タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

肩こり解消やダイエット効果も!スキマ時間にできる肩甲骨のストレッチ

肩こり解消やダイエット効果も!スキマ時間にできる肩甲骨のストレッチ

肩こりを解消するためには、肩甲骨周辺の筋肉をほぐすことが大事です。嫌な肩こりだけでなく、冷え性を解消し代謝アップ効果もあります。 特にデスクワークの人は、体がガチガチになり肩こりが辛いなんてことありますよね。そんな肩こりを解消する肩甲骨ストレッチを紹介します。

肩こりを解消するためには、肩甲骨周辺の筋肉をほぐすことが大事です。嫌な肩こりだけでなく、冷え性を解消し代謝アップ効果もあります。

特にデスクワークの人は、体がガチガチになり肩こりが辛いなんてことありますよね。そんな肩こりを解消する肩甲骨ストレッチを紹介します。

肩こり解消!肩甲骨ストレッチ

肩こり解消にと、肩の筋肉を直接マッサージすることは多くありませんか?実は、強く揉みすぎてしまうと筋肉を傷つけてしまうことがあるのです。そして、さらに肩こりがひどくなる原因にもなってしまいます。

肩こりに直結するのは肩甲骨なので、肩甲骨の筋肉をほぐすことが肩こり解消への早道です。肩こりに効く、基本的な肩甲骨ストレッチをみていきましょう。

ガチガチの筋肉をほぐす

凝り固まった肩甲骨周辺の筋肉をほぐすストレッチです。まずは、腕がV字になるように両腕を曲げて横に広げます。そのとき、肩よりも上にいくようにすることがポイント!手は軽く握って、鎖骨の位置に持ってきましょう。

5秒息を吐きながら、両腕を後ろに引きます。このとき、ひじの位置が下がりやすいので、下がらないように注意!肩甲骨を寄せたまま肘をゆっくり下ろし力を抜きます。これを5回繰り返すだけで、肩甲骨の周りが軽くなるのがわかりますよ♪

猫背が気になる人におすすめ

猫背は、姿勢だけでなく体調不良にもつながります!長時間のパソコン作業で巻き肩になりがちな人はぜひ試してみましょう。

両手を横から上に上げて、頭の上で合わせます。肘はしっかりと伸ばしてくださいね!そのまま手を離して横に開き、背中を外側に向けるように後ろに引きます。手のひらを外に向けて、左右の肩甲骨を中心に向けるようにしましょう。

可動域が広がってリンパの流れがよくなります。終わったあと、肩が軽くなるのを感じますよ♪

ひどい肩こりの人におすすめ

辛い肩こりの人におすすめの、タオルを使った肩甲骨ストレッチです。タオルを肩幅に開いて持ち、体を左右に曲げます。次に、タオルを持った手を前にして、体を丸めながら背中を伸ばしてください。

そのまま後ろに上げて伸ばして胸を大きく開きます。タオルを背中側にして背中の筋肉をほぐしましょう。タオルがあると動かしやすいのでおすすめです!肩こりがひどいと、自分の力加減が弱くなりやすいので、タオルストレッチが効果的です。。

オフィスでもできる肩甲骨ストレッチ

長時間のデスクワークは、体の筋肉がこわばる原因です。積み重なると、体の不調が起きやすいのでこまめにストレッチするのがおすすめ!ちょっとしたスキマ時間にできる肩甲骨ストレッチを紹介しますね。

簡単でどこでもできるストレッチなので、すぐにでもはじめちゃいましょう♪

肩をリラックスさせよう

デスクにいながら、簡単にできる肩甲骨ストレッチを紹介します!まず、両手を肩に乗せてください。下から上に上げ、肘がつくように持っていきます。このとき、肩甲骨が離れるように意識することがポイント♪

そのまま後ろに肘を下ろしていき、肩甲骨をくっつけるように意識しましょう。1周8秒を目安に、5回繰り返します。簡単ですが、あまり腕が上がらず肩甲骨がガチガチだ!と発見できるかもしれません。

