バストケアをしないとどうなる?おすすめの方法は下着をしっかりすること?

バストケアをしないとどうなる?おすすめの方法は下着をしっかりすること?

バストケアの方法と言っても、さまざまなものがあります。 ただ、日常生活の中で気軽に取り入れられるものと言えば限定されてくるのも事実です。 今回は下着でバストケアをする方法や、バストケアをしないとどうなるのかについて紹介していきます。

目次

バストケアの方法と言っても、さまざまなものがあります。ただ、日常生活の中で気軽に取り入れられるものと言えば限定されてくるのも事実です。

今回は下着でバストケアをする方法や、バストケアをしないとどうなるのかについて紹介していきます。

ブラジャー次第でバストは変わる

ブラなんてどれをつけても同じ!と考えている人もいるかもしれませんが、実はブラジャーはどんなものをつけるかでバストに大きな影響を与えてしまいます。

大きさはもちろん形、位置などが劇的に違ってきてしまいますから、きれいなバストをキープするためにもぜひブラジャーはより正しく身に着けられるものを選んでくださいね。

楽さを優先すると残念バストになりやすい

ブラジャーを選ぶ際、締め付け感が嫌でどうしても楽なものを選んでしまいがちですが、付け心地の楽さを重視してブラジャー選びを行ってしまうと、結果として残念なバストになってしまうことが多いので気を付けてくださいね。

楽に着けられるブラジャーばかりを選んでしまうと補整力やホールドしたバストをキープする力が弱いアイテムを選択してしまいがちなため、バストを正しい位置に保つことができず垂れたり形が広がってしまったりしてしまうのです。

結果としてだらしない印象の残念なバストになってしまいますから、美しい形を維持していくためにもブラジャーを楽さで選ぶのはとても危険なんですよ。

適度にホールド力のあるブラを選ぼう

ブラジャーを選ぶ際にはホールド力のあるものを選ぶことが大切です。しっかりとバストを包み込み適切な位置に持ち上げてくれるものを選択してくださいね。

バスト全体を包み込むのはもちろん、バストの脇が背中に流れてしまわないようキープしてくれるアイテムを選ぶのも大切です。

ホールド力のあるブラジャーは身体に合っていないものを選んでしまうと締め付け感や痛み、違和感が生じますから、合わないものを無理につけるようなこともないよう、快適さとのバランスを取って身体に合ったものを選んでくださいね。

NGブラの見分け方

正しく身に着けられるブラジャーを選ぶためには、身に着けていてもバストのためにならないNGブラについても知っておく必要があります。時間がたつとズレてくる、肩ひもが下がってしまう、バストとカップの間に隙間ができる、またカップから胸が盛り上がってしまったり締めつけがキツイようなものはバストの形をくずしてしまいますので、選ぶことの無いよう気を付けましょう。

身体にぴったりフィットして、しっかりとバストを持ち上げキープし続けてくれるブラジャーこそ着けていてためになるブラジャーと言えますから、一つでも悩みが出てくるようなアイテムは見直してみてくださいね。

カップ付きインナーは垂れ乳になりやすいので注意

付け心地が楽でおしゃれにも役立ってくれるカップ付きインナーは非常に便利ですが、バストケアの観点から考えてみると補整力が弱くバストが垂れる原因ともなりやすいので、あまりおすすめできません。

楽に着られてある程度バストを支えてくれるためこれで充分と考えてしまう人も多いですが、カップ付きインナーはバストの脇を支える力、上に持ち上げる力が極めて弱いのでバストが背中に流れてしまったり垂れてしまいやすくなるのです。

美しいバストを育んでいくためには、しっかり集めて持ち上げる力を持ったブラジャーを選んでいかなければなりませんから、カップ付きインナーはたまにリラックスするために利用はしても、メインアイテムとして利用するのは控えた方が良いですよ。

ワイヤー・サイドボーンの入ったブラがおすすめ

バストを正しい位置、理想の形にキープするためにはやはりワイヤーやサイドボーンの入ったブラジャーを選ぶのがベストです。ワイヤーブラはバストを下、横からしっかり支えて形を整えると共にバストが脇に流れてしまうことを防ぐため、美しい形を保つために有意義な働きをしてくれます。

さらにサイドボーンが入っていれば脇の肉をしっかりバスト側に寄せ集めてくれ背中に流れるのを防ぎ、メリハリのあるバストへと導いてくれます。

ワイヤー入りブラは締め付けや痕がついてしまうので好きじゃないという人もいるでしょうが、身体に合ったアイテムを選べば違和感なく快適に身に着けられるので、ジャストフィットするものを貪欲に探してみてくださいね。

バストアップのために覚えておくことは?


