タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

気になる肘と膝のお手入れ方法は?おすすめのアイテムも紹介します!

気になる肘と膝のお手入れ方法は?おすすめのアイテムも紹介します!

肌見せの季節が来ると気になる肘と膝。手や顔と違って、お手入れが習慣になりにくい部分です。自分では見えにくい部分ですが、他人からは意外と見られています。そんな肘と膝を、簡単にお手入れできる方法とアイテムを紹介します。

肌見せの季節が来ると気になる肘と膝。手や顔と違って、お手入れが習慣になりにくい部分です。自分では見えにくい部分ですが、他人からは意外と見られています。そんな肘と膝を、簡単にお手入れできる方法とアイテムを紹介します。

肘と膝は硬くなったり黒ずんだりする

肘と膝は、ダメージを受けると皮膚が硬くなったり黒ずんだりします。自分では気づきにくい場所でも、他人からはよく見えます。せっかくおしゃれをしても、ゴワゴワの肘や黒ずんだ膝がマイナスイメージを与えるかもしれません。

なぜ肘と膝は黒ずむの?ダメージの原因

肘と膝が黒ずむのはなぜでしょうか。主な原因は、生活習慣の中にあります。
・摩擦や圧力等の刺激
・乾燥

机に肘をついたり床に膝をついたり、日常生活の中で肘と膝はさまざまな刺激を受けます。皮膚は、この刺激に対して防御反応を起こします。皮膚の内部を守るためです。防御反応を起こすと、角質が分厚くなったり、メラニンの過剰生成によって色素が蓄積されたりします。この反応が繰り返されることで、色素沈着が起き黒ずんでしまうのです。

肘と膝は乾燥しやすい部位です。通常、古い角質やメラニン色素はターンオーバーによって剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わります。バリア機能も働き、健康な肌が保たれます。しかし、乾燥していると、このターンオーバーに乱れが生じ、古い皮膚のままゴワゴワの肘と膝に。

皮膚の黒ずみを防ぐためには、皮膚が正常に機能するようにしっかりと保湿することが大切です。

日常生活でやりがちなNG行動

ついついやってしまう行動が、肘と膝に負担を掛けています。
・頬杖をつく、床で膝立ちするなど肘と膝に体重をかけすぎる
・入浴時、ボディブラシやナイロンタオルでゴシゴシ洗い摩擦を起こす
・カミソリ、毛抜きでムダ毛処理をして刺激を与える
・締め付けがきつい服装で肌に負担をかける

これらの何気ない行動を意識して変えていけたら、きっとゴワゴワ肌を予防できます!

お手入れを続けることから始めよう

肘と膝がゴワゴワになったり、黒ずんだりする原因と予防について理解できたところで、次はお手入れについて見ていきましょう。

お手入れ方法を知ることはもちろん大切ですが、まずはコツコツと根気よく続けられることがお手入れのカギです!時間をかけてケアできるのに越したことはありませんが、忙しい日々の中ではなかなかできませんよね。

肘と膝が気になる夏場は、お手入れするという人は多いかもしれません。しかし、冬場のお手入れもとっても重要。黒ずみの原因のひとつが「乾燥」であるため、何もせずに放置していると、冬の間にゴワゴワの肌になってしまう可能性大です。

いざ肌見せの季節になった時にお手入れを始めると、元の肌に戻すまで時間がかかりそう。1年を通してお手入れできれば、大変さも無く、夏に自信を持って腕や脚を出せるのではないでしょうか。

簡単で「ついでに」できるお手入れだったら、続けられると思いませんか?顔をケアするついでに、手をケアするついでに、入浴のついでに、というように同じアイテムを使えばきっと続けられます!

肘と膝のお手入れにおすすめのアイテム

肘と膝のお手入れ方法は
・古い角質を取り除く角質ケア
・乾燥から守る保湿
この2点がポイントです。さらに、2点のうち「保湿」はとても大切。肌が乾燥するとターンオーバーが乱れることからも、乾燥を防ぐ「保湿」は欠かせませんね。

ここからは、おすすめのアイテムを紹介していきます。

顔のお手入れと一緒に使えるアイテム

【右】:ユースキン シソラ ローション
顔とからだ用のローションです。バリア機能が低下して、敏感になった肌もやさしく保湿します。北海道のしそを使った「しそモイストバリア処方」で、カサカサしている乾燥肌もしっとり♡

入浴後、5分以内に使うと効果抜群!こすらず手のひらと指の腹でやさしく塗りましょう。顔のついでに手脚にも塗れば、簡単にお手入れできますね。
<ユースキン シソラ ローションのリンク>

【左】:ミノン 全身保湿クリーム
こちらのアイテムも、顔とからだに使えるクリームです。敏感肌を見つめ続けているミノンの保湿剤は、バリア機能を守りながら肌荒れを防ぎます。

しっとりするのにべたつかず、こすらなくてもすっと肌になじむのがポイント。塗りこむ必要はありません。肘や膝のお手入れも、べたつかないクリームはうれしいです!
<ミノン 全身保湿クリームのリンク>

手やからだのお手入れと一緒に使えるアイテム

【右】:アトリックス 尿素10%クリーム
硬くなった角質を、柔らかくする作用のある尿素が入ったハンドクリーム。角層に水分をとりこんで、ふっくらとしたみずみずしい肌に保ちます。

カサつく指先だけでなく、肘や膝もやわらかくする効果があり、かかとやくるぶしにもおすすめです。顔には使用できないのでご注意ください。
<アトリックス 尿素10%クリームのリンク>

【左】:ニュートロジーナ インテンスリペア ボディローション
伸びが良くて肌にすっとなじむ、高保湿ボディローションです。超乾燥肌の人にもおすすめです。

高保湿ながら、塗ってすぐにでも衣服を着られるくらいさらっとした塗り心地。乾燥が強いところに塗る場合は、マッサージするように塗りましょう。
<ニュートロジーナ インテンスリペア ボディローションのリンク>

入浴のついでに使えるアイテム

週に1~2回程度の時間が取れるなら、スクラブやピーリングを使用してはいかかですか?「DET(ディーイーティー)クリア ブライト&ピール ピーリングジェル」は、古い角質を除去して肌をまっさらな状態に導きます。

ぬれた手でも使えるので、入浴の時に顔と一緒にピーリングをしましょう。こすらずやさしくマッサージすれば、古い角質が簡単にポロポロと剝がれます!

<DET ブライト&ピール ピーリングジェルのリンク>


お手入れを続けて自信の持てる肘・膝を目指そう

肘と膝のお手入れについて紹介しましたが、いかがでしたか?毎日のお手入れを習慣づけるのは、なかなか難しいことかもしれません。ゆっくりと時間をかけられない人は、無理せず顔や手のお手入れをするついでに、肘と膝もお手入れしちゃいましょう。

簡単でもいいので、きれいな肘と膝を目指して毎日のお手入れをがんばりましょう!

TOP