タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

エッセンシャルオイルをお風呂で使う方法!おすすめのアロマも紹介

エッセンシャルオイルをお風呂で使う方法!おすすめのアロマも紹介

「日々の疲れを癒したい」「健康や美容の悩みを改善したい」…そんな人におすすめのアイテムが、エッセンシャルオイルです。日常生活にアロマを取り入れることで、リラックス効果を得ることができ、健康や美容にもアプローチできます。今回は、そんなエッセンシャルオイルをお風呂で使う方法を紹介します。

「日々の疲れを癒したい」「健康や美容の悩みを改善したい」…そんな人におすすめのアイテムが、エッセンシャルオイルです。日常生活にアロマを取り入れることで、リラックス効果を得ることができ、健康や美容にもアプローチできます。今回は、そんなエッセンシャルオイルをお風呂で使う方法を紹介します。

「日々の疲れを癒したい」「健康や美容の悩みを改善したい」…そんな人におすすめのアイテムが、エッセンシャルオイルです。日常生活にアロマを取り入れることで、リラックス効果を得ることができ、健康や美容にもアプローチできます。今回は、そんなエッセンシャルオイルをお風呂で使う方法を紹介します。

エッセンシャルオイルをお風呂で使うときの注意点

エッセンシャルオイル、つまり精油はさまざまな使い方ができるもの。リラックスタイムであるお風呂で使うことができたら、より一層癒し効果が得られることは間違いありません。しかし、エッセンシャルオイルをお風呂で使うにはコツがあります。ここでは、お風呂でエッセンシャルオイルを使うときの注意点をまとめました。

お風呂に直接入れればいいというわけではない

エッセンシャルオイルをお風呂で使う場合、一般的には「湯舟に2~3滴のエッセンシャルオイルを垂らす」と思われています。もちろん、そのやり方でも楽しむことはできるのですが、全てのエッセンシャルオイルに当てはまるわけではありません。

なぜならばエッセンシャルオイルは水に溶けにくい性質を持っているため、湯舟にエッセンシャルオイルをそのまま垂らしても、混ざりきらずに浮いてしまうことがあるからです。これにより、濃度の高いエッセンシャルオイルが直接肌に触れてしまうため、刺激の強いエッセンシャルオイルが肌に合わず、かぶれやかゆみを引き起こしてしまうことがあるのです。

お風呂でエッセンシャルオイルを使わない方がいい場面

3歳未満の子どもや、妊娠中の女性、病気治療中の人も使用しないほうがいいケースが多いといいます。使用前にはエッセンシャルオイルの特徴をよく把握しましょう。また、お風呂は、蒸気がこもることによって室温が高くなりやすく、エッセンシャルオイルの香りが強くなることがあります。エッセンシャルオイルを入れすぎてしまうと気分を悪くしてしまう人もいるので、気をつけましょう。

お風呂で使うのに適さないエッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルは原液が肌に直接つけてしまうと、皮膚トラブルの原因になりえます。特に注意した方が良いのは柑橘系のエッセンシャルオイルなので、肌への相性をよく確かめるようにしましょう。

また、刺激が強すぎるエッセンシャルオイルは、お風呂で使うには適しません。次のオイルはお風呂での使用を避ける方が賢明でしょう。

・クローブ
・シナモン
・フェンネル
・ジンジャー
・レモングラス
・ペパーミント

エッセンシャルオイルをお風呂で使う方法

エッセンシャルオイルは直接肌に触れさせてしまうと、濃度が強すぎて皮膚トラブルを起こすおそれがあります。それでは、どのように使えば安全にお風呂でエッセンシャルオイルが楽しめるのでしょうか。いくつか方法があるので、自分の肌質や好みによって使い方を変えてみましょう。

キャリアオイルを使う

キャリアオイルとは、アロママッサージのときなどによく活用されている、植物から抽出された植物油のこと。たとえば、アーモンドオイルやホホバオイルなどがこれにあたります。キャリアオイルの保湿力も加わり、しっとりとした肌に仕上がります。

このキャリアオイル小さじ1に対して、エッセンシャルオイル2~3滴をなじませ、湯舟に入れることでエッセンシャルオイルをお風呂で楽しめるようになります。肌にやさしく保湿効果も狙いたい人はアーモンドオイルを、高品質でにおいもなく、腐敗するおそれもないオイルを選びたいならホホバオイルを選ぶのが良いでしょう。

重曹を使う

自宅に重曹がある人は、重曹にエッセンシャルオイルを加えて使うのがおすすめ。このとき、重曹は掃除用のものではなく食用のものを使いましょう。「食用」「食用グレード」など記載があるはずです。

重曹大さじ3に対し、エッセンシャルオイル1~5滴をなじませ、お風呂に投入します。重曹にはアルカリ成分が含まれており、これが肌表面の角質を除去する効果があります。さらに殺菌効果があるため、肌荒れ防止にも役立つことでしょう。

乳化剤を使う

アロマグッズのなかには、「乳化剤」と呼ばれるアロマバス専用のアイテムもあります。
乳化剤は、水とオイルなど本来混ざり合わない性質のものを混ぜ合わせるつなぎの役割を果たすもの。乳化剤に対してエッセンシャルオイル2~3滴を混ぜてから湯舟に入れることで、エッセンシャルオイルとお湯が混ざります。

詳しい使用法は製品ごとに違いますが、肌へのやさしさを重視するなら、天然成分でつくられた乳化剤を選ぶのがおすすめです。

塩を使う

エッセンシャルオイルと塩を混ぜて使うのもおすすめの方法。ここで言う塩とは、生成された食塩のことではなく、天然塩のこと。これは自然のままの塩を凝縮したもので、岩塩やあらじおなどがこれにあたります。