バストアップしたいからと言って、なんでも実行すればいいというものではありません。本当にバストアップに良いのか、バストアップのために何をすればいいのかを考えないといけないのです。

こちらでは、バストアップのために覚えておきたいことを見ていきましょう。

バストアップのためのケアを早めにする

バストアップのためにケアは早ければ早いほどいいと言われています。バストを支えるクーパー靭帯が伸びてしまえば、バストは垂れていくばかりです。

クーパー靭帯は加齢やバストの揺れなどで伸びていきます。そして、クーパー靭帯は一度伸びてしまうと元には戻りません。そのため、バストアップを求めるなら早めにケアをした方がいいのです。

生活習慣の乱れはバストケアを妨げる

バストに関して生活習慣の乱れは関係ないと考えている人も多いでしょう。

しかし、睡眠時間が削られる、食生活が乱れるなどさまざまな要因でバストに影響を及ぼします。バストに悪影響が出て、バストケアを始めてもすぐに効果は出ません。しっかりと改善されるまで長期間がかかるでしょう。

だからこそ、バストに影響が出ないように生活習慣の乱れは押さえておかないといけないのです。

運動はNGって本当?

適度な運動はバストアップ効果をもたらします。ただ、運動によってバストの揺れが激しくなるとクーパー靭帯を伸ばす原因になるので注意しましょう。そのため、運動をするならランニングよりもウォーキングの方がいいです。

バストに負担がかからない運動を適度に行いましょう。

下着でバストケアをする方法


下着でバストケアをする方法と言っても、特別なものではありません。ただ、行うべきは「しっかりとすること」だけです。クリームなどのマッサージ効果もありますが、下着を合わせるという当たり前のこともバストケアに入るのだと覚えておきましょう。

年齢に合わせる

ブラジャーは年齢に合わせたものも多くあります。例えば、20代向けのブラジャーを40代の人が着用しても合いません。バストのハリなどが違うので、例えサイズが合っていてもカパカパになってしまうことが多いのです。

意外とこのブラジャーを年齢に合わせるということをうっかりしている人が多いです。下着専門店などであれば、年齢に合わせたブラジャーなどを提案してもらえます。自分のバスト状態に合わせて、適切なブラジャー選びをしてくれる店舗もあるようです。

ブラジャー選びで悩んでいる時は、下着専門店でアドバイスを受けるようにしましょう。

しっかり持ちあげてくれるか

バストケアのためにブラジャーを選ぶなら、フルカップがおすすめです。フルカップの場合、バスト全部を包んでしっかりと持ち上げてくれるからです。

垂れた状態のままでブラジャーをしても意味がありません。バストをしっかり包んで、持ち上げる効果があることで垂れなどを防ぐことができます。

脇や背中に流れた肉を集めてくれるか

バストの垂れなどが進んでしまうと、肉が左右や下に落ちてしまいます。脇や背中に流れた肉をしっかり集めて本来の位置に戻してくれるブラジャーを選びましょう。

一般的なブラジャーでは少ないですが、補正下着などでは脇に流れた肉をしっかり戻してくれるものが多くあるのでしっかり選びましょう。

バストケアをしないとどう変化するのか


バストケアをしないまま放置するとどうなるのか知っていますか?こちらでは、放置したままにしておくとどんなことになるのか紹介します。現時点でバストケアが必要ないという人も参考にしてみましょう。

そげる

バストの形が変わる第一弾として「そげる」というものがあります。バスト上部のデコルテ部分のボリュームがなくなっていくのです。その姿はデコルテ部分の肉がそげたような状態になります。脇がそげた状態になると垂れたような印象を与えてしまい、服を着てもバストが映えなくなります。

