タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

ポッコリお腹は内臓と関係がある?改善方法や注意点などを解説!

ポッコリお腹は内臓と関係がある?改善方法や注意点などを解説!

まるでタヌキのようなポッコリお腹は、服を着てカバーをしても中々隠れませんよね(>_<)そんなポッコリお腹は、内臓と関係があると言われているんです!具体的にどんな関係があるのか、詳しく解説していきます(^^)

まるでタヌキのようなポッコリお腹は、服を着てカバーをしても中々隠れませんよね(>_<)そんなポッコリお腹は、内臓と関係があると言われているんです!具体的にどんな関係があるのか、詳しく解説していきます(^^)

ポッコリお腹と内臓の関係とは?

ポッコリお腹は、内臓と深い関係があります!あなたのお腹がポッコリと出てしまっている場合は、これから解説するトラブルが原因になっているかもしれません。自分に当てはめて考えれば、原因が分かりますよ(`・ω・´)

内臓脂肪が増えると下腹が出る

ポッコリお腹の原因として最も多いのが、内臓脂肪の蓄積です。内臓脂肪型肥満という言葉があるように、これは生活習慣病にも関わってくる問題なんです(>_<)メタボリックシンドロームは、まさに内臓脂肪の増加と関係しているので、ポッコリとしたお腹が特徴的ですよね。

内臓脂肪はその名の通り、腸や肝臓などの内臓に蓄積した脂肪のことを言います。カロリーの過剰摂取が原因で起こることが多く、特に男性に多いトラブルとされているんです(:_;)お腹が出てきたと思ったら、まずは内臓脂肪の増加を疑いましょう!

内臓の位置が下がるとポッコリお腹になることも!

体重が増えているわけではないのに、お腹だけがポッコリと出ている場合は、内臓の位置が下がっているのかもしれません。日頃からの姿勢が悪いと、内臓の位置がずれてしまう場合があります。内臓が下がると、太っているわけでもないのに、ポッコリお腹になってしまうんです(:_;)

特にお腹が前に突き出ている「反り腰」という姿勢は、内臓の位置が下がりやすいのです。脂肪増加が原因ではないので、美しい姿勢を意識すれば、ポッコリお腹が改善できますよ!

内臓脂肪って何?

そもそも内臓脂肪とはどんなものなのでしょうか?ダイエットの情報でよく耳にするワードですが、具体的にどんな特性があるのか、知らない人も多いですよね!そんな内臓脂肪の特徴について、詳しく解説していきます♪

内臓脂肪はお腹の周りにつく

「内臓脂肪」とは内臓につく脂肪のことを言うので、お腹の周りに集まるという特徴があります。よく耳にするビール腹は、この内臓脂肪が原因なのです!内臓脂肪は筋肉の内側に蓄積しているため、手で直接触れることができません。知らない間に蓄積していき、気が付いたときにはポッコリお腹として現れるのです(:_;)

下腹が出ている状態になって、やっと生活習慣病を自覚するケースは少なくありません。肥満になると高血圧をはじめ、様々な病気のリスクが上がってしまいます。お腹が出ていないか、定期的にチェックすることが大切ですよ!

体脂肪との違いについて

体脂肪とは、人間の身体に蓄積している全ての脂肪を指した言葉です。体脂肪は「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類に分けることができます。どちらも食べすぎや運動不足など、様々な問題によって増えていきます。

皮下脂肪は皮膚と筋肉の間に蓄積していくという特徴があり、手で直接触れることができます。また、内臓脂肪と比べると、ダイエットをしてもなかなか落ちないという特徴があるんです!内臓脂肪とは違う特徴があるものですが、どちらも「体脂肪」と一括りにして呼びます。

内臓脂肪がつく原因は?

内臓脂肪が体内に蓄積されてしまうのには、様々な原因が考えられます。今すぐに見直さないと、肥満体型になってしまうかも…?考えられる原因をチェックして、自分の生活習慣を見直してみませんか?

摂取カロリーが多い

最も多い原因は、摂取カロリーが多すぎるという問題です。特に糖質や脂質などは、体脂肪になりやすいという特性があるので、ポッコリお腹を作ってしまいます。食生活が乱れていたり、カロリーを摂取しすぎたりしていませんか?

一日の摂取カロリー目安は、世代や性別等によって異なります。目安以上に摂取したカロリーは、体内で消費されることなく、そのまま放置してしまうと脂肪に変換されてしまうのです(:_;)食べすぎの自覚がある場合は、すぐに改善しないと危険です!ビールやお菓子なども脂肪になりやすいので、量に気を付けて!

