゴ脚って知ってる?原因や対策法などを徹底解説!

イチゴ脚という言葉を耳にしたことはありますか?一般的に知られているイチゴ鼻という言葉よりも聞きなれませんが、実はよくあるトラブルなのです!今回はイチゴ脚の原因や解消法などについて、詳しく解説していきます(`・ω・´)

イチゴ脚という言葉を耳にしたことはありますか?一般的に知られているイチゴ鼻という言葉よりも聞きなれませんが、実はよくあるトラブルなのです!今回はイチゴ脚の原因や解消法などについて、詳しく解説していきます(`・ω・´)

イチゴ脚とは

それではまず、イチゴ脚とは何なのかを解説していきますね!自分には関係が無いと思っていても、もしかすると同じ症状が起こっているかもしれません(>_<)自分の脚がイチゴ脚になっていないか、チェックしましょう!

まるでイチゴのように黒くなってしまう!

イチゴ脚は、その名の通り「イチゴのような脚」になってしまうことを言います。脚の毛穴がポツポツと黒く見えてしまい、まるでイチゴのタネのようなビジュアルに見えてしまうのです(>_<)スベスベでキレイな肌を目指している人にとっては、とても恐ろしい問題ですよね……。

イチゴ脚は国内だけではなく、海外でもよくあるトラブルとして挙げられています。実際にニューヨークの医師も、「イチゴ脚」という言葉を使っているんです。このように、思った以上にメジャーな問題なんです(:_;)

触ると凹凸があることも

イチゴ脚は見た目がポツポツとしていますが、触ると凹凸を感じることもあります。キレイな肌と言えば、触れるとスベスベで白いイメージがありますが、完全に真逆になってしまいますよね(>_<)

凹凸は立体感があるので、ただ毛穴が黒いよりも目立ちやすくなります。触ると、ざらざらした感触があるので、コンプレックスになっている人は多いのです。

あなたの脚はどうですか?見た目だけではなく、触り心地も確認してみてください。

イチゴ脚になってしまう原因は?

そもそもイチゴ脚になる原因は何なのでしょうか?イチゴ脚にならないためにも、何が原因なのかを知っておかなければなりません!いくつか原因を紹介していきますので、一つずつ確認していきましょう(`・ω・´)

色素沈着

とても多いのが、色素沈着です!特に毛穴周辺の肌が黒くなっている場合は、色素沈着している可能性が考えられるでしょう。まるで汚れているような見た目の色素沈着は、透明感のある肌にとって大敵ですよね!

色素沈着は肌への刺激が原因です。シェービングによって毛穴周辺が傷ついてしまうと、少しずつ黒ずんでいきます。また、肌のかゆみが我慢できずかきむしっていると、肌への負担となってしまうので、色素沈着が起こりやすいので注意が必要です。生活習慣の中で、肌を摩擦してしまっていることがある場合は、早めに見直しましょう。

ムダ毛が目立っている

シェービングをこまめにしているのに、毛穴が目立ってしまうというトラブルが少なくありません。実はシェービングをしても、毛穴からムダ毛の断面が見えている状態なんです!元々毛が濃い人は、断面が見えやすくなるという特徴があります(>_<)

また、肌が白い人も、ムダ毛が目立ちやすいのです。遠くから見てもポツポツ見えてしまうことがあり、中には化粧品でカバーをしている人もいるほど…(:_;)せっかく白い肌なのに、毛の断面が目立つなんて悲しいですよね……。

毛穴詰まり

毛穴詰まりによる黒ずみは、鼻によくある症状です。毛穴に古い皮脂や角質などが蓄積して、酸化することで黒くなるという問題ですが、脚にも同じトラブルが起こりえます。触ると凹凸がある場合は、まさに角質が詰まっていることが考えられるのです(:_;)

角質詰まりによる黒ずみは、毛穴がある場所ならどこでも起こる可能性があります。しかし脚の場合は、季節問わず露出することが多いパーツなので、黒ずみが比較的目立ちやすいのです。しかも凹凸があると尚更気になってしまうため、余計にコンプレックスになりますよね。

イチゴ脚にならないためには?

美しい脚でいるためには、イチゴ脚対策を日頃から行っておきましょう!意外にも良くあるトラブルだからこそ、しっかり対策をしておく必要がありますよ。中には簡単に実践できる方法もあるので、試してみてくださいね♪

毛を頻繁にそりすぎない

色素沈着によるイチゴ脚を予防するには、シェービングを頻繁に行わないようにする必要があります。毎朝毎晩シェービングをしていると、肌への負担になってしまうのです(:_;)ムダ毛ケアのつもりが、いつの間にか黒ずみができていたというケースは少なくないんです。

頻繁に剃ると肌がキレイに見えるように思ってしまいがちですが、色素沈着のことを考えるとそうとは言い切れません。特に肌がデリケートな場合は、摩擦による刺激を受けやすいのです!色素沈着にならないよう、毛を剃るペースを見直してみましょう。

