タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

ポッコリお腹はいつから気になりだすの?予防法を紹介!

ポッコリお腹はいつから気になりだすの?予防法を紹介!

加齢とともにポッコリお腹が気になりだすという話を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?実はポッコリお腹が気になりだすのには、原因があるんです!今回はポッコリお腹がいくつから気になりだすのかや、その原因などについて解説します(^^)

加齢とともにポッコリお腹が気になりだすという話を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?実はポッコリお腹が気になりだすのには、原因があるんです!今回はポッコリお腹がいくつから気になりだすのかや、その原因などについて解説します(^^)

ポッコリお腹が気になりだす年代は?

昔は痩せていたのに、急にポッコリお腹が気になりだしたというケースは少なくありません!お腹が出てしまうのは、いくつからなのでしょうか?具体的な年代についてまとめましたので、詳しく見てみましょう(^^)

40代になると目立ちやすい

ポッコリお腹は一般的に、40代以降になってから目立ちやすくなると言われています。40代はシワやたるみなど、今までには無かったエイジングサインに悩まされる年代ですよね(>_<)顔に関するトラブルのイメージがありますが、実はポッコリお腹のような身体に関する問題も起こりやすいんです。

40代は筋力が低下しやすく、ポッコリお腹になりやすいという特徴があります。しかも運動習慣が無くなっていき、カロリー消費量も減っていくんです(:_;)加齢とともにポッコリお腹が悪化していくのは、このような原因があるんですよ!

50代になって悪化する可能性も!

40代のうちに対策をせずにいると、加齢とともに悪化していきます。ポッコリお腹がどんどん目立つようになり、ついには妊婦のようなビジュアルになることは少なくないんです!ポッコリお腹に気が付いたときは、早めに対策をしないと大変なことになりますよ(>_<)

男女問わず、筋力は年をとるほど低下しやすくなるので、40代よりも50代のほうが痩せにくくなってしまいます。すぐに対策をしたほうが、スムーズに痩せられるでしょう。ポッコリお腹に気が付いたら、早急に手を打ったほうが良いですよ!

加齢によってポッコリお腹になるのは何故?

ポッコリお腹になりやすい年代は分かりましたが、若い頃よりも目立ちやすいのは何故なのでしょうか?もちろんこの現象は、加齢と大きく関係があるんです!どうしてポッコリお腹になりやすいのか、詳しく解説します♪

基礎代謝の低下

一番大きな理由が、基礎代謝の低下です。加齢とともに筋力が衰えると、一日に消費できるカロリー量が減少していきます。つまり、今までと同じ量の食事を摂っていたとしても、太りやすくなってしまうのです(>_<)

しかも基礎代謝は、対策を取らないとどんどん低下していくので、知らない間に太っていきます。生活習慣が乱れている場合は、簡単に脂肪がついていってしまい、メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病になることもあるんです。基礎代謝が低下しないよう、生活習慣の改善を心がけなければなりません。

冷えやむくみ

最近は仕事でデスクワークをメインとしている人が増えていますよね。長時間座ったままの人に多いのが、冷えやむくみによるトラブルです。ずっと座っていると脚に負担がかかっていき、リンパの流れが悪くなってしまいます。

さらに、下腹にある水分も排出されることなく、蓄積されたままになってしまうので、体が冷えやすくなります。内臓は身体を冷やさないようにするために、お腹の周りに脂肪を蓄えようとするので、ポッコリお腹が作られていくのです(>_<)下半身を冷やしてしまうことも、実は体脂肪と大きな関係があるんですよ!

便秘

お通じが悪くなると、常にお腹が張った状態になりますよね(:_;)常に苦しい状態が続いてしまうので、日頃から悩まされている人も多いのではないでしょうか?便秘になると腸内にガスがたまってしまい、ポッコリお腹に見えてしまうこともあります。

さらに、消化が悪い状態になると、食べ物が脂肪としてため込まれてしまいます。便秘になりと太りやすいと言われているのは、まさにこの現象が原因なのです!お通じを良い状態にすれば、脂肪が身体につきにくくなるので、痩せやすい体質になることができます(^ω^)

エイジング世代のポッコリお腹予防法は?

年をとるとポッコリお腹になりやすくなってしまうのは、ある程度は仕方の無いことです。ですが、いくつかの予防法を実践することで、スリムなボディになれますよ♪加齢に負けない体になりたいなら、日常生活の中で試してみてくださいね(´ω`)

食生活の改善

まずは毎日食べている食事メニューから見直してみましょう!甘い物を食べ過ぎていたり、野菜が少なかったりなど、バランスに偏りはありませんか?若い頃よりも太りやすい年代だからこそ、栄養バランスが整った食事はとても大切ですよ!

