冬の乾燥や肌荒れを防ぐボディケアとは

冬の乾燥や肌荒れを防ぐボディケアとは

冬は1年のうちでも一番肌の露出が減る季節なので、ついつい手を抜いてボディケアを怠りがちです。でも実際のところ冬は乾燥しやすく、お肌のトラブルが増える時期でもあり、きっちりとしたボディケアが大切になります。実際のところ、女性の4人に1人は、肌トラブルが起きやすい時期は「冬」だと感じているほどです。(Oggi.jp調査)
冬は1年のうちでも一番肌の露出が減る季節なので、ついつい手を抜いてボディケアを怠りがちです。でも実際のところ冬は乾燥しやすく、お肌のトラブルが増える時期でもあり、きっちりとしたボディケアが大切になります。実際のところ、女性の4人に1人は、肌トラブルが起きやすい時期は「冬」だと感じているほどです。(Oggi.jp調査)

冬に起こりがちな肌トラブルとは


冬の肌トラブルには肌荒れやかゆみをはじめとして様々な症状がありますが、主な根本原因となっているのが「冷えによる乾燥」です。これは冷蔵庫に入っている野菜に例えると分かりやすいかもしれません。買ってきたばかりの新鮮な野菜を冷蔵庫に入れるとどうなっていくでしょうか。

もし、ちゃんとした保存容器や、鮮度を保てるビニール袋に入れないまま保管すると、冷蔵庫の冷気で野菜から水分が奪われていきます。その結果、鮮度が失われて野菜がしなしなになったり、ひび割れたりして、最後には食べられなくなってしまいます。

冬のお肌にも同じようなことが起こりえます。外の気温がどんどん低下し、また湿度も低い環境の中にいると肌の乾燥が進み、肌トラブルへとつながっていくのです。

それに加えて、暖房が効いた室内でも気を付けていないと乾燥状態になりますので、冬のお肌は建物の中でも外でもいつも過酷な状況にあるといえます。そのような訳で、冬の肌トラブルの根本的な対処法とは、何より乾燥を防いで徹底的な保湿を行うことといえます。

全身ボティケアで乾燥対策を

まずは、身体全体としての乾燥対策についてです。先ほども触れたように、冷たい外気に触れ続けることで身体の乾燥は進みます。そのため、外出するときにはマスクや手袋といったアイテムを使用し、できるだけ冷たい外気をシャットアウトできるようにしてください。

また、室内暖房器具も乾燥を助長します。そのため室内で暖房器具を使用する場合には加湿を意識するといいでしょう。昔ながらのストーブならやかんに水を入れて置いておけば加湿になりますし、加湿器の導入、洗濯物の部屋干しも有効です。とはいえ、いくら乾燥対策に気を付けていても、冬の日常生活には保湿対策も欠かせません。

保湿作用のある入浴剤を活用

保湿対策の1つは、お風呂で湯船につかるときに入浴剤を使用することです。入浴剤と一口にいっても種類がいろいろありますが、肌の保湿を意識するなら断然保湿成分の含まれた入浴剤がおすすめです。

入浴剤のパッケージをよくチェックすると、それぞれの商品の特徴やセールスポイントが書かれています。たとえば、アトピー体質など乾燥肌向けの薬用保湿入浴剤や、皮膚水分保持力を改善する「ライスパワー」成分が配合された入浴剤、肌荒れ・しっしんなどトラブル肌用に効果のある成分を配合した薬用入浴剤も販売されています。

水を使った直後の保湿ケア

また、お風呂上がりや家事で水を使ったあとの保湿ケアも大切です。お湯に触れた肌は、すぐにケアしてあげないと、時間の経過とともにどんどん潤いが逃げていってしまいます。そのため、水やお湯を使ったあとはできるだけ早く、遅くても5分以内には保湿剤を使って潤いを閉じ込めるようにしてください。

トラブル肌の保湿

もしも、すでに肌荒れしてしまっている場合は、適当に保湿剤を選ぶと弱った肌に刺激となり、症状が悪化する可能性があります。かゆみや湿疹などがあるなら皮フ科等専門医に診てもらい、症状に合った保湿剤や薬を処方してもらうようにしてください。

また、トラブル肌のスキンケアをするときには、肌をこするような刺激になる動きを避けなければいけません。温かい手のひらで化粧品あるいは保湿剤をのばしたあと、肌を優しく包み込むように、丁寧に潤いを与えてあげることが大切です。

食事にも気を付けて身体の中からボディケア

食事の内容に気を付けることで、身体の内側からも保湿を働きかけることができます。たとえば、青魚は皮膚を作る材料といわれるタンパク質や必須脂肪酸が豊富に含まれているので、健康な肌を保つ効果が期待出来ます。また、納豆やナッツ類も肌の代謝や皮膚の健康を守る栄養素がたくさん含まれていますので、毎日意識して取り入れるのがおすすめです。

冬場のNG習慣

最後に、乾燥しやすい冬場に避けたいNG習慣についても確認しておきたいと思います。1つ目のNG習慣は熱いお湯を使うこと。冬場の家事にはどうしてもお湯を使うことが多いですし、お風呂のお湯の温度も高めで設定する方が多いのではないでしょうか。実はお湯の温度によって、手や身体の水分の失われ方が違います。温度が高いほど水分が奪われやすいため、できればお湯の設定温度は38~40度ほどにとどめておくのがおすすめです。

洗浄力の強いシャンプーや石けんの使用も、避けたいNG習慣の1つです。洗浄力が強いということは、返せば皮脂を落としすぎて肌の乾燥を加速させる危険があるということ。そのため特に冬場に使うシャンプーや石けんは、弱酸性の刺激が少ない商品を選んで使われるといいでしょう。

また、いくら肌に優しいシャンプーや石けんを使ったとしても、肌に負担をかけるようなゴシゴシと強くこするような洗い方も避けたいものです。身体を洗うボディタオルやボディブラシによっては肌への刺激が強いものがありますので、避けるようにしてください。
TOP