タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

脱毛前後の紫外線には注意が必要?その理由と対策方法について解説

脱毛前後の紫外線には注意が必要?その理由と対策方法について解説

お肌の露出の多い夏が近づいてくると増えてくる脱毛。脱毛の前後2週間ほどは、紫外線による日焼けに注意が必要なことを知っていますか?もし知らずに紫外線を浴びてから脱毛したり、脱毛後に大量な紫外線で日焼けしたりすると、トラブルが起こる危険があります。今回は、脱毛前後の紫外線に注意が必要な理由とその期間の対策方法について解説します。

お肌の露出の多い夏が近づいてくると、ムダ毛も気になってきますよね。レーザーによる脱毛の前後2週間ほどは、紫外線による日焼けに注意が必要なことを知っていますか?もし知らずに紫外線を浴びてから脱毛したり、脱毛後に大量な紫外線で日焼けしたりすると、トラブルが起こる危険があります。

今回は、脱毛前後の紫外線に注意が必要な理由とその期間の対策方法について解説します。

脱毛前後に紫外線がNGな理由は?

紫外線は日焼けと紙一重です。お肌が日焼けするとそれは火傷ですから、そんな肌状態のなか脱毛をおこなったらどうなるか想像できると思います。肌が黒くなる、赤くなるなど個人差がありますが、このくらい大丈夫と甘く考えていると肌トラブルで痛い目に合うかも…!

ここでは、脱毛前後に紫外線がNGな理由について解説します。

肌が炎症しているとレーザー施術できない

脱毛前後に紫外線を浴びてしまうと、肌が火傷で炎症しているのでせっかくサロンへ行ってもレーザーが当てられないと断られる可能性が高いです。

一般的には黒いメラニンにレーザーを当てて毛根の組織を破壊することで脱毛をおこないます。ですが、既に紫外線のメラニン増殖で炎症している肌へこの施術をおこなってしまうと、お肌の表面や内部に吸収されたメラニンにレーザーが反応して大変なことに…。

黒くなった肌にレーザーが反応してしまう

脱毛のレーザー施術はメラニンの黒い部分に反応します。その細胞を破壊することで脱毛することができて、毛が次に生えてくる期間を長く持たせることができます。紫外線を浴びてメラニンを吸収したお肌にレーザーを当てると、黒くなった肌全体に反応してしまいます。

本来の毛穴のメラニンだけでなく、肌の黒さそのものに反応してしまうので、レーザーを当てるとお肌がヒリヒリしたり痛みが走る可能性も。紫外線の日焼けの程度によってレーザーを弱めた施術もありますが、弱めた分脱毛の効果も弱まるので、あまりおすすめできません。

日焼けと脱毛が重なると肌トラブルを起こす可能性が上がる

紫外線による日焼けはお肌が火照った状態。脱毛のレーザー施術も熱を発生させるため、ダブルで日焼けしたような状態になってしまいます。日焼けすると肌は乾燥するので、うるおい不足になって、水分と皮脂バランスが崩れて肌トラブルが起こる可能性があります。

お肌のバリア機能も弱った状態になるので、乾燥以外のニキビ、吹き出物、赤み、痒みといったようなトラブルが起きてもおかしくありません。無理矢理脱毛すればさらに赤みがひどくなったり毛嚢炎になったりするので、脱毛前後の紫外線は避けるべきです。

脱毛前後の紫外線の対策方法は?

脱毛前後に紫外線を浴びないようにといわれても、全く外出しないわけにもいきませんよね。脱毛前後の2週間で紫外線を浴びることが想定される場合は対策を徹底しましょう。

脱毛前後といっても特別な対策をするわけではないので、普段通りの対策でOKですよ♪
ここでは、脱毛前後の紫外線の対策方法について解説します。

日焼け止めの徹底

脱毛前後に外出する際は、普段通りに塗る日焼け止めで紫外線対策を徹底するようにしましょう。特に脱毛する場所には厚めに塗って、絶対に日焼けしないよう工夫して対策を!脱毛する箇所へ集中して日焼け止め対策してください。脱毛していない箇所へ紫外線を浴びることは問題ありませんが、日焼け止めを塗らなくていいことにはなりませんよ。

脱毛前後の日焼け止めはSPF50+++のような、UVカット効果の高さのある種類を選んで使うことがおすすめです☆スプレーやジェルは避けて、クリームやミルクが効果的ですよ。

日傘や帽子の使用

脱毛前後の紫外線対策には、外出時の日傘や帽子の使用もおすすめです。日焼け止めを塗ったうえで日傘や帽子を使用すれば紫外線対策が徹底できます。日傘や帽子は普段から使っているという人も多いので、紫外線対策としてはさほど苦にならずにおこなえますよね(*^^*)

日傘や帽子のほかに、アームカバー、マスク、UVカットパーカーなどもあります。脱毛していてもしていなくても、紫外線はシミやそばかすの原因になるので、対策していて悪いことはありません。美肌ケアだと思って徹底するようにしましょう。

なるべく日光を避けた生活

脱毛前後の2週間だけは、なるべく日の当たらない生活を心がけましょう。全く浴びないということではないので適度に浴びることは構いませんが、日焼け止めをつけて日陰を選んで歩くことや、日の当たらない地下駐車場や駐輪場の利用や、自宅でも日の当たる場所からは移動するなど、日光に当たる機会を減らすようにするといいです。

少量であっても日光に当たると紫外線で日焼けしますし、メラニンが生成されてしまいます。なるべく当たらないに越したことはないので、2週間ほどは意識してください。

脱毛前後の2週間は紫外線を意識した生活を心がけましょう

脱毛前後の紫外線に注意が必要な理由と、対策方法について解説しました。

脱毛前後の2週間ほどは紫外線対策を徹底する必要があります。脱毛のレーザー施術は黒い部分に反応するので、日焼けで黒くなった肌にも反応して激しい痛みが起きる可能性があります。紫外線のダメージでバリア機能が低下するとトラブルが起きやすくなります。

脱毛前後の2週間は特に紫外線対策を徹底して、それ以外の日もシミそばかす予防を継続することも大切です。紫外線は老化現象を早めるのでしっかり対策したいですね☆

TOP