タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

脱毛ケアの前後で紫外線対策が必要な理由は?日焼けした時の対処法もご紹介!

脱毛ケアの前後で紫外線対策が必要な理由は?日焼けした時の対処法もご紹介!

クリニックやサロンで脱毛を終えたあと、なぜ紫外線対策が必要なのでしょう。また、脱毛をする前に一定期間、日焼け対策が必要なことをご存じですか?脱毛前、脱毛後のお肌の管理を誤ると、とんでもない事態になることも……。 早速、なぜ脱毛をおこなう前後で紫外線対策が必要なのか、その理由や対策方法をチェックしてみましょう♪

クリニックやサロンで脱毛を終えたあと、なぜ紫外線対策が必要なのでしょう。また、脱毛をする前に一定期間、日焼け対策が必要なことをご存じですか?脱毛前、脱毛後のお肌の管理を誤ると、とんでもない事態になることも……。
早速、なぜ脱毛をおこなう前後で紫外線対策が必要なのか、その理由や対策方法をチェックしてみましょう♪

脱毛する前に紫外線対策が必要なのはなぜ?

多くのクリニックやサロンで、脱毛を予定している数週間前から「日焼けNG」としています。医療脱毛や光脱毛を受けたあと、日焼け対策が必要と知ってはいたけれど、脱毛する前も紫外線対策をしなければならないのと、びっくりした方も多いはず……。

しかも、脱毛期間中の紫外線対策を怠ったばかりに、予定どおりに脱毛できない方もチラホラ見かけます。体毛の処理をおこなえないと、他人の視線が気になりますよね。そこで、どうして脱毛する前に紫外線対策が必須なのか、その理由を確認してみましょう。

日焼けとは肌がやけどをしている状態!

日焼けをした後で、肌がヒリヒリとしたり、熱を持っているように感じることがありますね。実は、この症状は肌がやけどしている時と同じ状態なのです。仮に、ひりついた感じなどが見られなくても、紫外線を浴びた肌はダメージを受けています。

そのようなダメージがある状態で、脱毛を受けてしまうと、赤みや腫れなどの症状に悩まされてしまうことも!せっかく、脱毛が終わっても、肌のコンディションが悪かったらがっかりしちゃいますね。また、肌が過敏な状態になっているので、脱毛の痛みを感じやすくなる可能性もありますよ。

術式によっては日焼け肌NGのことも!

日焼けした肌は、メラニン色素を反応させて除毛する「レーザー脱毛」を照射できません。レーザーが日焼けした肌と体毛を、識別できなくなっちゃうからです。無理に日焼けした肌に、レーザーを照射すると、やけどをすることもあるのでとても危険です。

うっかり紫外線対策を忘れてしまった時には、クリニックまたはサロンのスタッフに事情を説明しましょう!肌の状態が良くなれば、レーザーを照射できます。ただし、日焼けの痕跡が残っている場合には、出力を弱めなくてはいけません。期待していたような、脱毛効果を得られない可能性がありますよ!

どうして脱毛した後に紫外線対策が必須なの?

医療機関やサロンで除毛した後、紫外線対策をサボると肌に深刻な影響を及ぼしかねません。脱毛ケアを終えた後、紫外線対策を怠ったために、炎症が起きてしまったという事例は珍しいことではありません!
ダウンタイムの期間を長引かせないためにも、なぜ脱毛ケアを受けた後に、紫外線対策が必要なのか、その理由を確認していきましょう。

脱毛をした後の肌はデリケート!

光脱毛もしくは、レーザーを照射した後の肌は、通常よりも乾燥している状態ですので、紫外線に対するバリア機能が低下しています。そのような状態で、紫外線を浴びてしまうことは非常にリスキーです。

なぜなら、深刻な肌トラブルを招きかねませんし、将来のシミやそばかすの原因になりかねないからです!また、術後に赤みや痛みなどの炎症が見られる場合には、さらにそれらの症状が強く出る可能性もあります。

脱毛を継続できない可能性もある

万が一、脱毛後に紫外線を浴びた結果、シミができてしまった場合には、次回以降の治療に影響が及ぶ場合もあります。なぜなら、シミは色素が沈着することで起こる症状だからです。

脱毛の前後で日焼けした時に取るべき対処法は?

どんなに注意していても、紫外線を100%遮ることはできません。また、日焼け止めクリームを塗っていても、時間と共にその効能が落ちちゃいますね。そこで、脱毛前後でうっかり日焼けしてしまった時の対処法をご紹介します。

アイシングをする

脱毛の術前、術後に、紫外線を浴びて肌が赤みを帯びてしまった時や、熱感がある時には、とにかく患部を冷やしましょう!保冷材などを使って、炎症の痛みと広がりを抑えてくださいね。

日焼けの症状が落ち着くまでは、入浴を避けたほうが無難です。体が温まってしまうと、せっかく治りかけた炎症が、ぶり返してしまうことがあるからです。肌がひりついた感じや、赤みが落ち着くまでは、シャワーで体のお手入れを済ませましょう♪

保湿剤で患部の乾燥を防ぐ

赤みや痛みが落ち着いたら、保湿剤で患部を乾燥から守りましょう。日焼けした肌は、通常よりも水分量が低下しているので、色素が沈着しやすい状態になっています。

肌のバリア機能を高めることで、色素の沈着を予防できますから、化粧水や保湿クリームで患部のケアをしてください。ただし、刺激の強いものや、アルコールを含んだ保湿剤は、刺激が強すぎます。ノンアルコールや低刺激の保湿剤を使用しましょう!

脱毛の前後には忘れずに紫外線対策をしよう!

どんなに低刺激のレーザー脱毛や光脱毛であっても、肌にダメージを与えずに体毛を除毛することはできません。脱毛期間中は、帽子や日傘、日焼け止めを上手に使って紫外線対策をすることが大切です。万全の紫外線対策をして、脱毛ケアをおこないましょう♪

TOP