基礎代謝が低下している

摂取カロリーがもし適切な場合は、基礎代謝が下がっていることが考えられます。基礎代謝は生命活動をしているだけで、自動的に消費されるエネルギーのことです。基礎代謝は一定ではなく、体力不足や加齢などによって低下してしまいます(>_<)

基礎代謝より摂取エネルギーが多い場合は、脂肪として体内に蓄積されていくのです!食べ過ぎていないのに太ってしまうなんて、とても恐ろしいですよね。特に40代以降になると、基礎代謝が下がりやすいと言われています。できる限り基礎代謝を維持できるよう、生活改善をすることが重要です。

運動不足

運動習慣が無いと、エネルギーの消費を全て基礎代謝でまかなわなければなりません。また、運動不足は基礎代謝の低下をに繋がります。身体を少しでも動かさないと、内臓脂肪が身体についてしまいます(:_;)

大人になると仕事や子育てで時間が無くなり、運動をする機会が減っていきます。しかし、何も対策せずにいると、体脂肪が蓄積してしまう一方なのです(>_<)メタボリックシンドロームの人の大半は、運動不足になっている傾向があるので、ある程度のトレーニングは必要と言えます!

内臓脂肪を減らすためには?

ポッコリお腹の原因になる内臓脂肪ですが、頑張り次第で減らせます!ちょっとした取り組みで改善することができるので、諦める必要はありません(´ω`)まずは減らすためのポイントをチェックしてみましょう!

食事メニューを見直す

内臓脂肪が体内についてしまうのは、カロリーを摂りすぎていることが考えられます。つまり、摂取カロリーを日頃から抑えることができれば、ポッコリお腹は自然に解消されていくんです!まずは毎日の食事メニューを見直して、食べ過ぎてしまっていないか確認してみてください。

一日に食べたものは、一つずつメモをすると余計なものを食べていた、、など自覚するきっかけになります♪食べたものでからだが作られていくので、脂っこいものを食べている場合は量を減らしたり、野菜が少ない場合は増やしたりなど、バランスを整えることを心がけてみてください。

運動をする

運動をすると体脂肪が燃焼していき、短期間で痩せることができます!中でも有酸素運動は、内臓脂肪を燃やす働きが強いのです(^^)無理のない範囲で良いので、少しずつ運動する習慣を付けてみてください。

有酸素運動だけではなく、筋トレもプラスしてみましょう。筋肉がつくと基礎代謝がアップするので、1日の消費カロリーが多くなります。また、有酸素運動の効果がアップするというメリットもあるため、少しでもトレーニングに取り入れたほうが良いでしょう。筋肉が付けばメリハリのある体になり、お腹が気にならなくなりますよ!

内臓脂肪に効果的なトレーニングは?

内臓脂肪を減らすためには運動がおすすめですが、具体的にどんなトレーニングをすれば良いのか紹介します!体力に自信が無い場合は、短い時間だけでも問題ありません。少しずつ慣れていき、内臓脂肪を燃やしましょう!

ウォーキング

まずは難易度が低いウォーキングから実践してみませんか?ただ歩くだけでも、体脂肪は徐々に燃焼されていきます。実際に毎日1時間歩いた結果、半年後にはメタボリックシンドロームが改善したという結果も出ているんです!休日の散歩や通勤などは、ウォーキングを取り入れてみませんか?

ウォーキングは早歩きを心がけてみましょう。素早い動きは燃焼効果がアップするので、早く結果が出やすいのです!炎天下で行う場合は、必ず紫外線対策をしてくださいね(^^)キレイを維持しながらウォーキングしましょう♪

スクワット

スクワットは脚の筋肉を育てることで、基礎代謝をアップさせる効果が期待できます。さらにヒップアップや体幹トレーニングなど、様々なメリットがある動きなので、実践して損はありません!辛い場合は1日10回からでも、毎日行ってみましょう。

スクワットに慣れてきたときは、足を肩幅に広げて行うワイドスクワットを試してください。こちらは内ももの筋肉を刺激できるので、すらっとした足になれますよ!もちろん基礎代謝アップというメリットもあり、魅力的な筋トレです。

ジョギング

ジョギングは気分転換になり、ストレス解消に役立ちます。汗をかきながら走るのは気持ちが良く、トレーニング後の達成感も得られますよ!長く走れば脂肪がどんどん燃焼されていき、すぐに結果を出すことができます(^^)

ジョギングは汗を大量にかくので、脱水症状を起こす危険性があります(>_<)必ずトレーニング中は水分補給を行ってください。

フラフープ

お腹のシェイプアップには、フラフープがおすすめです!内臓脂肪に直接刺激がいくので、ポッコリお腹に効果的ですよ(^^)有酸素運動の中でも、比較的楽しく行えるので、モチベーション維持が苦手な人にぴったりです。

フラフープは約15分間行うだけで、十分に効果が期待できます。最初は無理のない時間に調整しましょう。

内臓脂肪を減らしてポッコリお腹を改善!

ポッコリお腹は内臓の位置や脂肪などが関係していることが分かりましたね!ほとんどは内臓脂肪が原因として考えられるので、日頃から対策をすることが重要です♪

運動や食事などを見直すことで、スッキリしたお腹になれるので、キレイなボディラインを目指して頑張ってみてください!

TOP