毎日のバストケアでバストアップを目指そう

毎日のバストケアでバストアップを目指そう

毎日のバストケアでぜひやって欲しいのが乳腺マッサージです。バストの大きさは乳腺が発達しているかどうかで決まるので、マッサージで乳腺を刺激して豊かなふっくらバストを目指していきましょう。

マッサージで乳腺を刺激!ふっくらバストを目指そう

毎日のバストケアでぜひやって欲しいのが乳腺マッサージです。バストの大きさは乳腺が発達しているかどうかで決まるので、マッサージで乳腺を刺激して豊かなふっくらバストを目指していきましょう。

マッサージしたくらいでバストが大きくなるわけがないと思うかもしれませんが、実際にマッサージを続けていけば2カップアップも夢ではありません。こつこつケアを続けていくことでより豊かで魅力的なバストを育んでいけるので、ぜひチャレンジしてくださいね。

大人になってからでも遅くない

バストの大きさは10代の成長で決まってしまうので、大人になってからケアをしても意味がないのではと考える人もいるでしょう。

しかしそんなことは無く、バストはケア次第で大人になってからでも充分大きくすることが可能って知っていましたか?もちろん別人のように大きくすることは難しいですが、毎日のマッサージとちょっとした気遣いで大きさや形はかなり変わってくるのです。

バスト周りの脂肪の量自体に変化は無くとも、ケアすることでメリハリのあるバストへと変えていけるため、見た目には大きな変化が出てきます。

ちょっとケアをしたぐらいでは無駄と思うかもしれませんが、そのちょっとのケアが大きな差を生んでくるので、大人になってからこそバストケアはしっかり行っていくべきなんですよ。

毎日のマッサージでバストの形が変わってくる

バストは毎日マッサージをすることで形を変えてきます。身体を鍛えるとボディラインが美しく変化していくように、バストもまたケアをしていくことで美しい形へと変えていくことができるのです。

バストの脂肪は放っておくと重力に負けてどんどん下へ下がり脇や背中へ流れてしまいますが、マッサージによって上へ持ち上げ中心へ寄せていけばバストとして正しい位置をキープし続けられます。

おわん型のふっくらとした魅力的な形をキープできるかどうかは日々のケア次第と言えますから、いつまでも若々しく魅力的なバストを維持していくためにもぜひケアは怠らないでください。

猫背はバストケアの大敵!背筋をピンと伸ばして

バストケアにおいては姿勢を正すことも大切って知っていましたか?バストにとって一番いけないのは猫背で、背中を丸めているとバスト周りの血行が悪くなり、バストが本来の成長を遂げることができなくなってしまうのです。

ふっくら豊かに育てるはずのバストが猫背のせいで痩せて垂れたバストになってしまうんですね。背筋をピンと伸ばして胸を張るだけでバスト周りの血行は良くなり、豊かなバストへ育つ可能性を高めていけますから、まずは丸まった背中を伸ばしていきましょう。

肩をまわして胸周りの血行を良くしよう

バスト周辺の血行が悪いと成長にも当然影響が出てきますから、バストケアにおいては胸周りの血行をよくすることもしっかり行っていってくださいね。

マッサージで血行を良くするのはもちろん肩を回して胸、肩回りの血行を促進させることも大切です。マッサージよりも身体を動かして血流を良くした方が効果は大きいですから、腕を大きく回したりバンザイをしたりして血行促進にアプローチしてみてくださいね。

胸を張って大胸筋の凝りを予防

背中が丸まりそれに合わせて肩が内巻きになってしまっていると、大胸筋がすぼまり衰えてしまいます。大胸筋はバストを土台として支えてくれる筋肉であり、上向きのふっくらバストをキープするためには大切にしていかなければなりません。

トレーニングをして積極的に鍛えていくことはもちろん、胸を張って血流を良くし凝りをほぐすよう意識していくだけでもバストアップに効果を与えてくれますので、ぜひ日頃から姿勢を意識してみてくださいね。

ナイトブラで寝ている間もバストケア

夜寝る時にナイトブラを着用すると、バストの形が崩れるのを防げるって知っていましたか?寝ている間のバストは重力によってどうしても脇や背中に流れてしまいやすくなりますが、ナイトブラを着用していれば寝ている間も横流れを防止しバストをしっかり正しい位置にホールドしておくことができるのです。

メリハリのある美しいボディラインを目指すのであればバストの脂肪はきちんとあるべき場所に収まっていてもらわなければなりませんから、ぜひ寝る時はナイトブラを着用してくださいね。

締め付け感の無い快適な付け心地のものを選んで

ナイトブラにも様々なものがありますが、睡眠の質を落としてはいけないので、できるだけ締め付け感のない快適な付け心地のものを選ぶようにしてください。

締め付けが強かったり擦れたりするようなものは、寝ている間も不快に感じ睡眠を妨げてしまいます。ホールド力があり寝ている間も着用感が気にならないようなものを選ぶのがベストなので、色々なアイテムを試してみてくださいね。
TOP
無題ドキュメント