天然の塩にはミネラルが豊富に含まれており、保湿効果や発汗によるデトックス効果も期待できます。塩大さじ2に対してエッセンシャルオイルを1~5滴を混ぜ、湯舟に入れましょう。

ハチミツやミルクを使う

エッセンシャルオイルをお風呂に入れることで、同時に保湿効果も狙いたいなら、ハチミツやミルクを活用するのも良いでしょう。なお、ハチミツには炎症を鎮める効果も期待できます。

ハチミツ大さじ3に対し、エッセンシャルオイルは1~5滴。ミルクの場合はコップ1杯程度に対して、エッセンシャルオイル3~5滴を目安に混ぜましょう。なお、ミルクは腐りやすいので、使用後は浴槽の清掃をしっかり行いましょう。


お風呂で使うのにおすすめのエッセンシャルオイル

それでは、いざお風呂で使うにあたり、ぴったりなエッセンシャルオイルにはどんな種類のものがあるのでしょうか。香りの好みはもちろんのこと、狙いたい効果や健康状態などによってもエッセンシャルオイルを変えるのが良いでしょう。上手に活用すれば健康や美容にへの効果が期待できます。

リラックス効果を求めるならラベンダー

最も万能で、使い勝手が良いエッセンシャルオイルといえばラベンダーでしょう。さまざまな効果効能が期待できますが、特にゆっくりと心身を休めリラックスしたいときにおすすめです。

ラベンダーには心を落ち着かせ、緊張をほぐす効果があります。また、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促します。ストレスを緩和させたいとき、安眠したいときなどに有効です。

リフレッシュしたいならオレンジスイート

柑橘系のアロマの中でも比較的使いやすいのが、オレンジスイート。オレンジの甘酸っぱい香りはどんなシーンでも受け入れやすいといえます。オレンジの香りは気分をリフレッシュさせてくれ、前向きにする効果が期待できます。

また、発汗作用を促すので血行を促進して老廃物を排出し、肌の状態を整える効果も。美肌を目指したい人にとっても強い味方となるエッセンシャルオイルです。

自立神経やホルモンバランスの乱れにはローズ

自律神経の乱れは、あらゆる心身の不調をもたらします。特に女性はホルモンバランスの乱れやストレスからも自律神経の乱しやすいので、細かいケアが必要。

ローズのエッセンシャルオイルは、こうした女性特有の不調にぴったり。生理前症候群つまりPMSや、更年期といったホルモンバランスに起因するトラブルなど、生殖機能に関わる不調やストレスからくる身体の不調に効果を発揮します。

また、エイジングケアや乾燥ケアにも向いているので、大人の女性の強い味方になることでしょう。贅沢で華やかな香りに包まれながら、心身を整えられます。

ダイエット効果を狙うならジュニパー

ジュニパーのエッセンシャルオイルには、ダイエットに嬉しい効果が目白押し。利尿作用と発汗作用がありよって体内の余分な水分や老廃物を排出することができます。これにより、デトックス効果が期待できるのです。むくみやセルライトに悩む人にもぴったり。予防と改善に役立ちます。

お風呂で半身浴ダイエットなどを行っている人には特におすすめのエッセンシャルオイルといえるでしょう。

風邪予防にはティーツリーやユーカリを

風邪や感染症の予防をしたいときには、ティーツリーやユーカリがおすすめ。抗菌効果・抗ウイルス効果があるため、特に免疫力に不安があるときに使うのがおすすめ。香りもすっきりしているので、花粉が舞う時期にも活用できます。

さらに、香りそのものがクリアでシャープなので、頭をすっきりさせたいときや高ぶった感情を鎮めたいときにも効果的。一日の始まりや、脳を覚醒させ集中力を高めたいときにも活用できるでしょう。

美肌効果を狙うならフランキンセンスとゼラニウム

肌の状態を美しく導きたい人は、フランキンセンスとゼラニウムのエッセンシャルオイルを活用するのが良いでしょう。フランキンセンスには収れん作用や抗菌作用があるため、エイジングケアをしたい女性にはぴったり。また、ゼラニウムには女性ホルモンのバランスを整える効果があります。市販の基礎化粧品にも多く使われているエッセンシャルオイルです。

甘さもありつつスパイシーでスッキリした香りのフランキンセンスと、まるでローズのような贅沢で華やかな香りを持つゼラニウムは、混ぜ合わせることで気分を高揚させてくれること間違いなしです。

ストレス解消にはネロリとサンダルウッドを

日々のストレスに悩まされているのなら、ネロリとサンダルウッドを組み合わせて使うのがおすすめ。ネロリには気持ちを明るくし、心のバランスを整える効果が期待できます。また、ストレスに起因する冷えや血流の滞りを改善する効果も。サンダルウッドには緊張や不安から解放してくれる効果があります。

フローラル系の香りであるネロリと、オリエンタル系のウッディな香りであるサンダルウッドは合わせて使うことでより一層深い香りとなることでしょう。

 (49584)

エッセンシャルオイルを上手に取り入れて、お風呂タイムを楽しもう

心身のリフレッシュに効果的なアロマバス。エッセンシャルオイルを上手に活用することによって、お風呂タイムがより楽しく健康と美容に効果的なものになることは、間違いありません。ぬるめのお湯にゆっくり浸かりながら、正しい使い方でエッセンシャルオイルを楽しみましょう。
TOP