【乾燥肌向け】ボディソープの選び方とおすすめボディソープ8選!

【乾燥肌向け】ボディソープの選び方とおすすめボディソープ8選!

「寒い時期になるとほおがカサカサする」「かかとや指先がひび割れて痛い」など、乾燥肌は肌ケアの方法も悩んでしまいます。 私も乾燥で指先やかかとが割れやすくて、冬だけでなく夏場でも指先は乾燥してますね。 そんな乾燥肌でお悩みの人向けに、肌が喜ぶボディソープの選び方とおすすめボディソープを紹介します♪ 自分にぴったりのアイテムでしっとりすこやかな肌をめざしましょう。
「寒い時期になるとほおがカサカサする」「かかとや指先がひび割れて痛い」など、乾燥肌は肌ケアの方法も悩んでしまいます。
私も乾燥で指先やかかとが割れやすくて、冬だけでなく夏場でも指先は乾燥してますね。

そんな乾燥肌でお悩みの人向けに、肌が喜ぶボディソープの選び方とおすすめボディソープを紹介します♪
自分にぴったりのアイテムでしっとりすこやかな肌をめざしましょう。

乾燥肌にぴったりなボディソープの選び方♪

ボディソープはいろんなメーカーから発売しているので、種類豊富な製品が並んでいて「どれにしようか迷っちゃう」となってしまいます。
乾燥肌向けとパッケージにある製品もありますが、何が普通のボディソープと違うの?と思いますよね。

ここでは乾燥肌向けのボディソープを選ぶときチェックしたい、成分や性質を紹介します!

肌しっとり♡保湿成分入り

成分表示に、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンのどれかひとつでも含まれていると、肌の保湿が期待できますよ♪
私も乾燥肌ですが、スキンケアコスメで迷ったとき保湿力の高いものを美容部員さんに尋ねたら、セラミド入りをおすすめされました。

肌のみずみずしさをうたう化粧品にはヒアルロン酸が、弾力をアピールする製品はコラーゲンが入ってますね♪

洗浄力が優しい弱酸性

肌が弱酸性なので使うボディソープも弱酸性にすると肌に刺激が少なく、優しく洗えます。
人の肌が中性ではなく弱酸性って不思議ですよね?
実は肌についた悪い雑菌の繁殖を防ぐためといわれます。

赤ちゃんも生まれてすぐは中性ですが、しばらくすると弱酸性になるそうです。
「赤ちゃんは保湿を十分してあげて」と助産師さんに言われたことがありますが、体を守るためにも大切なことだったんですね!
乾燥肌でデリケートな状態にあれば、弱酸性のボディソープで優しく洗ってしっかり保湿が大切ですね☆

中性洗剤を使って素手で食器を洗っているとすぐに肌がボロボロになるんですが、こういうことだったんですね。

添加物無添加、または少ない

ボディソープは日用品にあたり、食品とは違うためどの成分が添加物かはっきりしていません。
メーカーが、これは添加物といえば添加物ということに。。。

無添加を掲げるボディソープでは、界面活性剤や香料、防腐剤不使用のものが多いですね。
中には殺菌剤配合のものもあるとか。。。

でも殺菌が必要な状態であれば、殺菌剤も全く不要ではないのかも?
ただし乾燥肌には刺激が強すぎるので、避けた方が安心です。
肌に異常があるときは、早めに病院でみてもらいましょう。

泡立ちと泡の質が良い

モコモコなきめ細かい泡で洗うと気持ちいいですよね♪
泡の触感だけでも癒された気分になれるので、上質の泡は大好きです♡

乾燥肌にも、泡立ちがよくきめ細かい泡をつくれるボディソープはおすすめです。
それはへたれにくい泡で洗うと摩擦を軽減できて、肌への刺激を減らせるからです!
乾燥肌は刺激に敏感なので、強くこすらず洗えることはポイントです。

乾燥肌におすすめ☆液体ボディソープ4選

液体タイプのボディソープは自分で泡立てて使います。
「泡立てるのが面倒だな~」と思うときは、スポンジや泡立てネットを使うと楽にきれいな泡ができあがります♪

製品説明にある正しい泡立て方を試すと、液体タイプでもスムーズに上質な泡が仕上がります!
優秀な液体タイプのボディソープを4つピックアップしました☆

花王 ビオレu ボディウォッシュ うるおいしっとり

肌質に近い弱酸性が特徴のボディソープです。
大人から子供まで幅広く使えるのも、コスパがよくお財布にもうれしいですね♪

ボディウォッシュは3タイプあり、そのうちうるおいしっとりは乾燥でかさつく肌がしっとりと洗いあがります。
すばやくふんわり泡ができ、肌につけて伸ばしやすいのも特徴です。

バスクリン 薬用ソフレ乾燥肌ケアボディソープ

ソフレは入浴スキンケアで肌にうるおいを与えることを目指したシリーズ。
中でも乾燥肌ケア向けのアイテムで、肌の乾燥ケアと洗うときの刺激が優しいアイテムです♪

生後3か月の赤ちゃんも使えることもポイント!
植物由来成分で洗い、植物由来の有効成分が肌トラブルを防ぎます。

ニベア クリームケアボディウォッシュ

洗ったあとのしっとり肌が続くボディソープ。
ニベアクリーム成分とシアバターsをダブルで配合しているから、高い保湿力があるんですね!

