今さら聞けない人のために!正しいボディケアのやり方

今さら聞けない人のために!正しいボディケアのやり方

インターネットでボディケアについて調べてみると、さまざまなものが出てきます。 しかし、その中には間違ったボディケアのやり方も堂々と公開されているものもあります。 間違ったボディケアをしてしまうと、当然ながら逆効果になるので注意しなければいけません。 今回は正しいボディケアのやり方について見ていきましょう。
インターネットでボディケアについて調べてみると、さまざまなものが出てきます。しかし、その中には間違ったボディケアのやり方も堂々と公開されているものもあります。間違ったボディケアをしてしまうと、当然ながら逆効果になるので注意しなければいけません。

今回は正しいボディケアのやり方について見ていきましょう。

間違いばかりのボディケアのやり方とは?


ボディケアの中には間違っているものも多くあります。こちらでは、多くの人が行っている間違ったボディケアについて見ていきましょう。

意外と「これ、してる!」という人もいるのではないでしょうか。

熱いお風呂・長時間の入浴

熱いお風呂が好きな人も多いでしょう。

熱いお風呂に長時間浸かって、1日の疲れを落とす人もいます。ただ、これはボディケアとしては間違った方法なのです。身体を温める効果としては有効ですが、肌の潤いを守る天然保湿因子が洗い流されてしまうのです。

入浴後に乾燥を引き起こすのは、天然保湿因子が流されてしまうからと考えてください。基本的に熱いお風呂や長時間の入浴は乾燥を招くため、ボディケアには適していません。

入浴後の保湿をしない

入浴後に顔の保湿はする人が多いでしょう。しかし、身体の保湿までしている人は少数派ではないでしょうか。ボディミルクやボディオイルなどでしっかり保湿をして乾燥対策を心掛けてください。

過剰に肌を擦る

入浴後にボディマッサージをする人もいるでしょう。

ただ、この時に強く肌を擦っていませんか?肌は摩擦に弱く、摩擦によって乾燥を引き起こすことも珍しくありません。マッサージをするにしても、優しく労わるように強い力で擦ることは避けてください。

今すぐ実践したいボディケアのやり方とは?


ボディケアには間違った方法もありますが、正しい方法もあります。正しいやり方でボディケアをすることで、しっかりと引き締まった身体を手に入れることに繋がります。

入浴後にすぐ保湿をする

入浴後はすぐに保湿をしましょう。顔のスキンケアのために保湿をする人は多いので、その時に「身体も保湿をする」と忘れないようにしてください。

さまざまなコスメメーカーなどでボディミルクやボディオイルが販売されています。香りなどもいろいろなものがあるので、自分でリラックスできるものを選びましょう。

ぬるま湯に浸かる

熱いお湯ではなく、ぬるま湯で半身浴等を行いましょう。熱いお湯だとすぐにのぼせてしまいますが、ぬるま湯の場合はしっかりと身体の芯まで温められます。

ただ、先述したように長時間の入浴は乾燥を招くので長すぎない程度に抑えてください。ぬるま湯と言っても季節に合わせて温度変化はさせましょう。真冬にぬるま湯だと湯冷めをして風邪を引く原因になります。

角質ケア

1週間に1回の頻度で構わないのですが、角質ケアをしましょう。角質ケアをすることでボディミルクやボディオイルの浸透を良くしてくれるからです。

ただ、肌が感想している時は刺激が強くなってしまうので避けるようにしましょう。あくまでも通常状態の時の肌で行ってください。乾燥肌で行った場合は肌の状況が悪化するだけではなく、粉吹きやかゆみにつながります。

正しいボディケアのやり方を覚えて取り入れよう


ボディケアと言ってもさまざまなものがあります。手軽なものから時間をかけて行うものなど、いろいろあるので自分に合うやり方を見つけましょう。悩んでいる人は今回紹介した方法を取り入れてみてください。

特に入浴後の保湿は絶対に取り入れておきたいものです。入浴後にかゆみが出てしまう人などは、乾燥によって生じている可能性が高いです。そのため、保湿をしっかりすることでかゆみや乾燥を抑えられることも可能と言えるでしょう。
TOP