脱毛をする

毛が元々濃い場合は、頻繁に剃らないとポツポツした見た目になってしまう可能性があります。その場合は思い切って脱毛をしてみるのがおすすめです!毛そのものが無くなれば、シェービングでのケアが必要なくなります。ムダ毛のない肌はとても美しく、お手入れいらずですよ(´ω`)

脱毛をすれば毛をそらなくても良くなるので、結果的に肌への負担が無くなります。特に医療脱毛の場合は、半永久的に毛が生えてこなくなると言われているので、美意識が高い人におすすめです♪

ボディクリームで保湿

保湿効果が高いボディクリームは、肌を柔軟にしてくれる効果があります。柔らかくスベスベな肌になれるので、美容ケアをしている女性から人気のアイテムですよね!ボディクリームで柔らかい肌になると、毛穴詰まりが取れやすくなりますよ♡

しかも肌が潤っていると、バリア機能が整うというメリットがあります。バリア機能とは、肌荒れや乾燥などのトラブルから守る機能のことを言います。常に健やかでキレイな肌でいるためには、必要不可欠な機能なのです。季節問わず保湿を行っておけば、いつも美しい姿を維持できますよね♡

ピーリングをする

毛穴詰まりに効果的なお手入れが、ピーリングです!最近のピーリング剤は、肌に優しいものが数多く開発されています。肌の負担になるというイメージがありますが、低刺激の物を選べば安心ですよ♪中でもジェルやクリームなどのタイプは、比較的肌に優しい成分であることがほとんどです。

ピーリングを週2~3回行っていると、古い角質がたまりにくくなり、毛穴の黒ずみが無くなっていきます。しかも凹凸まで無くなるので、スベスベの脚を手に入れることができちゃうんです!角質ケアにはもってこいのアイテムですね(^^)

ブラッシングで角質オフ

頑固な角質には、ブラッシングによるスペシャルケアが有効です。柔らかなブラシで肌をこすると、古い角質が少しずつ落ちていきます。ブラシの毛なら、細かい毛穴にアプローチしやすいので、とても効率的な方法ですよ!

ブラッシングは肌を刺激しないよう、優しく行うことを心がけましょう。いくら毛穴詰まりが気になるからと言って、ゴシゴシ擦るのはNGです!余計の毛穴が広がってしまい、イチゴ脚が目立ちやすくなってしまいますよ(>_<)また、ブラシは毛が柔らかいものを選びましょう。

ボディウォッシュで汚れを洗い流す

忙しい日々が続いていると、ついお風呂に入らなかったり、シャワーの水だけで洗い流したりなど、お手入れがおろそかになりやすいですよね。しかし、これでは毛穴に汚れがたまりやすくなってしまいます!

必ず毎日ボディウォッシュで身体を洗い、清潔な状態を保ちましょう。肌をキレイに保つことは、バリア機能にも大きく関わってくるので、とても重要なポイントなんですよ!毛穴詰まり対策の基本となるケアだからこそ、毎日必ず行いましょう。好きな香りのボディウォッシュにすれば、1日の疲れも洗い流せちゃいますよ♪

イチゴ脚対策の注意点

イチゴ脚にならないようにするためには、注意点をおさえておく必要があります。間違ったケアは、イチゴ脚を悪化させてしまう可能性があるので、必ずチェックしておきましょう。正しいケアを行って、美しい脚を目指しませんか?

カミソリの刃はこまめに交換

シェービングを頻繁に行っているわけではないのに、肌への負担を感じている場合は、カミソリの刃が古いかもしれません。特に毛が剃りにくい場合は、カミソリの刃が劣化していることが考えられます。早めに新しい刃に交換してください!

刃が古い状態だと毛をキレイに剃れないだけではなく、肌への摩擦になりやすいのです(>_<)場合によっては刺激を受けて、肌がヒリヒリしてしまうこともあります。特に肌質がデリケートな場合は、小さな刺激でも負担になりやすいので、日頃から気を付けてくださいね!

スペシャルケアは週2~3回

どれだけイチゴ脚が気になったとしても、スペシャルケアを頻繁に行うのは避けましょう。スペシャルケアはトラブル改善に効果的ですが、毎日行うものではありません。肌や毛穴を傷つけてしまう場合もあるので、週に2~3回にしてくださいね(>_<)

また、肌の調子が悪いときも、スペシャルケアはお休みしましょう。肌のバリア機能回復が優先です(`・ω・´)

イチゴ脚の対策をしてスベスベ肌に♪

イチゴ脚は色素沈着や毛穴詰まりなど、様々なことが原因だと分かりましたね!日頃からケアをしておかないと、イチゴのようにポツポツした見た目になってしまいます(>_<)

予防対策の方法は様々ですが、中にはすぐに実践できる簡単なケアもあります!まずは日常生活に取り入れやすい物からスタートしてみませんか?

TOP