たっぷりきめ細かな泡の作り方は公式サイトに載ってますよ。
泡立てネットやスポンジがなくても、タオルで簡単にモコモコ泡がつくれるんです。

クラシエホームプロダクツ ラメランス ボディウォッシュ

肌の乾燥の悩みに長年取り組んできたクラシエがつくった、お風呂あがりに保湿ケアがいらないボディソープです。
泡タイプもありますが、液体タイプの方が洗いあがりとタオルドライ後のしっとり感が高め♪

洗っているときも香りが良くて癒されます♡
洗いあがりしばらくするとしっとりしていくのがわかりますよ。
他のボディソープで洗ったあとはすぐに乾いてカサついたのに、うるおいが続きました。

乾燥肌におすすめ☆泡ボディソープ4選

「泡立てるのが苦手」「子供と一緒で早く泡立てたい」人には、泡で出てくる泡タイプのボディソープが便利です☆
好きなだけ泡が使えて足りないときもすぐに足せる便利さは、泡タイプの魅力!

泡タイプボディソープの中からおすすめを4つ紹介します。

花王 キュレル 泡ボディウォッシュ

乾燥性敏感肌のことを考えたのキュレルシリーズのボディソープです!
ボディスポンジやタオルでゴシゴシ洗うと肌が痛くなるので、私は手のひらで洗ってます。
キュレルの泡ボディウォッシュは手で洗いたい人のためのアイテムなので、私にぴったりです。

肌のセラミドを守りつつ優しく洗ってくれるので、乾燥肌でも安心して洗えますよ♡
乾燥が進むとヒリヒリすることもありましたけど、キュレルを使い始めてからは落ち着いている気がします。
配合の消炎成分のおかげかも?

第一三共ヘルスケア ミノン全身シャンプー泡タイプ

弱酸性・無香料・無着色・植物由来洗浄成分配合など、低刺激が特徴のボディソープです。
必要なうるおいを残して洗うから、乾燥肌の人も洗いあがりがしっとり♪
ミノンシリーズは洗いすぎないことで肌のバリア機能をキープします。

赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年代で使えるので、家族みんなのボディソープにもぴったりです。
年齢を重ねると乾燥しやすくなりますが、それでも一緒に使えるなんて便利ですね♪

ジョンソン ベビー全身シャンプー泡タイプ

赤ちゃん向けのボディソープで、体だけでなく顔や髪の毛まで洗えます♪
低刺激で赤ちゃんも使えるほど優しいから、デリケートな乾燥肌に使っても安心。

水と同じくらい低刺激、しかも目に入ってもしみにくいのがポイント!
子供のシャンプーにも使いましたけど、目に入っても大泣きはしませんでしたね。

他のボディソープで洗いあがりがつっぱっていたとき、こちらに変えたらなめらかにしあがって気持ち良かったです。

ロート製薬 ケアセラ泡の高保湿ボディウォッシュ

セラミドを守って洗いあげるのがケアセラの特徴です!
肌が本来持つ保護成分を残して汚れだけを洗う、優しい洗浄技術を採用したボディーソープ♪

7種類のセラミド配合で、肌のバリア機能をサポートしてくれます。
ポンプをプッシュするだけでモコモコの弾力泡が出てくるので、こすらず優しく肌が洗えるんですね。

香りは3タイプあり、お気に入りの香りを楽しみながら乾燥肌ケアができますよ。
私はボタニカルフラワーの香りがみずみずしくて好きですね♪
ゆっくりお風呂に入れるときは、この香りを楽しみながらリラックスもできます♡

ボディソープを使うときの注意!

乾燥肌に優しくて使い勝手やコスパのよいボディソープでも、使い方を間違えると肌トラブルの原因に。
毎日のお風呂ですこやかな肌をめざすためにも、ボディソープで洗うときに注意したいポイントを紹介します。

正しく洗うことで、各ボディソープが持つ力を発揮しますよ♪

ていねいに洗い流そう!

液体ボディソープを使うときは、とにかくしっかり泡立てましょう!
原液のまま肌につくと落としにくいことがあり、ゴシゴシと肌をこすって流せば乾燥肌に刺激を与えてしまいます。。

泡ボディソープはさっと洗い流せますが、流し残しがあると肌荒れの原因になります。
熱すぎないちょうどよい温度のお湯を優しくかけて泡を流しましょう☆
お湯をかけ忘れた部分がないか、そっと手で触れて確認するといいですよ♪

洗いあがりにぬるつきがあっても、製品特有の保湿成分かもしれません。
気になるときは公式サイトや口コミをチェックして、似た洗いあがりを確かめましょう。

洗ったあとの保湿も忘れずに☆

乾燥肌向けボディソープの中には、洗ったあと保湿は不要とうたうアイテムもあります。
ですができれば保湿をおすすめします。

ボディソープが保湿成分配合でも、泡はすぐに洗い流してしまうもの。
洗いすぎないボディソープで洗ったあとは、スキンケアアイテムを使って肌のバリア機能を補ってあげましょう♪
セラミドやヒアルロン酸など、保湿に役立つ成分が入っていると一層保湿に役立ちますね。

乾燥肌にぴったりのボディソープで優しい肌ケアをしよう!

肌がカサつきやすい乾燥肌は、洗浄成分や配合成分の優しいボディソープがおすすめです。
液体・泡のどちらを使ってもかまいませんが、十分な泡で洗ってそのあとていねいに流しましょうね♪
熱すぎないお湯を使うこともポイントです!

ここでご紹介した8つのボディソープを見比べて、自分がいいなと思ったアイテムを試してみてください☆
TOP