タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

バスタイムの楽しみ方とアイテム紹介

バスタイムの楽しみ方とアイテム紹介

お風呂をついついシャワーだけで済ませてしまうことはありませんか?忙しい日や夏の暑い日は、特にシャワーだけになりがちです。しかし、お風呂に入ることは、身体の汚れを落とすだけでなく、心と身体をリラックスさせるうえでもとても大切です。 今回は、バスタイムをより充実させる方法と、おすすめのバスアイテムを紹介します。

バスタイム充実化のススメ

お風呂に入り湯船につかることは、健康や美容の観点から見て、とても大切です。

まず、お風呂で温まり血流がよくなることで、むくみの解消、不眠症や冷え性、便秘・下痢の改善などが期待できます。また、お風呂にはリラックス効果があります。副交感神経が優位になることで、ストレスを感じたときに出るノルアドレナリンを抑える効果があります。

また、身体が温まりリラックスすることによって疲れが取れ、全身の緊張もほぐれるため、湯船につかることは非常におすすめです。

しかし、「湯船につかっていても暇だからすぐに出てしまう」という人もいるのではないでしょうか。シャワーを浴びるだけだったり、入浴時間があまりに短かったりすると、リラックス効果は高まりません。そのため、自分なりにバスタイムを楽しむ方法を見つけて、長めに湯船につかることもポイントとなります。

バスタイムの楽しみ方

バスタイムを有意義に過ごすためには、どのような方法があるのでしょうか。
ここでは、バスタイムの楽しみ方10選をご紹介します。

楽しみ方①入浴剤・バスボムを使う

入浴剤やバスボムには、さまざまな色や香りがあり、全身のリラックス効果を高めることができます。見た目の種類も多彩で可愛らしい形のものが多いため、その日の気分に合わせて選ぶのも楽しみのひとつです。

また、タイプによって美肌作用や発汗作用に違いがあり、効果が異なるのも特徴です。しっとりとしたミルク系の入浴剤や発汗作用を高めるバスソルト、敏感肌向けの生薬入浴剤など、自分の身体や肌の状態に合わせて適したものを選ぶことで、バスタイムを楽しみながらケアもできます。

楽しみ方②バスキャンドルの明かりでリラックス

バスキャンドルは高いリラクゼーション効果があります。

「ゆらゆらと揺れるキャンドルの明かりを見ていて癒された」という経験はありませんか?キャンドルの優しい光には、人を癒す力があります。また、お風呂の照明を消してキャンドルを灯すと雰囲気も出るためおすすめです。

また、炎だけでなく、キャンドルの香りも癒し効果を高めます。アロマセラピーと同じ作用があるため、不安や悲しみを和らげることができます。ラベンダーの香りは心身のリラックス、オレンジの香りはストレス軽減に効果的です。気分や心身のコンディションに合わせて選んでみましょう。

楽しみ方③ヘッドスパや美顔ローラーでマッサージ

入浴中は血流がよくなり体温も上がっているため、美容ケアにぴったりの時間です。

たとえば、ヘッドスパによる頭皮マッサージは、入浴中におこなうことで、より効果を高めることができます。血行が促進されると頭皮によい影響があるといわれており、血流がよくなっているバスタイムにヘッドスパをおこなうことで、より高い効果を発揮します。

ほかにも、美顔ローラーを使ったフェイシャルマッサージもおすすめです。マッサージグッズのなかには、お風呂で使える防水タイプもあります。ぜひ試してみてください。

楽しみ方④エッセンシャルオイル・ルームミストで香りを楽しむ

湯船や浴室に香りをプラスすることで、よりリラックス効果を体感できます。

エッセンシャルオイルはお湯に3~5滴入れることで効き目が出ます。オイルの香りが身体全体を包み込むことで癒し効果を発揮します。ルームミストは、お部屋だけでなく浴室で使っても効果があります。使い方は、シャワーのお湯を出しながら浴室に2~3回プッシュするだけです。

エッセンシャルオイルやルームミストは、さまざまな種類の香りが販売されています。また、雑貨店やドラックストアなどで市販されているため、すぐ試せるのも嬉しいポイントです。

楽しみ方⑤観葉植物を置く

緑は人にリラックス効果を与えるため、観葉植物を置くことはリラックスできる雰囲気づくりに役立ちます。観葉植物の種類によっては、湯船の端や窓辺に置くことできれいな酸素が排出されるものもあります。観葉植物を設置する際は、アジアンタムやオリヅルランなど、浴室に適したものを置くようにしましょう。

また、観葉植物を置くだけでなく、湯船にハーブを浮かべてハーブバスを楽しむのもひとつの方法です。緑を見て心を癒しながら香りを楽しめるほか、ハーブの効果も体感でき、全身でリラックス効果を味わえます。

楽しみ方⑥イルミネーションの明かりを楽しむ

バスライトやイルミネーションの明かりを使うと、普通の浴室が自分だけのおしゃれな空間に様変わりします。お湯のなかにバスライトを入れるタイプや防水LEDを天井から吊るすタイプなど、種類も豊富です。

イルミネーショングッズのなかには、なんと浴室をプラネタリウムにできるものまであります。湯船に浮かべて星を天井に投影したり、逆にして水面に映したりすることもできます。特別な雰囲気を演出したいときにぴったりの楽しみ方です。