まずは1日に食べたものを、一つずつメモしてみて下さい。自分が何をどれくらい食べているか記録することで、偏りを可視化することが可能なんです!これはドローイングダイエットとも呼ばれている方法であり、食生活を改善するための基本となります。簡単で構いませんので、記録してみてください。

お風呂でリラックス

バスタイムでリラックスするのは、むくみや冷えなどの対策になります。身体がポカポカ温まれば、冷えによる脂肪蓄積の心配はありませんね!女性は特に冷え性で悩む傾向にあるので、どれだけ忙しくてもバスタイムの時間を取りましょう。

身体を温めるために、熱いお湯をいれる必要はありません。40℃程度のぬるま湯で半身浴をすると、徐々に体が温まっていきます。お風呂に入ると汗が大量に出るので、必ず水分補給を行ってくださいね♪痩せやすい身体になりながら、むくみを取り除けますよ(´ω`)

ウォーキングで脂肪燃焼

日頃から歩く習慣を付ければ、スムーズに痩せることができますよ!内臓脂肪と皮下脂肪が着実に減っていき、ポッコリお腹を撃退できちゃいます♪まさにお腹が出やすいエイジング世代にとって、ぴったりな予防法ですよね(^^)

ウォーキングは足をなるべく大きく開き、早歩きを意識すると良いですよ。だらだらゆっくり歩くよりも、エネルギーの消費量が多いと分かっています。脚の筋肉を鍛えるという効果もあるので、インナーマッスルの強化におすすめです!短い時間だけでも実践してみませんか?

水分を摂って便秘とむくみを解消!

しつこい便秘には、水分補給がおすすめです!体内の水分が足りていない状態だと、腸の動きが鈍くなったり、便が固くなったりなど、様々な問題が起こります。スムーズなお通じにするなら、1日2リットルを目安に水を飲んでみてください(^^)

水分をしっかり飲んでいると、老廃物が流れやすくなるという利点もあります。老廃物がたまると身体がむくんでしまうので、水を飲んでメリハリのあるボディになりましょう!トイレに行く度にコップ1杯の水を飲むようにすれば、丁度良いペースで補給できますよ♪

サプリメントで腸の動きを促進!

何をしてもお通じが良くならないときは、サプリメントの力を頼りましょう!サプリメントはあくまでも健康食品なので、薬ではありません。だからこそ安全性が高く、足りない栄養素を補いたいときに便利なアイテムですよ♪

特におすすめなのは、ビフィズス菌や乳酸菌などのサプリメントです!腸の健康に必要不可欠な菌なので、便秘や下痢などに悩んでいるときに効果を発揮してくれます(^^)お通じがスムーズになれば、脂肪が身体についてしまう心配が無くなりますね♪

寝る前は食べない

眠る前に食事をするのは控えましょう!胃の中に食べ物がある状態だと、深く眠ることができず、睡眠の質が悪くなってしまいます。さらに、消化が悪くなるというデメリットもあるので、脂肪として蓄えられてしまう危険があるのです(>_<)

遅くても晩御飯は眠る3時間前に済ませておくことをおすすめします。また、夜食は太る原因になるので、なるべく食べないようにしましょう。もしどうしてもお腹がすく場合は、消化に良いものを食べてください。ゼリーや豆腐など、胃の中に残りにくいものが良いですよ!

しつこいポッコリお腹におすすめの改善方法は?

ポッコリお腹を徹底的に改善したい場合は、より効果的な方法を取り入れましょう!予防法と一緒に組み合わせることで、細い体を手に入れやすくなりますよ!体力が無い人でもできる方法なので、まずはチャレンジしてみてください。

腹筋

腹筋はお腹の周りを直接刺激できる、効率的なトレーニング方法です。道具が無くてもお家で簡単にできるので、習慣化しやすいですよね(´ω`)しかも大きな音が鳴る心配も無いため、マンションやアパートで生活している人にぴったりですよ♪

腹筋は内臓への刺激にもなるので、腸へのアプローチ効果もあります。お通じが良くなるというメリットもあり、まさにポッコリお腹改善に適した方法です!最初は10回から行い、慣れてきたら少しずつ回数を増やしてみましょう。

階段を使う

階段を使うと、脚の筋肉に負荷がかかっているような感覚がありますよね!実は、階段を上ると、太ももの筋肉が鍛えられるんです。これはスクワットと同様の効果があると分かっているので、まさに筋トレのような働きが期待できます♡

まずはショッピングや通勤など、日頃から階段を使ってみてください。慣れてくると息切れしなくなっていき、基礎代謝が向上していきます!体力が付いていけば、免疫力も上がっていくので、健康的な体になれます。

ポッコリお腹には対策が必要!

いつからポッコリお腹がなりやすいのかや、その原因などが分かりましたね!加齢と共にリスクが上がっていくので、日頃から予防法を取り入れるのがおすすめです。

簡単にできる予防法が豊富にあるため、仕事や子育てなどの合間に実践も可能♪できることから始めてみませんか?

TOP