たわむ

バストがそげた状態から悪化すると、どんどんバストが下向きになります。これを「たわむ」と言います。

縄がたわむなどの言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。加齢によって女性の4割が経験すると言われている状態です。40代になると、比較的多くの女性のバストがたわんだ状態と言えるでしょう。

流れる

50代女性に多く見られる「流れる」状態もバストケアをしないと悪化します。バストが左右に流れてしまい、胸よりもお腹の方が出たように見えてしまうのです。

初期段階のそげるよりも、遙かにバストの見栄えが悪くなり、ここまでになると改善できるまでに結構な期間が必要となるので注意しましょう。理想で言えば、初期段階のそげる状態でバストケアを始めておきたいものです。

年代に合わせたバストケア方法を実行しよう


バストケアの方法と言っても、年代によって合うものと合わないものがあります。年代に合わせたバストケアを行わないと、せっかくケアをしても十分な効果を得られない場合があるのです。もちろん、自分のバストの状態に合わせてケアをすることも大切です。

下着売り場で正しいサイズを図ってもらおう

ただバストを包むだけではなく有意義にバストケアをしていけるブラジャーを選ぶためには、やはり自分のバストの正しいサイズを知ることがとても大切になってきます。

バストに合っていないブラジャーを使っていても良いことは何もありませんから、少しでもバストのためになるものを身に着けられるようにしてください。ブラジャー一つでバストの形は大きく変わり、正しいサイズで身に着けているだけでバストアップも叶ってきますよ。

補正下着なども上手に利用していけば姿勢も正せ、バストだけでなく美しいボディラインを手に入れることができるなど嬉しい効果が満載です。

効果的なバストアップ方法について

バストアップ効果が高い方法と言っても、意外と多くあるのです。基本的に長期間継続しなければ意味がありません。

こちらでは、どんなバストアップ方法があるのかを見ていきましょう。

食べ物

エストロゲンの分泌を増やして濃度を高めてくれる栄養素、それが「ボロン」です。ミネラルの1種であり、胸の脂肪を増やしてくれる効果も期待されています。キャベツやリンゴ、海藻、ぶどうなどに含まれているのです。

他にも女性ホルモンに似た働きをしてくれる「大豆イソフラボン」もおすすめです。納豆や豆腐など大豆製品に含まれています。

ゴールデンタイム

午後10時から午前2時は成長ホルモンや女性ホルモンの分泌が盛んな時間帯です。そのためゴールデンタイムと言われています。

肌の調子を整える時間帯でもありますが、バストにとってもゴールデンタイムなのです。この時間帯にしっかりバストケアをすることで、バストアップ効果が期待できます。

ナイトブラの着用

ゴールデンタイムでバストケアをするなら、ナイトブラの着用は忘れないようにしましょう。睡眠時間などが削られることも悪影響が出てしまうので、ナイトブラの着用は欠かせません。昼間につけているブラジャーだと、補正力が低いのでしっかりホールドしてくれるナイトブラがおすすめなのです。詳しくは次の見出しで!

ナイトブラで寝ている間もバストケア

夜寝る時にナイトブラを着用すると、バストの形が崩れるのを防げるって知っていましたか?寝ている間のバストは重力によってどうしても脇や背中に流れてしまいやすくなりますが、ナイトブラを着用していれば寝ている間も横流れを防止しバストをしっかり正しい位置にホールドしておくことができるのです。

メリハリのある美しいボディラインを目指すのであればバストの脂肪はきちんとあるべき場所に収まっていてもらわなければなりませんから、ぜひ寝る時はナイトブラを着用してくださいね。

締め付け感の無い快適な付け心地のものを選んで

ナイトブラにも様々なものがありますが、睡眠の質を落としてはいけないので、できるだけ締め付け感のない快適な付け心地のものを選ぶようにしてください。

締め付けが強かったり擦れたりするようなものは、寝ている間も不快に感じ睡眠を妨げてしまいます。ホールド力があり寝ている間も着用感が気にならないようなものを選ぶのがベストなので、色々なアイテムを試してみてくださいね。