筋肉の緊張を和らげる

椅子に座りながら、肩甲骨周りの筋肉の緊張を和らげていきましょう。椅子に深く座り、手を背中で合わせます。息を吐きながら肘を上に上げ吸いながら下げてください。肩が上がらないように注意して、これを5回繰り返します。

次に、椅子に浅く座り息を吐きながら上体を右にひねり、右手を椅子の背に当て肩甲骨を意識しましょう。そのまま10呼吸して反対側も行います。呼吸をすることが大事なポイント!ゆっくりでいいので、呼吸をしっかり合わせましょう。

最初大変かもですが、だんだん気持ちいい伸びを感じられますよ。

血行促進でリフレッシュ

首と肩は、頭を支える役割があるため負担がかかっています。デスクワークで首が前に出ていると、血行が悪くなってしまいます。それを解消する肩甲骨周りの血流を改善するストレッチの紹介です。

椅子に軽く座り背筋を伸ばし、肘を後ろにして3秒かけて肩甲骨をギュッと寄せて脱力します。これを5回繰り返してください。ゆっくりと行うことがポイント。オフィスでも休憩中簡単にできちゃうので、ついついどこでもやりたくなっちゃいます♪

寝ながらできる肩甲骨のストレッチ

朝の目覚めや就寝前にゆっくり肩甲骨ストレッチを行えば、さらに効果的です。毎日は難しくても、休日前夜や休日の朝などに取り入れてみてはどうでしょうか。特に朝のストレッチは、体が目覚めるのでおすすめ♪

寝ながらできる肩甲骨のストレッチをみていきましょう。

寝ながら肩甲骨はがし

自宅で寝ながらできる肩甲骨ストレッチです。ベッドの上でも簡単にできちゃいます♪仰向けに寝て膝を両手で抱えてください。肩の力を抜きながら右に倒し、左も同じく行います。これを2・3回繰り返しましょう。

なんだ!簡単じゃんと思いますよね。そうなんです、簡単なのにこりがほぐれて体がポカポカしてくるんですよ。これなら、面倒くさがり屋さんでも続けられるのでぜひぜひ試してみましょう。。

おやすみ前の肩甲骨ストレッチ

ベッドから起き上がらずにできる肩甲骨ストレッチです。体を横向きにして、下になる腕は曲げて頭の下にします。上になっている手を大きくゆっくりと15秒後ろに回してください。反対側も同じように行います。

腕を回すだけのストレッチですが、これがリラックス効果があるんです♪寝る前にゆっくりやるだけで、快眠効果にもつながるのでいいことづくめです!だからと言って、激しく回数行おうとするのはNGなので、ゆっくりと心地いいペースをキープしましょう。

リラックスタイムの肩甲骨ストレッチ

スマホやパソコンを長時間見ていると、肩こりや頭痛が起こりませんか?そんな人におすすめの、寝ながら背筋を伸ばす肩甲骨ストレッチです。うつぶせの状態になり、両手を上に真っ直ぐ伸ばします。

腕は耳につけずに、こぶし1つくらいのスペースをあけましょう。全身を伸ばし、肩を浮かせて肩甲骨を動かして背骨から剥がしていきます。これを15秒キープしてください。注意点は、痛くない程度に行うことです。

気持ちいいと思えるところでキープするのがコツですよ。

肩甲骨ストレッチで健康と美しさを手に入れよう

肩甲骨をほぐすだけで、驚くほど体がラクになります。私も1ヶ月ほど肩甲骨ストレッチを続けた結果、よくあった肩のこわばりがなくなりました!首や肩の痛みが辛くてはじめましたが、本当に効果がありました!

どれも簡単なストレッチなので、仕事や家事で忙しい人でもスキマ時間にできますよ♪血行がよくなれば、代謝アップでダイエットにも効果的!いいことづくめの肩甲骨ストレッチで健康と美しさを手に入れましょう。

TOP