タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

日傘のUV効果は本当にあるの?色による効果や寿命についても解説

日傘のUV効果は本当にあるの?色による効果や寿命についても解説

日差しが強くなってきた際に活躍する日傘。最近は、デザインが豊富でおしゃれですよね。 晴れた日の日傘のみの使用と、雨の日にも使用できるものがあってカラバリも選べます。日傘は選ぶ色や使用期間でUV効果が変わってくるので、目的を意識して選びましょう。 今回は、日傘のUV効果と選び方や寿命について解説します。

日差しが強くなってきた際に活躍する日傘。最近は、デザインが豊富でおしゃれですよね。
晴れた日の日傘としてのみ使うものと雨の日にも使用できる「晴雨兼用」のものがあって、カラーもいろいろ!。

日傘は選ぶ色や使用期間でUV効果が変わってくるので、目的を意識して選びましょう。
今回は、日傘のUV効果と選び方や寿命について解説します。

日傘のUV効果はある?

日傘は太陽から降り注ぐ紫外線を遮断してくれて、特に夏の日差しが強い季節に重宝します。一年中日傘を使用する人もいて、日焼け止めのように塗る手間もなく、持参するだけで紫外線対策ができるところも便利ですよね!では、本当にUV効果があるのでしょうか?

ここでは、日傘のUV効果について解説します。

日傘のUV効果は高い

最近の日傘の多くは、紫外線を遮断するUVカット効果が施されたものがほとんど。日傘の生地の表面に紫外線をカットする加工がされているので、空から降り注ぐ太陽の紫外線を浴びる量を減らす効果が期待できます!日傘は「持っているだけでOK」という手軽さがあって人気です。

日傘のUV効果は高いですがそれは表面の生地のことで、降り注ぐ紫外線をカットできても地面からの照り返しがあります。日傘でUV効果を狙う際は裏生地のUV効果も重要です。

日焼け止めより効果は劣る

日傘は紫外線をカットするUV効果が高いですが、塗る日焼け止めと比べてその効果は劣ってしまいます。日傘表面に加工されたUV効果で浴びる紫外線のカットはできますが、地面からの紫外線の照り返しはもろに受けることになるので、確実な日傘選びをしないと日焼けしてしまいます。それに比べ日焼け止めは日傘の3倍以上もの効果が証明されています。

もし日傘の裏生地にも紫外線のUVカット効果のある種類を選んだとしても、地面からの紫外線の照り返しをしっかり防げなかった場合は日焼けする可能性が。本気で紫外線対策をするなら、塗る日焼け止めと日傘の併用した使い方がおすすめです(^_-)-☆

日傘を選ぶポイントや買い替え時期は?

日傘を選ぶ際は太陽の紫外線をしっかり遮断する「UVカット効果」の加工が施されたものがおすすめです。晴れの日専用か晴雨兼用かは用途によって選びましょう♪(筆者はめんどくさがりなので、晴雨兼用のものをいつもカバンに入れています。突然のカンカン照りも雨も安心!)UVカット効果と選ぶ色で効果に差が出てくるので見極めて選ぶといいですよ!

ここでは、日傘を選ぶ際のポイントと買い替え時期について解説します。

紫外線の遮断率が高いのは黒色

日傘を使う目的が太陽からの紫外線を防ぐことなら、日傘の表面の生地が黒色のものがおすすめ☆黒色の日傘は、太陽から降り注ぐ紫外線を日傘自体に吸収させて分散することで日焼けを防ぎます。ただし、黒色は熱を吸収するので黒色の日傘は暑さ対策には不向きかも…。

熱による暑さは別とするなら、日傘の裏生地も黒色の日傘を選ぶことがおすすめです(*‘ω‘ *)裏生地に黒色を選ぶことで、地面からの紫外線の照り返しの際も吸収するので、結果的に降り注ぐ紫外線と照り返す紫外線の両方をカットすることができます。

また、日傘の生地や厚みによってUVカット効果に多少の差があります。

生地の熱を逃すのは白色

夏の暑い季節に見た目の涼しさを感じられるのは白色の日傘です。太陽からの降り注ぐ紫外線を黒色のように吸収するのではなく、反射させて日焼けすることを防ぐ効果が期待出来ます。日傘の裏生地に白色のものを選んだ際は、地面から照り返す紫外線を反射させます。

白色の日傘は熱を反射させるので、黒色の日傘のように熱がこもることを回避します。長時間屋外にいても暑さ対策ができるので、使用中の涼しさがあるのは白色の日傘ですよ♪

ですが、四方八方から侵入する強力な紫外線を防ぐには、吸収力の高い黒色の方がおすすめです。黒色のような濃い色の日傘は紫外線に強いので、特に夏は注目が集まります。

2~3年で買い替えるのがベスト

日傘には寿命があることをご存知でしょうか。日傘の寿命に関しては知らない人も多く、大体2〜3年ほどといわれています。使用する頻度と普段の使い方によっても変わります。

日傘のUVカット効果は日傘を開閉する際の摩擦や、生地が傷んできた頃が買い替えのタイミングです。日傘の傷みが現れるとUVカット効果も薄れてくるので、日傘を使っていても日焼けを感じたり、以前と比べて効果が劣ってきたりといった変化を感じるでしょう。

日傘と日焼け止めダブルのUV効果で紫外線対策をおこないましょう☆

日傘のUV効果や選ぶポイント、買い替え時期について解説しました。

日傘のUV効果はきちんとあって、選ぶ日傘の色によって効果に大小の差があります。特におすすめなのは黒色の日傘で、紫外線を防ぐことに感して効果が高いといわれています。

確実にUVカット効果を得たい際は、日傘と塗る日焼け止めのセットの使用がおすすめ!日傘の2~3年の寿命も意識しながら、自分に合った紫外線対策をおこないましょう。

TOP