自分でできる?!本物の涙袋の作り方とは?時短マッサージでぷっくり目元♡

自分でできる?!本物の涙袋の作り方とは?時短マッサージでぷっくり目元♡

顔の表情を可愛く見せてくれる涙袋は、1度は意識したことがあると思います。 女性だけでなく男性のカッコいい表情にも必須で、手に入れたい声が多数です。 そこで今回は、本物の涙袋の作り方を伝授します!気になる人は必見ですよ。
顔の表情を可愛く見せてくれる涙袋は、1度は意識したことがあると思います。
女性だけでなく男性のカッコいい表情にも必須で、手に入れたい声が多数です。
そこで今回は、本物の涙袋の作り方を伝授します!気になる人は必見ですよ。

マッサージでできる本物の涙袋の作り方とは?

涙袋は、自宅で自分でマッサージを繰り返し続けることで本物が手に入ります!
マッサージするだけで、メイクではなく本物の涙袋ができるなんて夢のようですよね♡

ここでは、マッサージでできる本物の涙袋の作り方についてお教えします。
簡単な内容で誰でも今日からはじめられるので、しっかり覚えて下さいね。

①ピースサインマッサージ

本物の涙袋の作り方の1つ目は、ピースを使ったマッサージ方法です。
まず両手でピースをつくって、目は上側を見つめる姿勢を取ります。

次にピースで伸びている人差し指と中指で、両目の端と端を軽く押さえます。
上側を見つめたままの状態で、押さえた指は下まぶたを引き下げるマッサージをします!
1セットに10回ほどおこなうのが理想的で、1日に3~5回マッサージしましょう。

②ウインクマッサージ

本物の涙袋の作り方の2つ目は、ウインクを使ったマッサージです。
ただウインクするのではなく、強いウインクの繰り返しを1セット100回おこないます。

涙袋は下まぶたの辺りで、実際は眼輪筋と呼ばれる部分でそれを鍛える必要があります。
気づいたときに、いつでもどこでも涙袋をマッサージできる方法なのでおすすめです♪

③細目マッサージ

本物の涙袋の作り方の3つ目は、目を細めるだけのマッサージ方法です。
これもいつでもどこでもできるので簡単で、目を細くすぼめることを繰り返します。

その際に目を細めながら、眉毛を上げるよう意識することで涙袋の眼輪筋を鍛えます。
細目マッサージは睨んだような表情になるので、気になる人は自宅限定でやってみて。

マッサージでできる本物の涙袋の作り方の注意点は?

本物の涙袋の作り方においては、気を付けたい注意点もあります。
涙袋の眼輪筋のマッサージは、極度にやり過ぎてしまっても痛める原因に。

ここからは、マッサージでできる涙袋の作り方の注意点についてお話しします!
注意点を守らないと、シミやシワの原因にもなるので必ずチェックして下さいね。

マッサージには保湿クリームを使う

マッサージの涙袋の作り方を実践する際には、直ではなく保湿クリームを使いましょう。
涙袋の部位はデリケートな目元で、下手に摩擦や圧をかけすぎると傷つける場合も。

自宅にある保湿クリームを少量つけて、なめらかな状態でのマッサージがおすすめです!
保湿クリームは、ローションやワセリンでも代用できるので、あるものでOKですよ。

マッサージで目元をこすり過ぎない

マッサージの涙袋の作り方を実践する際には、摩擦のおこし過ぎに注意しましょう。
お肌のお手入れの基本は摩擦レスです!摩擦はシワなどの原因にもなるので注意大。

そのため、どうしても目元を直にマッサージしようとすると肌に負荷がかかるんですね。
保湿クリームがあれば摩擦を軽減できて、こすり過ぎ防止にもなるので意識して下さい!

マッサージで本物の涙袋の作り方を実践しましょう♡

自宅で自分でできるマッサージで、本物の涙袋ができる作り方をお教えしました。
涙袋は簡単なマッサージ方法を覚えるだけで、今日から実践できるのでおすすめです♪

難しいことは何1つないので、車のなかや職場の休憩中にもおこなうことができます。
マッサージの涙袋の作り方には注意点もあるので、目元を痛めないよう意識しましょう。
TOP