ホホバオイルが固まる原因とは?対策はあるの?

ホホバオイルが固まる原因とは?対策はあるの?

ホホバオイルには肌の状態を整える効果が期待されているので愛用している人もいますよね。 特に年齢肌に悩まされている人におすすめされているものが、ホホバオイルです。 しかし、ホホバオイルってちょっとびっくりする性質を持っているんですよね。 今回はホホバオイルの特殊な性質や、対策方法について紹介していきましょう。
ホホバオイルには肌の状態を整える効果が期待されているので愛用している人もいますよね。
特に年齢肌に悩まされている人におすすめされているものが、ホホバオイルです。
しかし、ホホバオイルってちょっとびっくりする性質を持っているんですよね。

今回はホホバオイルの特殊な性質や、対策方法について紹介していきましょう。

ホホバオイルは固まることがある?

ホホバオイルは愛用者も多いのですが、必ずと言っていいほど「え、なんで!?」と思うことがあります。
それは『固まってしまう』ということです。
今回はホホバオイルが固まることについて見ていきましょう!

寒さで固まる

ホホバオイルは寒い環境下で固まってしまう特徴があります。
そのため、冬場などは「固まって使えない!」という状態に遭遇したこともあるかもしれません。
固まったからと言っておかしいわけではないので焦らずに対処しましょうね。

内容物に変化はない

固まって元に戻した後は「これって使っても大丈夫?」と不安になりますよね。
私も最初は「固まったものを使ってもいいのかな」と不安になりました。
しかし、固まったからと言って特別内容物に変化が出るわけではないので安心しましょう。

固まったからと言って不良品ではない

ホホバオイルを使った人の中には、固まったことがないという人もいます。
固まったからと言って自分のホホバオイルが不良品というわけではないので安心してください。
ホホバオイルは先述したように、寒い環境下では固まってしまうのが当たり前なんです。
固まったことがないという人は、偶然固まったことがない人、もしくは対策している人なんです。

ホホバオイルを固まらせないためには?

ホホバオイルは便利だけど固まることだけが唯一の欠点として挙げる人も多いです。
こちらでは、ホホバオイルを固まらせないためにはどうすればいいのかチェックしていきましょう!

寝る時に布団に入れる

もっとも簡単な対策方法として、寝る時に一緒に布団に入れておくことです。
夜から朝にかけては気温が下がりやすいので、どうしても固まってしまう可能性が高くなります。
しかし、布団の中に入れておくことで周囲の気温が下がらないように工夫できます。
温める、というよりは気温変化を与えないという言い方の方が正しいかもしれませんね。

日当たりの良い場所に置く

シンプルなやり方として、日当たりの良い場所に置くのも有効です。
直射日光が当たる場所は日当たりが良いので、そこに置いておくといいかもしれませんね。
しかし、夜から朝にかけての気温変化は室内でも変わらないので朝起きて周囲の気温変化で固まっているということもあるようです。

特に日当たりの良い場所として窓際を選ぶ人もいますが、窓際は冷気が当たりやすい場所でもあります。
そのため、日当たりはいいけど寒さも感じる場所だと覚えておきましょう。

熱湯で溶かすのはアリ?

固まったなら熱湯で溶かせばいいと考える人もいますよね。
しかし、それはやらないようにしましょう!
なぜなら、熱湯で溶かそうとすると容器の方がもたない可能性が高いからです。
割れることはなくても熱湯をかけたことで容器にヒビが入ったというケースは多くあります。

ホホバオイルが固まるからと言って慌てないようにしよう!

ホホバオイルは固まったからと言って慌てないようにしてください。
慌てずに対処することで固まらせないことも可能なのです。
自分に適した方法で固まらせないようにしていいのですが、こぼすことだけを注意すれば布団の中に入れておくのが一番安全でやりやすい方法かもしれませんね。
TOP