楽しみ方⑦本を読む

「読書の習慣をつけたいけれど時間がない」と困っている人は、バスタイムを読書タイムにしてはいかがでしょうか。お風呂につかりながら本を読むことで、時間を有効活用できます。特に、半身浴は長時間湯船に入ることになるため、読書にぴったりです。

浴室で読書をする際は、防水ブックカバーを使用すると濡れる心配がありません。また、スマートフォン用防水ケースも販売されており、電子書籍を活用することもできます。

楽しみ方⑧音楽を聴く

音楽を聴いて過ごすこともバスタイムを楽しむ方法のひとつです。音楽には人の心を癒す力があり、音楽を聴きながら歌うと、声を出すことによって呼吸能力が高まります。また、ストレス解消にも効果的です。

防水タイプのBluetoothスピーカーを使えば、入浴しながら使用でき、水に濡れてしまっても安心です。湯船に浮かべられるタイプなら、インテリアとしても楽しめます。

楽しみ方⑨動画を観る

長く感じる入浴時間も、動画を観ていればあっという間です。防水ケースにスマートフォンを入れれば、浴室でも動画を楽しむことができます。

ただし、長時間スマートフォンを手に持っていると疲れてしまいます。そんなときは、バスタブトレーを用意するのがおすすめです。端末を置いて視聴できるため、ゆっくり楽しむことができます。また、浴室用液晶テレビを使用すれば、お風呂のなかでも大きな画面で高画質な動画を視聴できます。

楽しみ方⑩瞑想浴をする

お風呂で瞑想し、自分と向き合う時間にすることも、バスタイムを有意義な時間にするおすすめの方法です。瞑想浴は自律神経を整え、脳をリラックスさせる作用があります。

浴室はスマートフォンやパソコンなどのデバイスと離れ、完全にひとりきりの空間をつくることができる場所です。自分と向き合う環境をつくりやすく、瞑想に向いています。また、浮力が働くことによって重力が軽減されるため、自分自身と集中して向き合いやすいこともメリットです。

バスタイム充実化アイテム

美容やリラクゼーショングッズなど、バスタイムを楽しむためのさまざまなアイテムが販売されています。ここからは、バスタイムを充実させるためのアイテムを5点紹介します。一緒にチェックしていきましょう。

おすすめアイテム①ボディケアアイテム

バスタイムは美容と健康の両方によい影響を与えます。ボディケアアイテムを上手に活用すると、よりバスタイムの効果を高めることができます。

今回は、数あるボディケアアイテムのなかから、ヘッドスパグッズを例に見ていきましょう。

ヘッドスパグッズには電動・手動があり、電動のなかでも揉みほぐしや洗浄などのタイプに分かれています。電動の商品は優しい振動で頭皮を刺激し、商品によっては振動数を調整することも可能です。ヘッドスパグッズをひとつ持っていれば、バスタイム以外でも活用できます。

おすすめアイテム②バスキャンドル

バスキャンドルは、明かりによる癒し効果があります。自分の好みに合ったアロマ付きのキャンドルなら、香りによってさらなる癒し効果が期待できます。

キャンドルの形には、さまざまな種類があり、湯船に浮かべることができるタイプもあります。キャンドルがぷかぷかと浮いている様子は可愛らしく、目で楽しめることもバスキャンドルのよさのひとつです。

火を使用するのが心配な人には、LEDキャンドルがおすすめです。触れたり倒れたりしても問題ないため、安全に楽しめます。

おすすめアイテム③バスタブトレー

長い時間お風呂に入っていると、スマートフォンを持った手が疲れたり飲み物を飲みたくなったりしますよね。そんなときに使えるアイテムが、バスタブトレーです。

バスタブに専用のトレーを設置することによって、飲み物やタブレットなどを置くことができます。物を置いてゆったり過ごせるため、手や肩が疲れてくることはありません。

ただし、バスタブトレーはカビが発生する心配があります。月に1・2回はお手入れをしましょう。

おすすめアイテム④防水スピーカー

お風呂で音楽を聴く際におすすめのアイテムが、防水スピーカーです。バスタイムには、Bluetooth対応のスピーカーがおすすめです。また、高音質・大音量のスピーカーなら、シャワーの音にかき消される心配もありません。

防水スピーカーは壁掛けタイプや湯船に浮かべるタイプなどがあり、形もさまざまです。自分好みのスピーカーを見つけてみましょう。

おすすめアイテム⑤バスピロー

バスピローは長時間の入浴におすすめのアイテムです。枕の裏側に吸盤が付いていてバスタブに吸着するため、ずれる心配はありません。素材はやわらかい生地で適度な弾力があり、頭や首を優しく支えてくれます。

商品によってはツボ押し効果もあるため、マッサージアイテムとしても使用できます。また、吸盤を使って好きな場所に付けられるため、首まわりだけでなく、腰や肩甲骨の間などに使うのもよいでしょう。

充実したバスタイムで心と身体を健康に保とう!

湯船につかると、むくみの解消やストレス軽減など、心身ともによい効果があります。しかし、「暇になってしまって長くお風呂に入るのが苦手」という人もいるでしょう。そんなときは、バスタイムを楽しむ工夫をしてみましょう。

お風呂に入りながらマッサージをしたり、読書や音楽鑑賞をしたりと、さまざまな楽しみ方があります。また、それに合わせたバスグッズも、たくさん販売されています。

自分好みのバスタイムを楽しみ、心と身体の健康を保ちましょう。

TOP