マッサージで乳腺を刺激!ふっくらバストを目指そう

毎日のバストケアでぜひやって欲しいのが乳腺マッサージです。バストの大きさは乳腺が発達しているかどうかで決まるので、マッサージで乳腺を刺激して豊かなふっくらバストを目指していきましょう。

マッサージしたくらいでバストが大きくなるわけがないと思うかもしれませんが、実際にマッサージを続けていけば2カップアップも夢ではありません。こつこつケアを続けていくことでより豊かで魅力的なバストを育んでいけるので、ぜひチャレンジしてくださいね。

大人になってからでも遅くない

バストの大きさは10代の成長で決まってしまうので、大人になってからケアをしても意味がないのではと考える人もいるでしょう。

しかしそんなことは無く、バストはケア次第で大人になってからでも充分大きくすることが可能って知っていましたか?もちろん別人のように大きくすることは難しいですが、毎日のマッサージとちょっとした気遣いで大きさや形はかなり変わってくるのです。

バスト周りの脂肪の量自体に変化は無くとも、ケアすることでメリハリのあるバストへと変えていけるため、見た目には大きな変化が出てきます。

ちょっとケアをしたぐらいでは無駄と思うかもしれませんが、そのちょっとのケアが大きな差を生んでくるので、大人になってからこそバストケアはしっかり行っていくべきなんですよ。

毎日のマッサージでバストの形が変わってくる

バストは毎日マッサージをすることで形を変えてきます。身体を鍛えるとボディラインが美しく変化していくように、バストもまたケアをしていくことで美しい形へと変えていくことができるのです。

バストの脂肪は放っておくと重力に負けてどんどん下へ下がり脇や背中へ流れてしまいますが、マッサージによって上へ持ち上げ中心へ寄せていけばバストとして正しい位置をキープし続けられます。

おわん型のふっくらとした魅力的な形をキープできるかどうかは日々のケア次第と言えますから、いつまでも若々しく魅力的なバストを維持していくためにもぜひケアは怠らないでください。

猫背はバストケアの大敵!背筋をピンと伸ばして

バストケアにおいては姿勢を正すことも大切って知っていましたか?バストにとって一番いけないのは猫背で、背中を丸めているとバスト周りの血行が悪くなり、バストが本来の成長を遂げることができなくなってしまうのです。

ふっくら豊かに育てるはずのバストが猫背のせいで痩せて垂れたバストになってしまうんですね。背筋をピンと伸ばして胸を張るだけでバスト周りの血行は良くなり、豊かなバストへ育つ可能性を高めていけますから、まずは丸まった背中を伸ばしていきましょう。

肩をまわして胸周りの血行を良くしよう

バスト周辺の血行が悪いと成長にも当然影響が出てきますから、バストケアにおいては胸周りの血行をよくすることもしっかり行っていってくださいね。

マッサージで血行を良くするのはもちろん肩を回して胸、肩回りの血行を促進させることも大切です。マッサージよりも身体を動かして血流を良くした方が効果は大きいですから、腕を大きく回したりバンザイをしたりして血行促進にアプローチしてみてくださいね。

胸を張って大胸筋の凝りを予防

背中が丸まりそれに合わせて肩が内巻きになってしまっていると、大胸筋がすぼまり衰えてしまいます。大胸筋はバストを土台として支えてくれる筋肉であり、上向きのふっくらバストをキープするためには大切にしていかなければなりません。

トレーニングをして積極的に鍛えていくことはもちろん、胸を張って血流を良くし凝りをほぐすよう意識していくだけでもバストアップに効果を与えてくれますので、ぜひ日頃から姿勢を意識してみてくださいね。

バストケアをしっかりしてバストアップを成功させよう

バストアップが期待できるバストケア方法は多くあります。その中から自分で対応可能なものを選んで実行してみましょう。

これまでナイトブラを着用していなかった人は、ナイトブラから初めてみてください。就寝中にノーブラが当たり前だった人は窮屈感を覚えるかもしれませんが、その窮屈感がバストアップにつながるのだと考えれば頑張れるのではないでしょうか。
TOP