レーザー脱毛やカミソリ、除毛クリームごとのムダ毛処理方法に合わせたボディケアについて

レーザー脱毛やカミソリ、除毛クリームごとのムダ毛処理方法に合わせたボディケアについて

ムダ毛処理とボディケアは切っても切り離せない関係です。というのも、ムダ毛処理をするとどうしても肌が傷付き荒れやすくなってしまうからです。脱毛や剃毛、クリームの使用など、様々なムダ毛処理の方法がありますが、それぞれどのようなボディケアの方法があるのでしょうか?
ムダ毛処理とボディケアは切っても切り離せない関係です。というのも、ムダ毛処理をするとどうしても肌が傷付き荒れやすくなってしまうからです。脱毛や剃毛、クリームの使用など、様々なムダ毛処理の方法がありますが、それぞれどのようなボディケアの方法があるのでしょうか?

医療脱毛や光脱毛の後のボディケア


脱毛の中でも、クリニックで施してもらう医療脱毛、エステサロンなどで行う光脱毛は、レーザーで毛根を焼く脱毛方法のため、施術後は肌が荒れてしまったと報告する人がとても多い脱毛方法です。

一番の理由は、レーザーにより保湿成分までなくなってしまい、乾燥してしまうことによる肌荒れです。医療脱毛などは継続して行う必要があるのですが、乾燥による肌荒れがひどくなると施術できない場合もあり、負のスパイラルに陥ってしまうことになります。普段の化粧水などの保湿だけでなく、乳液やボディクリームを頻度高めに塗り、乾燥する時間が少なくなるよう気を付けましょう。

また、レーザー脱毛中は紫外線対策も重要になります。レーザー脱毛器の多くは、毛根にあるメラニンに反応しますから、肌が焼けてしまいメラニン色素が増えてしまうと、それだけ脱毛効果も分散してしまうからです。レーザーによる脱毛を受けている期間は、日焼け止めや帽子、日傘などを多用し、普段の倍くらい日焼けに気を付けられるといいでしょう。

剃毛の場合は肌のダメージ補修を意識

脱毛ではなく、カミソリやシェーバーなどで剃毛することでムダ毛処理をしている人も多いです。この処理方法は悪い方法というわけではありませんが、やはり肌の負担はムダ毛処理の中でも大きい方なのでボディケアは欠かせません。

保湿に留まらず、カミソリなどで削れてしまった表皮の「補修」を意識したボディケアをするようにしましょう。カミソリ負けしてしまった場合、軟膏などの外傷薬を塗るのもおすすめです。特にデリケートゾーンやまぶたなどの皮膚が薄い箇所は剃毛による肌荒れが起きやすい箇所なので、いつでも荒れに対処できるよう持ち歩けるサイズのものがあるといいかもしれません。

また、ボディケア以前に「肌が荒れないように剃毛する」という意識も大事です。毛の向きに合わせて剃る、カミソリやシェーバーを湿気の多い箇所(浴室など)には置かず清潔に保つなど、ボディケア以外にも行える肌荒れ対策をするようにしましょう。

脱毛クリームを使用する場合は保湿成分含有がおすすめ

医療脱毛のような半永久的な効果はなくとも、カミソリやシェーバーによる剃毛より長く脱毛状態を維持できることでおすすめなのが脱毛クリームです。多くの商品が皮膚表面の毛を溶かすことでムダ毛処理を施すため、毛の生え始めのチクチクかゆいのが苦手という人には特におすすめです。

ただ、毛を溶かすだけあり肌への負担が大きい商品もあります。乾燥肌の人はもちろん、そうでない人も刺激を避けるために「低刺激」や「敏感肌用」の商品を選んだ方がいいでしょう。

また、注意したいのがクリームを塗れる箇所についてです。多くの脱毛クリームはワキや腕、足に塗ることを前提としており、VIOや顔など皮膚の薄い箇所への使用を推奨していません。皮膚が薄い箇所の場合、手や足で問題なかったとしてもその箇所だけ肌がとても荒れてしまったというというケースは十分にありえます。その箇所の脱毛を脱毛クリームで行いたい場合、必ず「VIO対応」などと書かれた商品を使用するようにしましょう。

毛抜きでのムダ毛処理は控えた方がいい

眉や手足の指、脇、デリケートゾーンなど、カミソリやシェーバーが当てにくい箇所はつい毛抜きで抜いてしまうという人も少なくありません。絶対にダメということではありませんが、肌をきれいに保ちたいなら毛抜きでのムダ毛処理は避けるのが無難です。

というのも、毛抜きだと毛根から無理やり毛を引っ張るため、毛穴がどうしても広がってしまうのです。また、毛抜きで処理したくなる場所はどうしても皮膚が薄い箇所で、傷付きやすいという特徴もあります。埋没毛などが発生してしまいますし、傷付いた皮膚が綺麗に直らず黒ずんでしまう原因にもなりかねません。
応急処置としてなら有りですが、可能なら脱毛クリームなどを使用して肌を直接傷付けない方法でムダ毛処理するようにしましょう。

どうしようもなく毛抜きを使用してしまい肌を傷めてしまった!という場合、剃毛時のカミソリ負けと同様、外傷薬に効く軟膏などを塗るのがおすすめです。その後、その箇所を洗う時などはタオルでゴシゴシせず、石鹸やボディソープを泡立て優しく泡で洗うのが理想のボディケアです。

まとめ


脱毛や剃毛など、ムダ毛処理の後はボディケアが必須になってきます。ボディケアも、保湿だけでなく時には外傷薬を適宜塗って、皮膚の再生を促進するなどの措置が必要になります。まずは自分の肌質やライフスタイルに合ったムダ毛処理の方法を見つけ、その処理方法に合わせたボディケアを行うようにしましょう。
TOP
無題ドキュメント